ぱーこシティ

2022年02月04日(金)

立春 [日記]

画像(195x240)・拡大画像(522x640)

キミはヒロヤスくんだな

今日の一句
立春に感情のジェットコースター 浮浪雀

今日の林先生
冬季オリンピックの話題
初めは夏のオリンピックだった競技は?
フィギャスケート ジャンプ 

実は昨日朝早く録画してあったアナザストーリーズ
村上春樹だった。編集者や大学時代の知人・友人が出てくる。
ノルウェイの森、の話。BGMにすごく小さく♪ノルウェイの森のインストルメンタルをつけたりしている。番組の演出はドキュメンタリー。

ノルウェイの森は、読んだ当時も今もよくわからない。
とても恋愛小説だとは思えない。
映画も見ていない。
ノルウェイの森を映画にしたベトナム人監督の「青いパパイア」は見て、その感想文はシネマスケープでも随分と評価されたコメントだった。
その中身は、こういう「芸術映画」に対する鑑賞者の態度を
述べたモノで、映画の内容に主に触れたものではない。

青いパパイアとは違って、ノルウェイの森は大ベストセラーで
認知度も高い。随分と不安な心情を告白しあっている内容だと思った。
好き嫌いの感情自体を疑って揺れている告白、そんなふうに読み取れた、気がする。
それがムラカミ文体で延々と続く。

確かにBEATLESの歌詞通り(これってJHONの歌詞だと思うけど)
I once had a girl
Or should I say she once had me
Isn't it good Norweygian wood
といった彼女に関する話。

でもTVを見ながら、私が考えていたのは(村上春樹と私が同学年、彼が遅生まれで私は早生まれ)村上が上京して早稲田大学に入学しあの寮(この前偶然通りかかった)に住んでいた頃、私は工業高校を卒業して京王デパートで掃除のアルバイトしながら自宅浪人をしていたんだ。だから大学紛争(当事者は大学闘争)のキャンパスとか、近すぎてよく書けない、と言っていた当時の彼女たちとの生活とはまったく違ったところにいた気がする。いつの同時代もそうだろうが、それを同時代とくくられてもなあ、と思った。

村上文学の評価でデタッチメントという言葉が出てくる。周りと自分がかかわらない、そういう姿勢のことらしい。小説と小説家を混同することは避けたいが、神戸の中流家庭で育って上京し早稲田大学生でジャズ喫茶を経営していた男(すでに学生結婚をして妻のいる)と工業高校を卒業してビル掃除でわずかな生活費を得ていた私では同時代の共通項を見つけられない。

それでも私は自己疎外、という言葉で自分のデタッチメント状態はまざまざと意識していた。同じくビル掃除をしていた早稲田大学法学部の学生はいた。彼は2浪している、と言っていた。それがかすっている程度だ。

とまあそんなことをつらつら考えながら見ていた。それを記録し損ねた。昨日の話だ。その後でルーティンのニュース、朝ドラ、エンタメクイズ、林先生と続いた。

5時過ぎに起きたので、あとはだらだらしてキッズ業務に行った。
妻は3回目のワクチンを打って、38.5度まで発熱し、肩の痛み、だるさを訴えてうろう動いていた。

私の職場では一人陽性者が出て、関係学級は臨時閉鎖、キッズも1日だけ閉鎖した。保健所に確認したところ濃厚接触者はいないという判断がくだって、今日は平常通り行うことになった。関係学級は月曜日までお休み。妥当な処理だと思う。

来年度の日程作成の作業に入る。1年分が1枚に入る日付曜日のカレンダーを作り、祝日、学校行事、を記入して来年度の日程を予測する。そこからキッズの日程を作り、それをしおりに反映させる。日付祝日まではすぐにできるが、学校行事がまだ未定。それに感染症の影響は未定なので、暫定的なことしか決まらない。これが細かな作業で結構ミスが発生する業務である。当然見直しが必要で、回覧を回して確認することになる。職員会議で確認するのがいいいのだが、キッズでは職員会議は開けない。週1の打ち合わせができるだけである。

来年度入会事務処理も途中までやった。入会申込書をから利用状況に応じた利用料金請求書を作る。個人によって利用日、利用サービス、利用料金納入方法がそれぞれ違うので、それを請求書に反映しなければならない。同時に来年度の名簿を作り、それが出席簿の原簿になる。まあ事務作業だが、多品目少人数のサービスになる。

その後で算数ゼミの教材を作り、じぶんで解いてみる。少し考えたらできた。少しゾンビ業務をやってゼミ業務と送り業務をやる。今日のお話は2つのお城の猫たちの続き。

帰宅したら、一昨日電話のあったかっての卒業生からサイダーが届いていた。amazonだけどすごく重い!とメールがあったもので最近amazonにいろいろ注文しているからそれがきたのかとも思ったが、重い!ものは頼んだ記憶がない。あれれ、また忘れているのか?と疑問だったが違った。

実は電話で先生誕生日おめでとう!と言われて73歳になった、と私も調子を合わせて答えていたが、よく考えてみるとそれは来月の3日だった。自分の誕生日もよく考えないとわからない。もっとも自分の誕生日は自分にとってそんなに重要ではない。なので忘れていても大したことはない。この記録を見てます!と言っていたのでここで訂正しておきます。

帰宅フロメシ轟沈!
また夜中に起きる。←今ここ。

Posted at 01時16分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

コメント

うわぁ、ひな祭りでした、先生の誕生日!
ごめんなさい、来月でした 笑
お孫さんとジュースをどうぞ。

メール送ったんでラインお願いしますね!

昨日電話した卒業生 2022年02月05日 12時56分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=6695

ページのトップへ ページのトップへ

2

2022


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.