ぱーこシティ

2020年04月18日(土)

恋猫 [日記]

画像(240x145)・拡大画像(640x388)

天井映画

今日の一句
恋猫の狂い泣くのはオスやメスや 浮浪雀

夜中に起きる。
36.8度なのでそれじゃ天井映画、と
一番美しい
1944年の戦意高揚映画。
これがまた面白い。★4つ
また寝て(何度寝だ一体)

朝は6時半頃起きて
普通に食事。
インフルにしても復活が早い。
これぐらいなら何度のはずだと
体温を測る前に自分の体の内観から予想を立てる。
37度台、38度台なら±0.2度で当たる。
39度台はさすがに39度より上で40度未満しかわからない。
36度台なら±0.1度でいける。
今回は36.3だと思ったら36.2.

インフルとの違いは、
1.あまりにも急激な熱の上昇
2.発熱以外の症状が軽い。鼻水なし、喉の痛みなし、頭痛なし、意識の緩みなし。額すら平熱。腰の筋肉痛も過去のインフルならこんなものじゃない。
かといって
3.味覚嗅覚の異常なし。飯はうまい。倦怠感ほぼなし。咳はなし。呼吸困難なし。
なので、まあとりあえず病は去ったことでよしとしよう。
まだ油断できないのでもう少し様子みるが、なんだったんだ。

メール対応。あれこれ。時間があるとこういう作業はできる。

午後は黒澤タイム。野良犬。★4つ。
青年三船の新米刑事。ベテランには志村喬。
黒澤明というとすぐに三船敏郎を連想するが、それは壮年のサムライ姿の印象で
青年三船は先輩志村喬に人生の案内をしてもらう、という役が多い。黒澤は志村の方を評価している印象。そのうち三船がますます存在感を増してくる。三船もやはりトム・クルーズタイプの役者なのだった。野良犬は私の誕生年の映画だが、面白かった。

映画が終わって廊下に出ると西日が強かった。夏の夕立の後のような空模様。TVのニュースは相変わらずつまらない。

Posted at 20時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月17日(金)

風船 [日記]

画像(240x143)・拡大画像(640x382)

気休め

今日の一句
街頭のゴリラ風船手に持ちて 浮浪雀

熱が下がらない。
午後4時頃38.5度。
それだけ熱のある感じがしない。
最低限のネット業務。
ともかく寝ることにして
38.1度になった。
これで結構楽である。
黒澤シリーズ「静かなる決闘」
三船が青年医師。悩む三船。吠える三船。
★4つ。
見応えがあった。
天井映画は寝たまま見られる。

起きたり寝たり。
熱は39.5度まで上がり
翌朝は38度に下がった。

予約をとった歯医者はキャンセル
近所の医者に電話してみてもらえるかどうか聞く。
マスクしてこい。
別の入り口から入ってくれ。
など指示がある。
インフルエンザの時はそうする。

レントゲンを撮って、肺炎は起こしていない。
聴診器で胸と腹を見て薬をもらった。
院長先生は完全防備をしていたが
なんだかありあわせのビニールで覆っただけみたいなものだった。
薬は
コタロー麻黄附子細辛湯エキスカプセル
トラネキ酸カプセル250mg「トーワ」
あと40度以上の熱が出たときのためにカロナール
炎症を抑える薬。風邪薬である。
インフルにしてもコロナにしてもウィルスは免疫でやっつけるしかない。
「熱がでるということは体が戦っていることですから、いいのです」
「呼吸が苦しくなったら、ここへ電話してください」
と院長先生は言った。

熱が37度台になったので、黒澤シリーズ
「虎の尾を踏む男達」
弁慶の勧進帳。大河内伝次郎がすばらしい。
声質とセリフ回し。それにエノケンが絡む。
敗戦後1ヶ月でよくこんな映画ができたもんだ。
★4つ。

JK学園
治りそうもないから、zoomやりましょうと電話が来た。
zoomでお話。背景を南の海岸にすると室内が見えないので良い感じよ。

ネット業務。
ついでに発熱経過観察だと知らせると
お見舞いをたくさんもらった。
悪い気はしないがあまり騒がれると困る。

また38.5度
夜になって37度台にさがったので
これを記入。

Posted at 19時50分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月16日(木)

山ざくら [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

郵便局はどこですか

今日の一句
山ざくら熱っぽい目で散っていく 浮浪雀

450起きる。
テラスハウス
まあ流してみられる。


ネット業務。

メールで担当者とやりとり。
その後、電話で相談。
一つは送らないで様子を見ることにする。
三鷹方面へ買い物

J学園から電話。教員免許送ってほしい。

帰宅後昼寝。
少し熱っぽい。
黒澤シリーズ
「静かなる決闘」★4つ。
三船が悩んでいる!真っ向勝負の倫理ドラマだった。
医者ものだし。

熱下がらず。家庭内隔離か。

Posted at 18時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月15日(水)

