ぱーこシティ

2009年04月20日(月)

朝寝 [晩年]

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

重力の法則

今日の一句
還暦を過ぎて恋しい朝寝の季節 浮浪雀

授業課題チェック打ち合わせ
と目の前レースの一週間が始まった。
卒業式の写真ができたので
郵送することになった。
写真だけ入れたのではさびしいので
簡単なメモをつけた。
それを24枚印刷して
封筒に一枚一枚入れる。

先週仕事関係の郵便物を2通作った。
出そうと思って下校のとき忘れた。
以前だと持ってくるのを忘れた事を思い出し
悔やんだものだった。
最近では忘れたままなので
悩む事はない。
翌朝仕事にかかかろうとして
机の上をみたら思い出した。
また忘れるといけなので
すぐに出しに行った。
忘れた事を悩まない分だけ進歩したのである。

それですぐに出しに行った。
かえって来ると、机の上に入れたはずのメモが
14枚あった。
人数分作ったはずなので
これは入れ忘れたものだ。
今更入れるわけにはいかない。

卒業生のみなさん
新しい環境にもうなれましたか
五月病になっていませんか
卒業式の写真ができたから送ります。
五月祭では今年もお化け屋敷をやるそうです。
また会えるのを楽しみにしています。
それでは、お元気で。   元担任

そんな文。後ろから2行目はいま付け加えた。
入っていなかった人はこれを見てください。

まあ今回はそれほど実害がないから
勘弁していただこう。
実害がでそうになったら引退だな。

岩崎学術出版というところから
出版物の案内が来る。
大分昔に学術書を買ってアンケートはがきを書いたら
送ってくれるようになった。
小冊子に著者のエッセーが掲載されている。
そのなかに知った名前を見つけた。
なかなか面白いことを書いている。
その著者の顔を思い出した。
今は大学院の准教授となっていた。
思い出した彼の顔は学生時代のままである。
そうかあ、そんなに時間が過ぎたのだ。

そういえば仕事で送られて来る郵便物の中に
知った名前を見つけた。
私が中学2年生の時の担任である。
高認予備校の講師の中に顔写真があった。
年を取っているが、まぎれもなく担任だった。
私のクラスがたしか始めての担任だったはずだ。
HRで吉永小百合・浜田光夫の♪寒い朝を歌わされた。
机の上に吉永小百合の写真があった。
私より10年ほど年上だったから
今は70ということになる。
写真からは口癖の
なんでかっていうとー、という
口調が聞こえてくるようだった。

いずれもこちらから連絡をとることはない。
というか相手が私を覚えていないかもしれない。
玉手箱が必要なのかもしれない。





Posted at 00時01分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=1887

ページのトップへ ページのトップへ

4

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.