ぱーこシティ

2006年12月28日(木)

門松 [日記]

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

仕事納め

今日の一句
2ちゃんねる紙の門松貼ってまつ 浮浪雀

仕事納めと言っても
特別な事があるわけではない。

まず机の整理をする。
前の職場と比べると
自分の使える空間が1/3程度になったので
あちこち圧縮して詰め込んである。
使わないものはどんどん処分して行かないと
たちまち当面必要でないものがたまる。

写真のように机の上が始めて見通せるようになった。

年度末だがメンテナンス業者が来た。
プロジェクターの動作が不安定。
それを見てもらいながら、パソコン室を少し整理。
こちらも1年分の郵便物などを処分。

転入生がいるので、
ロッカー、靴箱など
入学時にやったことを
もう一度やる。
名簿を作ったり
細かい事でけっこうやることがある。

インターネット関係のメンテナンスを少々。
時間が取れるこういう時期にしかできない。
若き同僚がすいすい事前作業をしてくれたので
私は最後のひと作業するだけでいい。
助かります。

放送委員会の仕事があるんだが、
急なことではないので、やめることにした。
来年送りとなる。

教員の業務は基本的にはメンテナンス作業である。
自分が何をするかではなく
相手がどうなっていくか、が勝負なので
そうなりやすい環境を整える、ということが
中心的な業務となる。

やる気にさせます!
という塾のコピーがある。
私に言わせれば、
やる気になります、というのが正しい。
やる気はさせられるものでなく
自分の中からわいて出てくるものだからである。
そうなるように、回りを整えておいて
あとは待ちの姿勢でいるしかない。

ただこの業務には
マニュアルがほとんどない。
相手が違うと当然やり方が違う。
うまいやり方を思いつくかどうかが勝負だから
何年やっても、そのたびごとに不安である。
そうしてどこまでやっても終わりはない。
因果な商売である。

007カジノロワイヤル
見終わると、キャストの姿が浮かぶ。
ケレンのないまっとうな演出で
007アイテムがほとんどないのは寂しいが
ある意味本道である。
そういえばMi?も体力勝負だった。
☆3.5

Posted at 23時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年12月27日(水)

除夜の鐘 [日記]

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

アジア

今日の一句
煩悩を突いてつかれて除夜の鐘  浮浪雀

TVをつけなければ
とても年末とは思えない。
地球温暖化とはこういう形でやってくるんだ。
気がついてみれば21世紀も7年目に入る。
映画で見た近未来の今日。
暮れの27日、台風一過の秋晴れに夏の雲である。

休みに入って、毎日3つほど業務をこなしている。

25日は年賀状の宛名書き、
十数年ぶりに暮れのこの時期にやった。
もちろん全部ではない。
業務上必要な最小限の枚数である。
それでも30枚ほど書いた。
宛名だけでなく、短いコメントもつけたから
3時間ほどかかった。

今年最後のZ会。
相変わらず定積分の計算が合わない。
3度ほど検算してあきらめた。
定積分の計算に自分のスタイルを作りたいのだが
まだきまっていない。

スーパーエッシャー展にいった。
画集はもちろん、DVDを2枚ほど買った。
今年はまだパソコン関係を購入しないので
少し無駄使いをしてもよし、とも思う。
もっともこれは教材として使えるかもしれない。
会場は大変混雑していた。
チケット購入まで行列で1時間待ちである。
駐車場と同じように出た人数を入れているようなのだ。
中に入ると絵の前で立ち止まる人が多く
列はなかなか進まなかった。
説明の器具がDS-Liteで、なかなかよくできていた。

