ぱーこシティ

2020年04月18日(土)

恋猫 [日記]

画像(240x145)・拡大画像(640x388)

天井映画

今日の一句
恋猫の狂い泣くのはオスやメスや 浮浪雀

夜中に起きる。
36.8度なのでそれじゃ天井映画、と
一番美しい
1944年の戦意高揚映画。
これがまた面白い。★4つ
また寝て(何度寝だ一体)

朝は6時半頃起きて
普通に食事。
インフルにしても復活が早い。
これぐらいなら何度のはずだと
体温を測る前に自分の体の内観から予想を立てる。
37度台、38度台なら±0.2度で当たる。
39度台はさすがに39度より上で40度未満しかわからない。
36度台なら±0.1度でいける。
今回は36.3だと思ったら36.2.

インフルとの違いは、
1.あまりにも急激な熱の上昇
2.発熱以外の症状が軽い。鼻水なし、喉の痛みなし、頭痛なし、意識の緩みなし。額すら平熱。腰の筋肉痛も過去のインフルならこんなものじゃない。
かといって
3.味覚嗅覚の異常なし。飯はうまい。倦怠感ほぼなし。咳はなし。呼吸困難なし。
なので、まあとりあえず病は去ったことでよしとしよう。
まだ油断できないのでもう少し様子みるが、なんだったんだ。

メール対応。あれこれ。時間があるとこういう作業はできる。

午後は黒澤タイム。野良犬。★4つ。
青年三船の新米刑事。ベテランには志村喬。
黒澤明というとすぐに三船敏郎を連想するが、それは壮年のサムライ姿の印象で
青年三船は先輩志村喬に人生の案内をしてもらう、という役が多い。黒澤は志村の方を評価している印象。そのうち三船がますます存在感を増してくる。三船もやはりトム・クルーズタイプの役者なのだった。野良犬は私の誕生年の映画だが、面白かった。

映画が終わって廊下に出ると西日が強かった。夏の夕立の後のような空模様。TVのニュースは相変わらずつまらない。

Posted at 20時57分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=6034

ページのトップへ ページのトップへ

4

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.