野遊び [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

満開

今日の一句
野遊びも検温してから距離を取る 浮浪雀

5時40分に起きる。
僕のヒーローアカデミア
少年マンガだね。

DQ
SIX PAD
あまり効果ないがやらないよりマシだろう。

友人が送ってくれた50年前のネガ
サイトで注文しようとしたら、どうも具合が悪い。
そのうち面倒になってほってある。今更起こしてみる価値があるのか
まあ偶然の代物なので、ここから新しい展開があるかもしれない、と思ってみたが
それも時期を逸してきた、ということなんだろう。
8mmが3つ。これはどうするか。もう少しほっておこう。

JK学園の予習がなかなか進まない。

地元銀行郵便局の通帳更新
これも不要不急だが、まあ致し方ない。
観光地名所はTVで見る限りガラガラだが、こういう地元民がくるところは
結構な賑わいである。食物確保して歩き帰宅。

午後は昼寝三昧。こうしていることが推奨されているので少しは楽だ。

KIDS業務。原稿を作ってメールで確認。

amazon primeでの黒澤映画はほぼ見た感じ。20作品は終わった。残り10作品だが
tutayaがあてにならない今、DVDなどを探さないとだめか。購入する気はしない。見終わった20作品はほとんど1作300円の一番安い画像でみた。目が悪いし映写の機械も適当なので、4Kなんかにしても意味がない。まあそれなりに綺麗なことはわかるが、作品の良し悪しにそれほど影響しないだろう。

Posted at 20時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月14日(火)

あざみ [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

店内大混雑

今日の一句
あざみ胸に抱きて夜河を渡る 浮浪雀

3時40分起きる。
夜轟沈してから12時頃起きると
眠れないので、昨日は轟沈して起きても
そのままベッドに直行。

すると早すぎる早朝に起きることになる。
それから日課となったこの記録をつけると
昨日のことは何をやったか忘れている。

それでもなんとかでっちあげ、TVをつける。
夜中の星空とかバラエティなどをチラ見して
BSに飛んでwowowの映画を見る。
そういえば、トムハンクス、スピルバーグの空港?
のラストをやっていた。ゼタ・ジョーンズがトムハンクスの相手。
トムハンクスはニューヨークに飛んで、父親の遺言である
jazz playerのサインを入手する。
アメリカ人の価値観ですな。
私にはこのサインを入手することが
なんでそんなに大事かわからない。
あきらめれば大抵のことは諦められる。

さて映画がつまらなければ
ハードディスクあさって録画してあるものを見る。
ビブリオ古書堂の事件簿?映画版
主人公は剛力ではなく黒木華である。
2時間ほどの作品なので見ることにする。
★3つ。夏帆がなかなかいい。東出、背も高くていい男じゃないか。
最後の辻褄合わせはつまらなかった。というかなってない。
夏帆の不倫と文学蘊蓄で攻めて欲しかった。

今日の在宅勤務は講師の先生方に
この事態の報告と治った時の対処について
個別に連絡する。
大抵はメールだが、1名はFAX
ただちに返礼電話があった。
データは持ってきたがmacbookairに入れて
そこで文言を作成、これをiMacに送り
そこからメールで送る。
学校から持ってきたデータはセキュリティを確保しようと
新しいアカウントを作って別のパソコンに入れた。
しかしメール作業ができないので、そのパソコンにメールアカウントを設定しようとした。
ところがこれがうまくいかない。あれこれやってみたがラチがあかないので
結局当初の目論見通りに行かず、最初考えていたことは無駄だった。
データのUSB管理ぐらいのところでしょうか。

午後の作業は風呂場のシャワー直し。
手元で止水できるシャワーに変えたら、ノズルの手前のゴム管が劣化して
膨らんできた。妻が放っておくと破裂したら困る、という。
では地元のホームセンターへ買い出し。不要不急だが帰りにスーパーに寄って食材の購入がある。
シャワーは純正TO-TOのものを購入。1500円から6000円と種類があったが、中をとって4500円のものを買う。帰りのスーパーはひどく混雑していて入場規制があった。私は中に入らずに、そとの駐輪場でDQ。やっと上級職になれた。魔法使い・僧侶→賢者である。
帰宅後シャワーをつける。工具は40年前の団地に引っ越すときに手すりを外すために買ったやつだ。これは水道関係にも使える。これでうまくいった。

save the cinema 企画にカンパ。uplinkの支援で3ヶ月ネット配信に加入。下高井戸シネマの企画を支援。

さっ、今日もクロサワ三昧と行くか。
白痴 ★4つ
原節子がすごかった。あまりのきれいさにビビった。ドストエフスキーだった。




Posted at 19時29分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月13日(月)

花びら [日記]

画像(135x240)・拡大画像(360x640)

