ぱーこシティ

2006年07月02日(日)

梅干し [晩年]

画像(160x120)・拡大画像(480x360)

本日の営業

今日の一句
梅干しはばばあばかりのものでなし  浮浪雀

日曜だけど5時前に起きる。
早起き生活が復活したので
2日分入力する。

それからz会をやる。
Hコースは2段になった。
ボールペンをもらった。
ここまでは順調だった。

7月は結婚式が多い。
20年前の東大時代の知人が結婚する。
そのパーティが学士会館である。
土曜日の5:30からだから
出席できる、と思って参加のはがきを出した。
そろそろ準備しようと思って
ノートを見ると

昨日だった。

1週間思い違いをしていた。
無断でキャンセルしたことになってしまった。
取り返しがつかない、と呆然としていた。
そのうち済んだ事は仕方ない,と
あきらめることになった。
どう思われても仕方ない。

まだ先の話だと思っていたが
もう当日が過ぎてしまったのだ。
回りの時間について行けなくなっている。
これだけではない。
木曜日だと思っていると
実は金曜日だったりする。
気がつくと今年も半年済んでいる。

午後は仕事で営業にいった。
すっぽかした相手からメールが来た。
聡明な人なので,
私を責めるでなく
事情を問い糾すのでもなく
安否を問い合わせるのでもない
微妙に正確なメールが来た。

私としては平身低頭謝るしかない。
さっそく参加費のご祝儀と
迷惑慰謝料をあわせたお祝いを郵送した。
いまさら失礼な気もしたが
何か形に表しておかないと
気が済まない。という私の都合である。

次がやはり東大時代の畏友N医師。
この3月に入籍はすませている。
その結婚式が今日だった。
礼儀正しい方なので,
その報告メールが来た。
パーティは中旬の日曜日である。
カレンダーに印をつけてある。
まだ先かと思っていると
もう当日になっていたりするから
剣呑である。

私の姪御が結婚する。
兄の娘である。
これは事情があり内々でやるから
私を招待しない旨の手紙が兄から来た。
さらに、その妹ができちゃった婚で
これは来年出産後に挙式するという。

兄はこの3月に退職したとたん
一挙に娘2人が結婚するはめになってしまったのだ。
姉とその件について電話で話した。
男親はさびしいらしいからあんたも覚悟しなさいよ、
と姉はいった。
同情しているんだか脅しているんだかわからない。
私の娘は、姉の姉妹の間の年齢なのだ。
こういうことはあからさまに否定すると
相手はますます喜ぶから
そういうものかもしれないね、
と軽く流すのがいい。
私は姉の攻撃を軽くかわしたつもりだったが、
姉の中でそのことはすでに終わっていて、
兄の姉妹の結婚事件の顛末について
自分の言いたい事を行ってしまうと
姉の電話は終わった。

これだけではない。
職場の元同僚からメール。
8月にパーティをやりたいので
招待状を送りたいから
住所を教えてください。
参加の返事を出した。
つもりでいたが、まだ未提出だった。
あぶないあぶない。

先日私の若い時の友人のカメラマンが逝去した。
そのお通夜の席で、友人Aと話した。
最近はこういう席でしか
昔の友人と会わなくなってきているな。
もう結婚式はないだろう、
そういってうなずき合ったものだったのに。

私に関しては
なんだか結婚式に追いかけられているような今日このごろなのです。

Posted at 01時05分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=813

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.