ぱーこシティ

2019年08月31日(土)

薄(すすき) [日記]

画像(175x240)・拡大画像(467x640)

井の頭

今日の一句
マリア館前庭に咲く薄の穂 浮浪雀

轟沈の後11時ころ起きて
ぱーこシティ書いて、さて続きを見るか、と
錦織のテニスを見る。

12セット連取されて
3セット、6−2で奪還
4セット目、3−3のところで
流れが変わる。
やっぱり無理かな、と思っていると
やはり負けた。

錦織のミスが多かったが
相手が好調で強かった。

テニスの試合はなかなか教訓的である。
まずはその時その場のプレイがモノを言う。
その一瞬一瞬のプレイで流れが変わる。
その流れでまたプレイの意味が変わっていくのだ。

全体のテーマのその流れと
その時その場でのプレイの緊張関係が
終わった時の結果を決めている。

これは他の勝負事にも共通して言えることだが
テニスのシングルマッチはその緊張関係が比較的に見やすく
体感しやすい競技だと言える。

4時ころ寝たので起きたのは7時半ころ。
ので土曜日なので、サワコの朝
冤罪事件の村木厚子
執行猶予がつくからやったことにしなさいよ、と検事に言われて
泣いて抗議した。娘に不名誉な思いをさせてはいけない、
と思ったら私は大丈夫と思えた。
刑務所の麦飯のおかげで肌がつやつやになった。
普通の常識人である。官僚で普通の常識人というのが稀有な存在。

昨年は配っていた三鷹市報を見ると
太宰が生誕110年である。三鷹市は太宰とジブリしか売りがないので
盛り上げようと必死である。
市報の紹介記事「鴎」からの引用を見て
原文が読みたくなり、たしか200円で太宰治大全を買ってあったはずだと
初代KINDLE paper whiteを繰り出した。この手のものはすぐに買うので、調べたら2012年10月31日にamazonで購入していた。だからほぼ7年前である。今は10世代目でpaper whiteでは2代目らしい。

それで太宰あれこれを読んでカフカ大全で変身をまた読み返したりした。
変身泣ける。ザムザかわいそうだ。

それからネットをあれこれ。youtubeにはまるとめんどうなので、今日はfacebookの数学問題をやったりした。

やることがないと小説読んで数学やって、あと自伝シリーズの新テーマ:修行時代というのを考えた。これも5年ほど前教育相談関係の学会の編集員をしていたときにシリーズで一月に1エピソード6つ書いて中断した。まだ自分のスタンスが決まっていなかったので、先に進まなくなった。これを片付けると大学時代2も半分ほど終わるな、と思った。もう昔の話だからわざわざ書く意味はない。事実関係を書いても資料的な意味はない。現物を掲載すればあるいは希少価値はあるかもしれないが、現物は殆どない。個人のメモ程度の記憶なので資料価値は乏しい。個人的な経験から一般的な意味が生じるには具体例を通した抽象化が必要である。まあ、意味など知らないと暇つぶしにやるのがいいのだろう。

BBQ関連行事が2つ。Y高演劇部第2期軍団生前葬とG3会である。ネットで仕事。キッズ業務関連のメール。

そんなことをして午後は昼寝。夕方、井の頭ー三鷹台ー吉祥寺と散歩して帰宅。

Posted at 22時28分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=5800

ページのトップへ ページのトップへ

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.