ぱーこシティ

2017年01月20日(金)

雪だるま [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

真理への道

今日の一句
雪だるま作ろうすぐに溶けるーよ 浮浪雀

簿記試算表
いよいよ最後の集計に近づいた。
これが大物の3番である。

妻が介護疲れでダウン寸前。
越境切り分け理論は有効だ。

介護バン登場
雪曇りでも富田靖子は元気だった。
ただマスクをしていたので
顔はよく見えない。
大丈夫ですよー
車いすを電動で車内に引き込んで
瞬く間に連れ去った。
今日は1日ディケア

帰ってきたら、今日の計算というメモを持ってきた。
世界遺産98歳に計算をさせていた。
そういえば、手芸もするが計算が得意だった。

業務1
来年度体制
天使のお相手
ゾンビ鬼ごっこ
この寒さでもやるよ

ゾンビ送り
定時撤収
轟沈モード

Posted at 21時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月19日(木)

日なたぼこ [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

ボランティア講座最終日

今日の一句
日向ぼこ遠き昭和の風物詩 浮浪雀

簿記伝票処理
介護雑用

今日はボランティア講座最終日
私はゾンビ業務があるので、早めに撤収
出勤車内で轟沈
立川まで行った。もどってTAXI出勤

連絡調整
ゾンビおやつ配り
ゾンビ滑り台観察
ゾンビ掃除
定時撤収

NPO案件
また面倒になりそうな気配
まあ新企画を思いついたので良しとしよう。

Posted at 22時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月18日(水)

猟夫(りょうふ) [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

冬枯れ

今日の一句
資格だけ島で取りたる猟夫かな 浮浪雀

介護雑用

業務1
来年度体制諸連絡
ゾンビ送り怖い話は
人面瘡
そこそこ怖い話になった。

定時撤収

NPO関連で面倒くさい展開になり
腐っていたら、朗報。
合格報告が来た。

だめだった、との報告だと予想していたが
それに反して受かったとのこと。
いや、高校を卒業して苦節8年
まさかと思っていたが、
一般受験で受かりました、とのことである。

人間の可能性を見た思いである。

朝、妻に来たメールがすごかった。

おはようございます。
昨日旦那が亡くなりました

えっ、という知らせである。
そんな予兆は丸でなかった。
この正月には先方から年賀状までもらっている。

ところで、世界遺産の老人ホームでは
Mさんが亡くなった、という。
喜んじゃいけないんだけどさ、
と前置きして、すぐに動かないと、と連絡を入れる。
定員20名の「太陽の里」では
ところてん式に入居者が決まる。
狭い島なのでみな知り合いである。
なくなったMさんは私も知っている。
村会議員も務めた実力者。
旦那さんを先に亡くして子どもがいなかったので
自分からそこに入った。
実力者なのではいれたんだろう。
入っている人達はほとんど知り合いである。
世界遺産中の世界遺産は103歳
今、別邸に来ている世界遺産の姉である。
この方が逝かれると、義母が入れいる可能性が高くなる。
骨肉相争う事態である。
もう笑うしかない(ここだけの話)。
泣く泣くも良い方を取る形見分け
なる川柳に通じるものがある。

年賀状4枚当たる。
これも小確幸に入れておこう。

簿記学習まるで進まず。

Posted at 22時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月17日(火)

鍋焼

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

寒波到来

今日の一句
鍋焼きはうどんかメシか志那そばか 浮浪雀

デイケアの車が来た。
ワンボックスのバンである。
職員は2人
20代と思われるアラサー女子が一人
おはようございます!横山(仮名)です!
と体育会系の明るい挨拶である。
運転手は40代の男性職員。

世界遺産は車いすに乗っている。バンの後部の扉が上に持ち上がると
中から車いすを乗せる台が電動で降りてくる。
ハイ大丈夫ですよ。聞こえますか。
とあくまで明朗快活。
ここはどこ?私は誰?と戸惑ういとまを与えず連れ去った。

アラサー女子はなかなかの美人。
若いときの富田靖子から憂いを取ったような感じである。
寡黙な運転手はそばに立って、あくまで利用者の自主性に配慮し
危険な様子が見えたらただちに対応しようと身構えているだけで
手を出そうとしない。
昨日のケア会議の時も感じていたことであるが、
うむ、出来る!と納得させる布陣だった。

あとから自転車でデイケアの場所に行ってみた。
民家のダイニングキッチンを改造した集会室
長テーブルに椅子が6つ。長いす一つ。
床暖房が効いている部屋はほどよい暖かさである。

今日の利用者は世界遺産をいれて3人。
92歳、86歳のいずれも女性が席に着いていた。
92歳の方は大正13年生まれ。
98歳なら大正7年ですね。
と大声で自己紹介をしている。
耳が遠いので声がデカい。

対応する職員は2名。さきほどの富田靖子に少し背が高い中山忍であった。
利用者に細かな配慮をしつつ、様子を見にきた私どもに説明する。
来て頂いたら、まずは手を洗って歯を磨きお茶とプリンをだします。
その後で血圧、検温して手作業を中心に自分に合った趣味をしてもらいます。
作業メニューは塗り絵、習字、歌、手芸、と
利用者さんの作品を見せてくれる。
体の様子を見て、入浴、そして昼食をとって頂きます。
中山忍も確実な実務肌であるが、あたりは柔らかく癒やし系だ。

