ぱーこシティ

2018年07月18日(水)

暑し [日記]

画像(209x240)・拡大画像(418x480)

ボクの夏休み

今日の一句
ばたばたと消耗戦で逝く暑さ 浮浪雀

想い出したようにシナリオ課題少しやる。
6ヶ月に12個課題が設定されている。
初めは順調だったが、ラブシーンの課題がずっとかけなかった。
結局書き方の訓練だと思って、なんとか終えた。

それでも規定の6ヶ月では終わらないので、
もう6ヶ月追加した。その半分が過ぎても
課題は大物が4つも残っている。
終わるのかね。

このシナリオ通信教育で、一番の成果は
無理矢理つじつま合わせで、ものごとをこなさない、ということだ。
出来ないものはできない、と居直ったところにある。
残り2ヶ月半でどこまでやるのかね。

この酷暑の中、kids業務
夏休み職員配置問題は一応の決着を得ている。
例外参加の利用料金問題
規定外の経費支出問題
勤務表未記入問題
とそこそこの案件はあるが、
これも最終的には人任せ。

「恋ってけっきょくそんなもの」
と題したドラマ。
小3女子1人、小5女子2人のトレンディドラマ。
主人公小3女子はふたまたかけている。
小5女子2人はその友人という設定。
「なんだよ。おれと付き合うって言ったじゃん」
そこでバン!と机たたいて!と演出はなかなかきびしい。
イタリア料理店デートのシーンでは、さっそくウェイトレスになって
いらっしゃいませ、とセリフが板に付いている。
メニューもビール(グラス・ジョッキ)ワイン(赤・白)ときちんと書いてある。
メインはピザだけだ。

それで三角関係のドラマには設定年齢が若すぎると思ったのか
浮気女子は小6に、彼女を取り合う男子も小6、
そして演出の女子2人は中2で小6の女子の姉が友達、
とややこしい年齢設定に変わる。

その後で、ゾンビ戦い
この暑さの中でゾンビ高鬼
ここで死なれては困るので
30分で帰ってくるぞ、と言っても
校庭でやろう!と恐れを知らない小学生低学年。
なんとか回収して冷房の効いた室内に入れた。

汗だくになりながらゾンビ業務
ゾンビ送りは
仲良しになる話を3度繰り返した。

定時撤収

フロメシ轟沈

Posted at 01時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月17日(火)

蜥蜴 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

退勤時

今日の一句
銀色の蜥蜴走るやテラス裏 浮浪雀

ねとふりのテラスハウス少し見て
熱海例会の過去ログをしらべた。

初めが2004.2.15

今年が、2018.7.14-16
昨年が、2017.6.25-26
ひとつ休んで
2015.6.14-15
2013.6.22-23

この暑い中出勤となる。
まず自転車置き場で利用カードを入手。
再発行と新券と2通りのやり方がある。
どちらにしますか?
と聞かれてもどう違うか分からない。
再発行は現在の記録がそのまま残る。ただし手数料が500円
新券は文字通りそのまま発行 この場合残りの日数3日分ほど損をする。
次に文房具屋に行ってパスケースを購入。900円なり。
そしてJR VIEWの窓口で連絡先を教えてもらい、電話。
まず機械音声で番号を選ばされる。やっと人間のオペレーターが出て
また電話を回される。
事情説明してカード部分の使用を止めてもらう。
その後の手続きはあとから電話かけます。

その電話がずっと来ない。

定期券作成
もっているカードに定期を書き込む。
これで以前と同じ状況になった。

この酷暑に
ゾンビサッカー
ゾンビ鬼ごっこ
ゾンビ戦い
なんとか死人が出る前に冷房の効いた室内に入る。
ゾンビと遊んで熱中症で死にました。
これまたシャレがきついデンな。

そしたらカード会経由で熱海署に拾得物があった、という連絡。
すべて処理後にこういう連絡があるもんなんだよな。

不審電話
私の携帯に名前の確認があって、その後で
就職試験の結果通知のようだった。
だれかが私の名前、私の電話番号を使って先方へ応募したらしい。
生年月日はどうなっていますか?と聞くと
私の生年月日とは違うものが記入されている。
謎だ。
相手は、責任を持って消去します、といった。
こちらから情報は一切出さずに、電話を切った。

