ぱーこシティ

2010年03月27日(土)

種袋 [晩年]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

通学路

今日の一句
いただいて処分に困る種袋 浮浪雀

アレグラが効かないので
薬を変えてもらいに朝から通院。
アレロックになるかと思ったら
ベタセレミンとネオマレルミンをくれた。
アレコロリというのが効くそうだが本当か。

西友・ヨドバシとお決まりのコースで
朝から買い物。ロンロンがこの3月末で終わってしまうので
あちこちに最後の大売り出しと書いてある。

やっとデジカメ写真を処理してブログを更新
しなくてはいけない原稿の訂正もそのままに
午後は花見例会。

板橋から飛鳥山まで、廃校になった母校を入れての川沿いのコース
コンビニで酒つまみを仕入れ、最後は居酒屋で乾杯。
所用5時間会費2000円の同窓会である。
この寒さで人出は少なく、花は4分5分といったところだが
なかなか楽しかった。
私は連日の例会にも関わらず、異様なテンションの盛り上がりで
ほぼ1年分のテンションを使い果たした気がした。
悪ノリして中学時代の友人KATOの家まで押し掛けたが
あたりはすっかり変わっていた。
傾いていた彼の家も立て替えのアパートになっていて、
20世紀から21世紀にきたタイムトラベラーになった気分。
50年たっているので当然である。

この集まりは昨年の夏から参加している。
昔の話題も出尽くして、ただ一緒にいるだけの会である。
現在の仕事、暮らし向き、そういう話はほとんど出ない。
この年代にありがちな体調不備の話もない。
自然とそうなっているのだが、ある種の配慮が暗黙のうちに働いてる。

すでに頭は霜降りで一目見ればしわ32だが
高校時代の話し振りや動作というものはまったく変わりなく、
懐かしさを超えて驚くばかりである。

今日のコースは私が少年時代を過ごしたところだが
整備の行き届いたしゃれた散歩道になっていて
ゴミもほとんど落ちていない。
「みなきれいになっているなあ」
「きたなっていくのはおれたちだけだよ」
「ははは、違いない」
とじいさんの会話である。
ちなみにこの会の名称は、卒業時のクラス3年G組にちなんで
G3(じいさん)の会という。このネーミングからして、
なんともベタなダジャレで恥も外聞もない。
そういう自分たちをお互いに許してただ一緒にいるのは
なかなか得難い快楽である。

居酒屋座席表
shu igeta takahashi

iizuka kawana ogawa

太古叩いて校歌咆哮する
旧制高校の同窓会という風物詩(これもすでに20世紀の遺物だが)
をNHKなどでやっていたが、
こういう気分だったのか、と思われた。

高校時代のクラスメイトに会う事などないと思っていた。
晩年のこの展開は予想外だった。

Posted at 05時35分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=2237

ページのトップへ ページのトップへ

3

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.