26日は出勤。
救命講習会。
地元の消防署から講師の方がお見えになる。
もちろん現職の消防士である。

1.現場の安全確認→安全よーし
2.患者の反応確認(以前は意識の確認と言っていた)
  肩を叩きながら、トーンを3段階変えて(だんだん大きく)
  大丈夫ですか? どうしました? 聞こえますか?
  と耳元で言って反応を見る→反応なし。
3.救急車の連絡をAEDの依頼。
  「そこの方!119番お願いします」
  「そちらの方!AEDを持ってきてください』
  と人を指定して依頼。
4.患者の呼吸を確認。
  気道を確保。右手2本指であごをあげ、左手で患者の額を下げて
  気道を確保。耳は患者の口元に、目は患者の胸を見て
  「見て・聞いて・感じて
   ・よん・ご・ろく・しち・はち・きゅう・じゅう」
   →正常呼吸なし
5.心肺蘇生に入ります。左手で鼻をつまみ、右手であごをささえて
  2回、マウス・トウ・マウスで呼気を入れる。次に胸骨圧迫法に入る。
  患者の乳頭線上、胸の中央に手のひらの下部をあてもう一方の手を
  添えて,肘を伸ばし体重をかけるようにして1分間に100回の速度で
  圧迫をくわえる。このとき、両膝はほぼ肩幅に開いて患者の体側に触れ
  胸部中央と正三角形をなすようにつくのが良いとされる。
  圧迫は数を数えながら30回行い,マウス・トウ・マウスを2回。
  これをAEDが来るまで続ける。
  なお、最近では感染症の予防のために
  マウス・トウ・マウスは実施がためらわれる場合はしなくてもよい。
6.AED到着。
  「AED使えますか?」「心肺蘇生できますか?」
  などと胸骨圧迫法を実施しながら、確認。
  AEDの機械の指示に従って、電気ショックをくわえる。
  2005年度からこのバージョンが変わった、ということである。
  以前は電気ショック3回行っていたが、新バージョンでは1回、
  2分心肺蘇生法を続け、また電気ショック1回のサイクルで行う。

これを3班に別れてやった。
私の番になったが、動作を忘れていて、
2度だめ押しが入りそのうち時間がきてしまい
胸骨圧迫法ができなかった。

午後はネットワーク関連のメンテナンス。
インターネットがやたら重い。
モデム、ルーター、ハブ、サーバー
再起動をかけてみるが、症状改善せず。
コンピュータを叩いて「大丈夫ですか」などとやってみた。
もちろん復活しない。
業者に連絡する。

帰宅途中で妻からDS-Lite入手とのメールが入る。
さっそく中古ソフト屋によって2つばかり購入。
ファミコンのソフトからPS3までそろっているので
ついあれこれ見てしまう。
DS-Liteはゲームボーイアドバンスもできるらしい。
悪魔城ドラキュラとか風来のシレンとか
昔のハードでやった名作が目につく。
結局購入したのは、脳トレの2作目と漢字検定のもので
売れ線の定番である。
帰宅後さっそくやってみると
ペンで字を入力する感じがなかなかいい。
年齢も39歳と始めにしては好調。
ついついはまって2時間ほどやりこんでしまう。

27日。夜中に起きて更新作業。
そのあとB級そのものの深夜映画をみてしまう
「RONIN」ロバート・デ・ニーロとジャン・レノ
カーチェイスだけが気合いの入ったご都合主義の作品だった。

本日は保護者面談で一仕事

校庭が水没していた。
排水溝さがしたが見つからず
21世紀の記録を撮っただけだった。

それからパソコンメンテ作業
あまり改善しなかったが
できることはやった。

今日は日記を書いたのでこれにて業務終了とする。

Posted at 23時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年12月26日(火)

雪原

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

入手しましたッ!

今日の一句
雪原に白熊百匹運動会  浮浪雀

Posted at 21時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年12月25日(月)

海鼠

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

資本主義

今日の一句
命あってのものだね海鼠の夫婦  浮浪雀

Posted at 23時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年12月24日(日)

聖菓 [日記]

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

商法

今日の一句
下界では聖菓求めて行列三昧  浮浪雀

今日も休日なので
Z会をやる。

昨日もらったSY高の映画クラブのDVDを見る。
演技へた技術ない
それでも脱力系のいかにも高校生が作ったという感じの
作品が5つ入っていた。
私には大変面白かった。
その空気感が演劇部に通じるところがあって
やはり学校の文化というものは
影響が強いんだな、と思った。