それが終わってから
ゾンビ送り
龍の尾っぽを買いに行く少年の話。

帰宅後、轟沈。


Posted at 22時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月16日(月)

祭り [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

15:53

今日の一句
祭り盛り上がりやがて線香花火 浮浪雀












私は昨年同様片付けて最後に撤収するつもりでいた。明るくなったらすぐに出発して渋滞を避けたいというKHT氏の車に同乗して駅まで送ってもらおうと思っていたOKMT氏が、それなら自分が運転するから早く帰ろう、と言い出した。そして私に一緒に帰ろう、その方がお互い面倒が少ない、と提案する。それで私もまったく考えていなかったが、流れで帰ることになる。

それで帰りはかれの運転する車で荻窪まで来た。現地発240荻窪着440の正味2時間。同じ道のりが来た時は7時間かかった。それで渋滞を嫌って深夜に出発したのだ。三宅の闘う男KATFRNT所有の日産車で運転手にとっては初乗りとなる。その運転がさすがにプロ、道路のラインきれいに沿ってなめらかにすすむ。速度も法定速度を遵守してあやういところが丸でない。異様なやせ方を指摘されているOKMT氏であるが、運転にはまったく影響ない。

「友達を乗せていても営業モードに自然と入ってしまう」とのことだった。後ろに乗っていて、話しているとき、返事がない。こちらは友人同士の会話をしていて当然彼が応えるだろうと思っていると、だまって運転に集中している。私はかれの耳が悪くなったのかもしれないと心配したが、客の会話には立ち入らないモードになっていたのだ。

運転のプロの言うことはなかなか面白かった。
「日産の車とトヨタの車はブレーキの効き方が違う。日産は踏んだとおりに効く。トヨタはブレーキに足をかけただけでそれを感知して自動的にかかる。だからトヨタ車に慣れていると日産車では意識してブレーキをかけないと危ない」
「最近の営業車では70万キロは走る。経費節約で走れるだけ車を使う。もちろん車の性能があがったこともある]
ちなみにこの日産車は70k走った新中古で15年前に買って6万kほど走ったものである」
「最近のお客さんはナビの乗ってない車には乗らない傾向がある。自分で近道を走るときはお客さんにナビ通りに走らないで近道を行きます、と断らないと客がぼったくられるんじゃないかと不審がる。運転手を信用していない」
「早く行ってくださいという客の場合、可能な限りやってみますがそうでなかった場合はご容赦ください、と初めから断っておかないといけない。成田まで1時間でやってくれ、などと言う客の場合は特に気をつけないといけない。若い女性のお客さんなどに多い」
「東京から名古屋まで行くと24,5万になる。ガソリン満タンでも静岡まで行って戻ってこられる位なので、静岡で乗り換えるというのが普通。会社でも遠距離は勧めない」「会社からやめて暮れと言われるかドクターストップになるかだな」などと見事なハンドルさばきで平然という。自分でもわかっているんだ、と思って私は何も言わなかった。
タクシー運転手の定年は75歳。個人タクシーで規制前の認可だった場合、無制限らしい。「2種免許を取るときは実施で3箇所間違えたが、検査官から指摘される前に自分から、あすこの寄りが足りなかったですね、などと言うと、自分でわかっているんならいい、と合格した」などいう現場の蘊蓄話に興味の尽きることがない。

しかし事件はこの後起こった。荻窪で改札を通ろうとした私の定期券が見当たらない。SUICAに印刷したカードがない。OKMT氏はそのまま改札を通り帰路についた。改札前でウエストバッグから背中のリュックをすべて見たが見当たらない。来た時はSUICAで来た。その後使用していない。帰りの海老名のサービスエリアで自販機でコーヒーを買うとき使おうとして、結局コイン買った。その時出したのか?どこで無くしたかわからない。別荘に落ちているかも知れない。それだともう間に合わない。

あきらめて券売機で吉祥寺まで発券する。これは初めての経験だ。最近きっぷを買ったことがないことに気がついた。なんどもボタンを押さなければ隣の駅までの切符を買えなかった。いつもはSUICAを使っていたから。

