ぱーこシティ

2006年06月08日(木)

[晩年]

画像(160x120)・拡大画像(480x360)

お通夜

今日の一句
黒雲の羽蟻もとめて蛙鳴く 浮浪雀

大学時代の友人Tが亡くなった。
奥さんが帰宅したら、冷たくなっていたという。
まったく急な事であった。

友人といってもそれはもう30年ほど前の事だ。
彼は日芸を卒業して、フリーランスの写真家だった。
私の結婚披露パーティの写真を撮ってくれた。
数年ほど前までは年賀状をのやりとりがあった。
そのうち音信がなくなった。

知らせてくれたのは
高校時代の友人Aである。
そのAとも1年ほど会っていなかった。

お通夜に行ってみると、
写真業界すじの方ばかりで
知っている顔はひとつもなかった。
これは場違いのところへ来てしまったか、
そう思った。

お焼香のあと、
お清めの席に行く。
やはり知った人は誰もいない。
黙ってつがれるままビールに少し口をつけた。
同席の人はそれぞれ知り合いらしく
控えめに談笑などしている。
私は黙ってビールを飲んだ。
まだまだ現役のTが亡くなったのが信じられない。
遺影はジージャンを着てネクタイをして
いかにも現場のカメラマンといった感じである。
それを見ると、やはり逝ってしまったのか、と思う。
自分を納得させるようにその写真を見る。

帰ろうとするご婦人を知っていた。
あとを追いかけて声をかけた。
彼女に会うのも30年ぶりかもしれない。
髪も年齢相応に白くなっている。
振り向いて少し笑顔を見せた。
若いときそのままに魅力的だった。

誰もいないから、帰ろうと思っていたのよ。
そういって、私の座っていた席に来た。
そこへ友人Aが遅れてやってきた。
甲府まで出張した帰りだという。

そこへ喪主の奥さんが来た。
やりたいことがいっぱいあっただろうに・・・
と顔を伏せる。

奥さんは私を憶えていた。
しばらく4人で立ちすくんでいた。

彼は私と同じ年のはずだ。
お前も若くないんだぞ!と
背中をどやされた気がする。

1時間ほどいて
それぞれ帰路についた。

Posted at 01時22分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=789

ページのトップへ ページのトップへ

6

2006


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.