それからパソコンのメンテに出張。
メンテといってもソフトを入れ直すだけで
10分もかからないで終わった。
街はクリスマスイブの年末感一色である。

次に妻と待ち合わせ映画を見た。
鉄コン筋クリート
cinema scape にコメント入れようと思ったら
まだ登録されていないようだった。
背景の描き込みがすごい。
悪の描写もなかなか。
実写ものよりもアニメの方が面白い
と思わせる出来。
☆4つ。

jojoの予告編を見た。
最初の石仮面の話である。
震えるぞハート!燃えつきるほどヒート!!
企画が流れた、と聞いていたが
完成したようだ。

年賀状の宛名書きをしなくてはならないんだが
またもや倒れ込むように寝た。

Posted at 02時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年12月23日(土)

風邪 [受験数学]

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

年末

今日の一句
風邪引いて終日空をながめたし  浮浪雀

この1年、週日は帰宅すると
倒れ込むように寝るばかりだから
日曜日に受験数学をやった。

以前は趣味だったが、
いまや仕事だから休日も仕事をしている、
ということではなくて
趣味を仕事にしている幸運者である、
と考えることにしている。

現実は些末な事実の集積だから
要はそのそのとらえ方である。

画像(160x128)・拡大画像(479x386)

高2ハイレベルコース


私が現役の浪人だったころは
こういう結果はすべて自分でグラフ用紙につくったものだった。
今や毎月送って来る。
なんだか自分でやる楽しみが少ない。

相変わらず、ケアレスミスの連発で
これはもはやミスとは呼べない。
この程度の力なので
けっして自分を過信してはいけない。
とそう思わされる。
ミスのないことが珍しいことなのだ、

だからそれを減らす工夫をしないといけない。
これは趣味だから実害はないが,
仕事でも同じである。
必ず間違える、
そう思って日常業務をするのは
けっこうなストレスである。

自分は必ず間違える、という自覚(自信?)を
業務上の居直りとしないためには
必ず見直し点検をしなければならない。
つまり時間がかかるということだ。

ところが業務は次々と襲ってくるので
満足な点検ができない。
これが2次ストレスとなって鬱積する。
たまに満点をとるとうれしいのは
この鬱積が雲散霧消するからである。
その時のために、ストレスは大切にためておかなければならない。

禁断の一服のために
禁煙するようなものである。

画像(160x135)・拡大画像(479x405)

高2アドバンスドコース


このアドバンスドコースというのは
中高一貫の進学校ためのコースで
ハイレベルコースより進度が速い。
高2の秋で数?の微分積分が終わるようになっている。
そういう学校が必履修科目をとっていなかったりするんだろう。

注目するのはその人数で、
11月の2回目は59人となっている。
(クリックすると大きくなります)
これは全国規模のコースだから
Z会は採算が取れるのだろうかと
余分な心配をしてしまう。

もっとも、答案提出者が少ないだけで
会費は先におさめることになっているから
その心配はいらないのかもしれない。

年度始めでも300-400人程度。
日に2本しか運行しないJRの赤字路線のような状況である。
なかなかの難問で作問にもけっこう手間ひまかけているはずだ。
40年近くZ会とつきあってきた身にとっては
出身校が廃校寸前と聞くような気がする。

私などは納めた会費がもったいなくて
必ず答案は提出(元は取らなければ)していたが
現在の会員は経済的に恵まれた方々であろうから
別な利用の仕方をしているかもしれない。
団塊世代の持たざる者には
持てる者のことはよくわからない。

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

入段記念品


成績優秀者にはシャープペン、ボールペンの景品をくれる。
これを模試会場に持参して,
問題を解きながら手元でクルクル回している受験生がいるのだろう。
私もやってみたいが、
模試も受験せず、なによりクルクル回すのができない。
クルリと回すたびに問題が解けていくようで
うらやましい。

問題は月2回の配送で
1回に4題あるから
ひと月に16問ずつ解いてきたことになる。
4問やるのにほぼ半日かかる。

このコースが終わると
いよいよ受験科となる。
学校別文理別だから
お約束のように東大理科コースを選択する。

趣味は極めなければ、などとつぶやいてみるが
相変わらずのさびしい晩年には違いあるまい。

今日はZ会もやり年賀状も作り
恒例のへこみん氏との忘年会もやり
充実した休日であった。

Posted at 00時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年12月22日(金)

冬の鵙(もず)

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

ご生誕

今日の一句
池之端トカゲくわえて冬の鵙  浮浪雀

Posted at 02時06分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

12

2006


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.