吉祥寺で朝からやっている店を探したが、適当なところがない。歩いて帰宅することになる。

帰宅後食事して、これを書いて少し寝る。やれやれだ。無くした定期券にはJCBのカードが付いている。SUICAの残額4,000円程度。定期もあと3ヵ月分残っている。さらに駐輪場のプリペイドカードが一緒のパスケースに入っている。ま、しかしこれは金を使えば済む話だ。使用停止の手続きはして置いた方がいいだろう。仕方がない。これは無くしたカードケースをそろそろ変えなさいということか。

夕方になるまでクーラーの効いた室内にいて、夕方買い物と食事に行った。妻は「いないときは間が持たなかった。先に死なれると一人になってしまうので、やっぱり私が先に死ぬ」と言った。

Posted at 15時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月15日(日)

扇子 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(360x480)

熱海例会

今日の一句
名前入り扇子配って落選し 浮浪雀

私は勝手に寝て起きたら3時半
うろうろ外を散歩する。
空が明るくなってくる。
明るくなってくるのと同時に蝉や虫の声が
時雨のように降り注ぐ。

台湾からワン大人ことTMHRAKと
永遠のマドンナAZKTRK嬢7時前到着
早朝4時の出発という。
斯くして9名が結集。

台湾のワン大人はかっての無線熱が発現し、持参のmacbookでSDRなるソフトを使いネット上でアマチュア無線がオールバンド聞こえる、という実演をしてくれた。そもそもが無線の交信をネットに変換してあげる人がいて、それをネットでアクセスすると、全世界オールバンドで状況がわかる。もし交信したければ、基地局経由で自宅パソコンのマイクで話して、ネットを通じて経由局から無線で電波を飛ばす。原理としてはわかるが具体的にはやってみないとわからない。

私は午前中の一仕事として
草刈り隊を発動、電動のこぎりで周囲の下草を刈り取った。
昨年は集団でやっていた。隊とは言え今年は私一人。
すでに気温34度、全身汗だくになって2時間弱。
なんとか風の通りが良くなった程度にはきれいになった。

伸び放題の樹木をばっさりやりたいのだが、その処分に困る。
温暖湿潤な山腹を整地して作った別荘地なので、本来は樹木が生い茂っているところである。
放っておくと自然はきっちり仕事をして林の中に埋もれた別荘となる。
初めて来た頃は居間から遠く小さく海が望めたが、今や生い茂った樹木が見えるばかりだ。
源泉から4km引っ張ってきたぬるい温泉につかり
来ていたものはすべて洗濯機に放り込んだ。
さっそくビールメシとなって、すぐに酔いの回った私は適当な頃合いで昼寝となる。

昨日来た2名が撤収。キリマンジャロ登頂のSZK氏と通院自適のSKR氏である。2人とも愛車に乗って15時頃去って行った。

しばらくして入れ替わりにICKW氏が車で到着。
夕方から夜にかけてSRH氏持参のカラオケ大会となる。大先生も加わり散発的に大会はだらだら続いた。入れ替わりに来たICKW氏はカラオケうまく98点を連発、その実力を響かせた。

大先生はすでにあちらの世界へ1/4ほど入られているので、
自由奔放想い出すままに話題が跳び結構なことである。カラオケも機械の伴奏など気にかけることのない大物ぶりで94点をたたき出した。マドンナSZKTRK嬢は最高点99点。女性にやさしいカラオケ採点機であった。私は持ち歌の「思い出の渚」「いちご白書をもう一度」を披露。98点をいただいた。
最高点のS嬢の椿事があったようであるが、私は確認していない。

かくして伊豆熱海別荘の夜は更けて、TVの画面はカラオケから、サッカーwカップ決勝戦へと変わる。私はソファで仮寝に入る。目覚めると4-2でフランスが優勝していた。

皆の言うにはタクシー運転手OKMT氏のやせ方がはんぱない。あれは病院に行って検査した方がいい。しかしご本人は検査を受ける様子が見えない。これは言ってやらないといけない、と何人かが口にしたが、聞いているんだかきいていないんだかわからない。
彼はこの会の幹事でもある。勝手幹事を自称にて、日程調整諸連絡をモバイルフォンではなく携帯でこなしている。