自粛三昧

今日の一句
花びらの流れる様をよう知らず 浮浪雀

6時すぎ頃起きる。
DQやって、ネット業務

午前中はKIDS在宅勤務
講師向け文章作ってLINEで確認
午後は黒澤天井映画
酔いどれ天使
★4つ。
三船がブライアン・フェリーばりの優男
美男子やくざのプロトタイプ
志村喬がブラックジャック
クロサワは何をやっても原点

風雨強く今日は外出なし

Posted at 04時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月12日(日)

杉花粉 [日記]

画像(135x240)・拡大画像(360x640)

風の通る道

今日の一句
杉花粉マスクをしたら防げたね(今さら) 浮浪雀

夜中に黒澤明唯一の恋愛映画と言われた
「素晴らしき日曜日』1947を見た。
★4つ。敗戦後2年目の世帯風俗がわかって面白かった。
コーヒー1杯5円。クラシックのコンサート(シューベルト未完成)B券10円大サービス

9年前の今頃の記録を見る。
あの時は、おかめ納豆が店頭に出るのに一月かかっていた。
自粛の気分はほぼ同じだが、前回は公式な言明はなかった。
TVではあの時の方が公共広告機構がやかましかった。
映画館はやっていた。派手な企画は延期だった。
通勤はできたから仕事はたくさんしていた。

振り返ってみると、私が仕事に入れ込んでいたのは、自分の問題から逃げるためだったね。はた迷惑な部分があった。管理職でもないのに校務分掌を散々悩みこんで決めることを一手に引き受けていたり、遅刻の生徒の家に毎朝行って起こして来たり(小笠原高校)いやもう枚挙にいとまがない。どうもおさがわせしました、と。

それが社会的に許容されたのは(確かに一部仕事がデキる、と評価されていたのもあながち自惚れではないと思う)、価値観が今より共有されていたからだ。遅刻の生徒の家に押しかけて毎朝起こすのは、教育熱心な先生、という見方が一部成立していたからだ。学校に遅くまで残って自分(だけに?)納得がいくように、必要以上の完成度を求めて奮闘したのも、職務に熱心な人、という評価があったからだ。要するにこれは自己有能感を得たいがためである。

何が有能かの社会的な評価が決まっていれば、この自己有能感に迷いはない。今や2つの点でこの自分はデキる人であると思うことが難しくなった。一つは自己有能感が個人に属する以上、他の個人からかならずツッコミがはいる。デスるという俗語で言われることが必ず起きる。もう一つは、自分は役に立っている、ということがすなわち相手は役に立っていない、ということを前提にしている場合があるということだ。

中学3年生の受験の時期に、学級委員だった金沢くんに注意された。お前はふざけて他の人の勉強を邪魔している、というものだ。私の理屈はこうである。もし自分が勉強して成績を上げ入試に合格するとその分誰かが一人不合格になる。これは人のためにならないのではないか。自分が不合格になれば誰かは合格する。これは人のためだ。だから皆で不合格になって他の人を合格させよう。しかし私はふざけたやつで金沢くんは立派な学級委員である。女子の学級委員は志賀由紀子さんで美人だった(私の目には)。彼女はクレオパトラのような髪型をしていたので、私はひそかに(パトラ様)と読んでいた。そして2人は放課後教室に居残ってクラスの仕事をしたりしているのである。金沢くんは背も高く整った顔立ちをしていた。勉強もできる。中央大学法学部を出て霞ヶ関にある弁護士事務所に勤めたという。

お前ふざけるのやめろよな、と金沢くんに言われて私は俯いて抗弁できなかった。かれのいうことが正しいことは私にもわかっていた。それは彼が放課後残って志賀さんと一緒に仕事しているから正しいのだ。私はすでに事柄の正しさは内部の根拠ではなくそれを発言する人間の位置によって決まる、ということに気づいていた。モテるやつの言うことは正しい。もうやめなよ、と言うように志賀さんは金沢くんを止めていた。私の方は見もしないで。

始めてみれば結構いける「私の中学時代」
そんなことをつらつら考える。

今日の生活必需品購入のための散歩は4111歩。

こんな時じゃないと見られないと、黒澤映画「七人の侍」207分=3時間27分、途中休憩5分を見た。★5つ。最後の雨の中の戦いにもっていくまでも面白い。農民と侍という構図も決まっている。桜木花道のような三船、と言うのが以前見た時のコメントだが、今回は全体をよく味わえた。今のハリウッド映画に慣れた目からは、わかりにくいところは多々ある。村の全体像は今ならドローン映像でわかりやすく示せる。セリフもきちんと聞こえるように調節できる。しかしこの圧倒的熱量は再現できない。やはり傑作である。

風呂メシ轟沈。

また夜中に起きる。仕事がまったくなくてもこの生活は悪くないと思う。

Posted at 02時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

4

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.