この二人が本当に良くしてくれるんですよ。
先輩92歳が頼まれもしないのに、職員を賞賛している。
あらあ、何かプレゼントしないといけないかしら、そんなに持ち上げてくれて。
と富田靖子。

おいおい、希望が出てきたぞ。
私も早くポケじい度を進行させて、富田靖子と中山忍に介護されたいもんだ。
利用者は最大で7名。
今日は始めに車を回しましたが、どうも長く乗ってお疲れのようなので、
今度からは一番最後にうかがおうと思うんですが、いかがですか。
個別性の配慮も行き届いている。
同じ援助職でも、心理系よりはるかに現実即応的で活動性が高い。

いままで気がつかなかったが、確かに人はいるもんだ。
私は業務1の時間が迫ってきたので、もう少し見ていたかったが撤収することにした。途中コメダ珈琲でコーヒー。朝11時までは無料サービスでバターを塗ったトーストがついている。これに追加のオプションがある。定番ゆで玉子・手作りたまごペースト・名古屋名物おぐらあんの3つの内から一つを選ぶことが出来る。すでに朝目玉焼きを食べた後なので、小倉あんを頼む。これがイケる。バターの油とあんの甘さがミックスしてダイエットに悪いがウマすぎる名コンビとなっている。これにコーヒーがついて220円。すごすぎるだろ、と思って感動した。久しぶりに実力認定を出そうと思ってよく見ると見間違いで420円だった。これでは認定はだせない。だがバターとあんの相性に気づかせてくれた功労賞程度は出したいところだ。

業務1
来年度講師打ち合わせ。
来年度書類準備
ゾンビ草刈り。枯れた植木をばさばさ剪定ばさみで切っていったら、あじさいも丸坊主にしてしまった。すっきりしたがちと失敗であった。
ゾンビ怖い話
ゾンビ100倍面白い話
ゾンビ送りは怖い話のつもりが少しいい話になった

大変寒い

定時撤収

skypus電話f31分


Posted at 22時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月16日(月)

連雀 [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

良販店

今日の一句
連雀の子らが集いて塾通い 浮浪雀

ケアマネさん登場
デイケアの職員さん登場
介護用品担当のお兄さん登場
世界遺産(98)介護度3
大宮長女(75)背中湾曲・足元が不自由
長男(74)脳梗塞・右手骨折
次女(63)ぜんそく持ち・アレルギーあり
その夫(68)ゾンビ

この8人が改造6畳に集まってケアプランを確認
ケアマネさん、プロ。福祉関係の女性はがっしりふっくらしている人が多い。
その割りには、話は明確で話題転換が早い。とろーんの癒やし系ではない。
世界遺産が漬け物を作るのが好きだと聞くと、
私が食べに来ますから、作って下さい。
と乗せるのがうまい。なかなかの人物だった。

デイケアには週3日通いましょう。
こちらの医者が月2回往診に来てくれることになっている。
しかし、洋上1000K離れた世界遺産の医者がインフルエンザになってしまい
連絡がつかない。よって容態の引き継ぎが終わっていないので、医者同士の話がすんでから、来てくれることになった。
デアケアは1日1500円程度。メシフロなど面倒見てくれる。9時5時なので、終日勤務と同じである。介護する方が大変になったら、老人ホームに入居することになるが、いずこも満員である。世界遺産現地のホームは「太陽の里」という。これは月13万円ぐらいで大丈夫。ところがご当地三鷹では、民間のホームは月額20~30万で、しかも始めに400万とか取られるので、とても利用できない。まあ、そういうところに入っても職員のケアは安全第一だから、本人のいやがるリハビリ関係は期待できない。寝たきりになって脚力衰えぼけは進行するばかりだ。家族が見ることになると、これは遠慮がないので、当人には精神的につらいことが多い。なんだ究極の選択か。家庭での介護は、親が他人になっていく過程なのだ。
 せっかく75歳が車で来たので、食事に行くことになった。和風ファミレスに行くが、A屋は段差があり本人はもとより付き添いにもつらいので却下。床がフラットで車いすがそのまま入れるK屋にする。注文した物は食べきれず、ぼろぼろこぼして、ひ孫の前掛けがあればよかったね、と言うことになる。次女63歳がその世話をしているが、60年前は立場が逆だったはずだ。因果は巡るってもんだ。

私は、facebookで見た数学の問題を考えていた。
あるクラスの中で国語の好きな人は25%,、数学の好きな人は20%、両方嫌いな人は26人。さて、クラスの人数と数学と国語の両方好きな人は何人でしょう。
クラスの人数40人、両方好きな人は4人、というのが答えだが、未知数が2つ、関係式が一つしか作れないので、普通のやりかただと答えは出ない。後は人数が正の整数になることから、条件に合うものを捜していく整数問題となる。
現実逃避するには勉強に限る。