Posted at 12時06分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月14日(土)

香水 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(360x480)

現地駅

今日の一句
なんとも微妙なプレゼント 香水 浮浪雀

テラスハウス
ハワイ編を終わりまで見て結局朝の4時頃寝た。

山吹会のHP作業。
年に2回しかやらない。
前回と違ってパソコンが新しくなっているから
まずやり方を捜さないといけない。
FTPのIDとパスワードはもちろん忘れている。
原稿をスキャナで取り込んでいたのだが、
そのスキャナがすでに無い。

スキャナ付きのプリンタは故障が多く、
bluetoothもついていない印刷のみのシンプル機を1200円で買って使っている。
スキャナが必要なときは、名刺読み込みソフトを使ってiphoneで写真を撮って加工する。
しかし今回はA4なので、試しにやってみると解像度が悪い。
近所のファミマへいって1枚30円のコピー機のサービスを使った。
たまにしか使わないから、プリンタコピーのインク代を考えても安いかも。

そんな事をしている内に、熱海例会の時間となる。

吉祥寺14発伊豆多賀着1641
車中ではnetflixでテラスハウスの1stシーズンを見た。

すでに到着しているのは、
運転歴50年を越えるTAXI運転手OKMT
三宅島の闘う男KATHRNT
いまだ現役の電験技師SZK
ついに通院生活のみとなったSKRI
そして大先生TKKS御大85
TVを付けて飲んで食って疲れたら適当に抜けて寝る。
目が覚めたらまただらだらするというテラスハウス状態

昨年この時期に来てから一年目の訪問となる。
熱海から到着時間のメールを送る。
駅を出て待つこと5分
2人して車で迎えに来てくれた。
「裏手がネズミに囓られていて、もうだめだな」
「ここでやるのも今年限りかも知れない。先生のお宅のそばの赤羽でやるしかないかも」

まだ明るい内についてとりあえず駆けつけ静岡産のビールで一杯。
テーブルに着けばあとは話を聞いているだけである。

昨年キリマンジャロ登頂を果たしたSKZ氏は
その映像データをUSBメモリーで持参していたが、
それを開くソフト、パソコンがない。
そこは理系職人の集まり
USB変換コードを取り出してパワーポイントで見る画像を
タブレットの画像ビュワーで1枚1枚取り出してみる。

日本人一行7人のパーティに同行ガイド、ポーターが付いて20名を超える集団となる。
6000mになろうとする高山では、登頂そのものは2日程度だが
体を慣らすのにもっと日にちが必要、都合一週間ほどの日数となる。
パーティ最年長は75歳のご婦人と言う。

統括ガイドはマサイ族の戦士。妻が3人いる。
これが下っ端のガイドになると妻は2人、1人と減っていく。
収入に応じた妻帯者数とのこと。
しかし過酷な環境で日本に帰国した一行の殆どが体調を崩し半病人となっている。
もちろん加齢の事もあるだろうが、そのぐらい厳しい登頂であった。

われらが電験技師SZK氏、ここ熱海別荘例会では
その山男ぶりを遺憾なく発揮して
ボンベのガスコンロでチャーハン、ナポリタン、はては携帯のレトルトカレー、サラダなど一人で8人分の食事を作っていた。例年この役目はワン大人なのだが、今回は違った。
ボンベの携帯コンロを使ったのは、プロパンガスが止められていたからで、なんでも4年に一度の法定点検を行おうとしたら所有者に連絡が付かない。そこで規定によりガスのメーターを止めたとのことである。昨年は私がここを去るとき、プロパンの元栓を閉めた。それを開ければプロパンガスは使えるはずであった。それがどうやってもガスが出ないので、業者に連絡すると連休で地元熱海の業者は来られない。結局伊東の担当が来ることになった。それで致し方なくキャンプなどで使う携帯コンロの使用となった。

さてこの山男氏であるが雑居ビルの電気関係の管理などをしている。
この手の仕事は電気関係だけをやっていればいいのではなく、検査工事のためにある
店の電気を止める場合、ビル内の全店舗の許可を得なくてはならない。その調整なども電験技師の仕事となるらしい。自営の現場職人にはこの手の雑務がかならずついて回る。

喉の組織が繊維化して結局仕事を辞めたSKRI氏。ギターの練習をやめて尺八教室に通う以外は通院生活だという。薬漬けで眠るのにも導入剤が必要とのことであった。それでも自分で運転する車には短波のツインアンテナが付き、ハンドルを握ると車内に固定したマイクが声を拾って、ハンドルを両手で握ったまま無線通信ができる仕様となっている。

伊東の業者がやってきてプロパンガスを開け、安全確認をしてiPadを取り出して大先生からサインをもらっていた。

夜遅くなってこれまた職人SRI氏登場。かれも無線者(モノ)であるから、この飲み会に加わっていく。

一日目の夜は飲んだくれてそのまま轟沈。


Posted at 12時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月13日(金)

日傘 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

途中駅

今日の一句
横町の日傘の陰のいい女 浮浪雀

市報配付業務
暑中所要一時間半
次の業務がゾンビ業務
夏休み職員配置
ゾンビ送り
うんこ男とうんこじじいの反撃
定時撤収

轟沈

Posted at 00時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月12日(木)

浮いてこい [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

19:02

今日の一句
浮いてこい沢山浮かべて孫入れる 浮浪雀

予定のない休みの日
それでも業務上の諸連絡やって
テラスハウス:ハワイ編を見た。

通信制高校の講師業務
これは講師が必要な日を挙げて
該当者にメールが来る。
自分が担当できるようだったら
希望日を書いて返信する。

この仕事はこの前2度ほどやって
なかなか今の自分に合っていると思われた。
ただし、他の業務をあれこれやっているので、
日程が合わない。
今回は例のコミセン業務とぶつかっている。
私としては、コミセン業務よりこちらをやりたい。
ギャラも単位時間で3倍である。
そこでコミセン業務を断るつもりで
さっそく希望日を書いて返信した。
募集メール発信時間から3時間ほど経っていた。
それでも私は多分OKがくるだろうと思っていた。

ところが今回は応募者が多く、私は選外となった。
ちょっとあてが外れた、という感じ。
でもまあ、現在の自分の状況を考えると
募集メールがくるだけでも上出来といわなければならない。

経済誌「ダイアモンド」の会員コンテンツに
「定年後も仕事が来る人の現役時代の過ごし方」なんて記事があった。
一般社会的に私は恵まれた方なのか。

ネットの記事に、養老孟司の仕事観が出ていた。
仕事とは社会に開いた穴である。
だれかがそれを埋めなければ世の中が回らない。
そこでそれを埋める人に社会は賃金を払うのだ。

本人の適性や天職とは無関係である。
自分のやりたい仕事ができないから転職するなどもってのほか、
という考えである。

この考え方は私と似ている。
 「少数の恵まれた人を除けば、われわれは人の嫌がる事をやって収入を得る
 のである。自分の嫌な事に習熟し好きといえないまでもそのなかにいくばく
 かの楽しみを見いだせるようになれば立派なものだ。もっとも、自分の好き
 な道から入る、という方法もあるだろう。だが仕事となると好きだけではす
 まない部分が必ずある。そこをしのいでいく、ということになる。いずれに
 せよ、行き着くところは同じようなところである。」
 1996.8.27
と20年前に書いたが、今もその考えは変わらない。

定年を過ぎて10年近くなる。
世の中が私を相手にしなくなっているので
こちらも世の中を相手にしなくていいことになった。
現役時代にあれこれ考えて肩肘張って頑張っていたのは一体何だったか、
自分では意味あることのように思っていたが、結局は自己満足に過ぎなかったではないか。
自分が満足したつもりで、他人の不満足を作っていたのではなかったか。
それでも自分が満足していればいいが、満足したつもりになっていただけではないか。
いや、満足したことなどほとんどなかった、とここへ来て言明したくなった。
などと最近思うことが多い。

夕方地元散歩買い物

Posted at 20時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

7

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.