加湿器を購入、設置。TVの5チャンネルが映らない問題は、再起動で復活。最近の家電はみなコンピュータが付いているので、不調の時はとりあえず再起動で何とかなることが多い。
ブレーカーが落ちて停電。昭和の家なので、電力は30Aの契約。ここにエアコン、電気ポット、セラミックヒーター、電気釜、といずれも10Aを超える家電を同時に使う事態がすぐ起きる。この寒さである。
昔のタイプのブレーカーだったから、復旧がすぐにわからない。こういうときは配電盤全部のスィッチを切って、また入れる。再起動と同じ要領である。これで原状復帰完了。

昨日注文した問題集がもう来ている。それをぱらぱら見てセンター入試に取りかかる。1Aは91点。√2・√2=4なんて超初歩的ミスを重ねて-6、もう一つはいつも考えすぎて間違える必要十分条件。これで-3の計9点と落とした。時間も60分以上かかっているが、かろうじてクリアーだな。

フロメシで眠くなってきた。
業務1関連電話1件

Posted at 20時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月15日(日)

成人の日

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

四小そば

今日の一句
成人の日には母校で同窓会 浮浪雀

介護ホテル1日目
水道の蛇口に栓の開け閉め用のレバーを取り付ける。
トイレを閉めたら開かなくなった。
ストッパーを固定
蛇口にシャワーを取り付ける。
風呂場のシャワーが漏水するので取り替える。

そうした細々した物を補修する。
帝国をギルリリを見ていたwebカメラで
世界遺産の様子を見ている。

ベッドから起き上がるのが大変である。
あちこちに手をつきながらやっとで椅子に座れる。
テーブルにはみかんさといもの煮っ転がしまんじゅう
良く食べるよー、と娘である妻

取り合えずつまんで、今度はトイレ
簡易トイレに座るのが大変
妻が介護している。
それがiPadに写る.
いいのかこんな様子を見ていて。

テクノロジーの進歩
利便さの追求の前に
人間の尊厳など軽く吹き飛んでいる。

布団にもぐったままぴくりと動かない。
寝ている、のか。
よく寝るねえ。
これで起きなければそれで逝ってしまったことになる。
いずれはそうなる。

早いか遅いかの違いである。

地元に介護用品を買いに行く。
家を出る。
その時、自分の心持ちが違うことを発見する。
いつもと違うのだ。

普段は何かせき立てられるような緊張がずっと底の方にある。
何をしても、しなくてはならないことがどこかに待っている。
何もしないと無駄に時間を過ごしたように思う。
何か義務を作ってそれを果たしたほんの一瞬だけ平安が訪れる。
そのデフォルト気分がない。

母の存在
食べて寝て排便をするだけの無用の存在
世界遺産はいるだけでこの義務にしばられた俗世間のしがらみから
私を解放した。
ような気がする。

簿記検定
通信教育の教材が使い勝手が悪い。
過去問の問題集は問題だけが列挙されているが、
回答欄がない。

回答欄には問題を解くための重要な情報が書いてある。
例えば当初繰越金
あるいは表になっているその様式
過去問を見ると、使っていい勘定科目が指定してある。
問題だけでは不十分なのだ。

ネットでよさげなものをみつくろってポチる。
明日来ることなっている。

電話h53分

妻は、フロから出て、それじゃあと言って別邸介護ホテルへ勤務に出かけた。
すまんね、と一言残して。
こんな形の別居生活は初めてだ。
(実は結構快適である)
以前、1000K離れた実家へ帰省したいたときと
同じ事を別邸でやっている。
なんだ、妻の実家が隣に引っ越してきただけじゃないか。

そんな風に老々介護は始まった。

Posted at 21時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月14日(土)

外套 [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

まだまだスーパームーン

今日の一句
外套が重ね着をする昭和かな 浮浪雀

介護ホテル整備業務
蛍光灯をLEDに変える。
LEDすごい。小さなLEDの断片が張りつている発光他である。
宇宙船かUFOの中みたいだ。
灯りの強度は13段階、ワンランク上は色調までかわる。
リモコンでタイマーも使えるし、何より明るい。
これで36Wか。これで4000円か
いや、驚きました。

次は、webカメラの設置
おいぬ様から世界遺産でみたい場所が少し違う。
この調整は楽勝。
ガス警報器位置変え。コードの処理。

ベッドサイドに電気スタンドを付けたい。
壁に垂木を付けてそれでスタンドの保持器を固定する。
ドリルとねじ回しでなんとかする。

あれこれ、やらなくてはならないことが次々出てくる。

午後はNPO関係。
本事業は相変わらず利用者なし。
待機中に簿記をやった。
転んでもただじゃ起きないよ。
例会少々

船が遅れて車が渋滞
世界遺産がやってきた。
もう帰る、言っているが、来たばかりである。
南の島からよりによって一番寒い日にやってくるとは。
でもとりあえず元気そうである。
言ってることがおかしくても、とりあえず応答の形になっているのでよしとしよう。

電話s65分

Posted at 23時37分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません


早起き生活
Powered by 早起き生活

1

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.