ぱーこシティ

2009年12月25日(金)

新年 [受験数学]

画像(180x135)・拡大画像(360x270)

年賀状書き

今日の一句
新年や何がなくともおめでたう 浮浪雀

昨日の夜から年賀状作り
30通くらいでいいと思っているんだが
結局80通印刷して
今日65通書いた。

web版も作るので
そちらを見る方はそれで済ませてくださいね。
こちらの方が情報が多いです。

それで回顧シリーズ第2弾は
最近やらない受験数学シリーズ。
受験ではないが、今年は数検のコーチャープロA級というのを取得。
土曜日など講師で行くといくばくかの講師料をいただけるらしい。
これはお花とかお茶とかの芸事システムと同じで
何度か通って、お布施を納めると師範の資格がもらえる、というヤツである。
経営はこの前話題になった家族経営で、指導を受けたらしい。
それ以降の話は聞かないのでなんとか治まったのだろうか。
漢字検定よりはマシのようだが、いずれ五十歩百歩であろう。

このプロA級は宿泊研修を受けて
論文を書き、さらに課題問題を解く。
ことしの3月に申し込んで10月に免状が来た。
課題については添削されて返って来るはず。
まあ、久しぶりに数学の整数論の本や
大学の1、2年生が読むような教科書を読んで
良い刺激になった。
異才奇人エルデシュなんて数学者のこともわかったし。

受験の方は「大学への数学」の
学コンを毎月出した。
1月  90点 35位 実力抜群
2月  92点 42位 実力抜群
4月  95点 68位 実力抜群
5月  97点 116位 実力抜群
6月  97点 45位 実力抜群
7月  71点 166位 有望
8月  70点 92位 有望
9月  88点 62位 実力十分
10月 83点 86位 実力十分
11月 78点 57位 実力十分
12月になって忙しくなって中断した。
このとき、もう学コンは卒業するか、と思った。
添削券があと1枚残っているから
1月号は出してみようと思う。
定期購読も今年限りとなるだろうか。

今年は久しぶりに模試を受けた。
試験監督の退屈しのぎに生徒の名前を借りてやった。
これが悲惨な結果なので、くそーとこんなはずじゃなかったのに!
と思い、次は会場で実名で受験した。
これは予定を間違えて全科目受けられなかった。
来年は会場の公開模試を受けて
納得したらやめる。

今回も会場受験の時に思い出せず
2日後に思い出したことがある。
生物の試験でプロトプラストという用語である。
センダイウィルスはすぐに思い出したが
こちらは知っているという記憶があるだけで
そのものは出てこなかった。
アレアレと書いてももちろん点はくれない。
くやしい。

これが済めばあとは
東大数学全問題という企画は一応ある。

どうなりますかね。

Posted at 11時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年12月30日(火)

新巻き鮭 [受験数学]

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

ライトアップ

今日の一句
荒巻の鮭をかついで熊ひとり 浮浪雀

大掃除らしきことを一応やる。
玄関掃除。初飾りをつける。
昨年は始めてクリスマスのリースを買ったが
この手の物は丸い形が多い。
縁起物だからだろう。

シャッターの掃除
さび落としスプレーを使う。
ついでにドアの鍵穴にもスプレー
蝶番にも、と1年ぶりにあちこちやることが増える。

妻の兄が来ているので地元に食事に行く。
入り口でコートを預けるような店である。
何年ぶりかで豪華ステーキを食べて
出口でコートを返してもらおうと思ったら、
知った顔だった。
2年前の卒業生だから今は地元S女子大2年生のはずだ。
こういうところであうと、妙に張り切って
職務忠実の「いらっしゃいませ」モードになる場合が多い。
彼女は下を向いてくっくっと笑っていた。
話もなく出て来たが驚いた。

年末の贅沢で今のが十分使えるが
macのワイアレスキーボードを買った。
性能は同じだが、小さなやつである。
机の上が整理された感じがする。
大振りのワイアレスキーボードを必要な方には
プレゼントしますので、メールください。

さてこの4月から大学への数学の学力コンテストをまた始めた。
Z会は3年間のコースを終えたので、浪人パターンに進もうと思ったが
現在のように学年まで決められていると、
同じ問題をやるようになるかもしれない。

それでまず大学への数学を年間購読して、
学コンの添削チケットを10回分買った。
3年前の記録ファイルを引っ張りだすと、
未使用のチケットが残っていた。
前年度のは使えます、としか書いてなかったが、
出してみると使えた。

5月号 87点 153位 実力十分
6月号 71点 119位 有望
7月号 84点 111位 実力十分
8月号 100点 18位 実力抜群
9月号 74点 145位 有望
10月号 96点 82位 実力抜群
11月号 70点 97位 有望
12月号 82点 92位 実力十分

という結果である。
私はすでに数学教員であるから
もっといい成績でないとまずいわけだが
これが事実だからしかたがない、
もっとも、学コンに応募する人たちの中には
いずれ数学界で活躍する人が必ずいるわけで
私のような50代の後半からはじめたにわか数学教員は
この程度で勘弁していただくことにした。

解答の方針はあっているが、
計算間違い(というか転記ミス)が多いのは
相変わらずである。
添削券がまだまだあるので
来年も続けるつもりである。

夜は讃仁会なる会食。
遥か昔は互認会といった。
そのときは5人だったが
今は3人となった。
1980年T大学入学の同窓会のようなものである。
お二人はその後紆余曲折があって
今は眼科医と精神科医をされている。
40代半ばの仕事が一番出来る時期である。
私は来年還暦を迎える中年教員で
この3人が集まって3時間ほどすごして別れた。

今年はまったく年末感がしないが、
恒例の行事は例年通りだった。


Posted at 08時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月13日(水)

夕立 [受験数学]

画像(160x120)・拡大画像(400x300)

屋根なし

今日の一句
夕立に走り出してる雨宿りもせず 浮浪雀

今日も1日片付けですごす。
たまっていたZ会関係のものをまとめる。
3年分の問題解答、添削答案などが残っていた。
これは時間が出来たときに復習しようととっておいたのだが、
結局はそう思っているだけである。
それで処分することにした。

画像(160x80)・拡大画像(400x200)

難関校対策


これが今年の2月までの記録である。
相変わらず計算ミスはおさまらなかった。
保持する力が弱くなっている。
集中力が途切れる、と言ってもいい。
ぼろっと数字が抜ける。
抜けるだけならいいが、その間に勝手な数字を書いたりしている。
これは何も数学の問題を解いている時だけではない。

例えば電話をかける時もそうである。
口で読み上げながらプッシュボタンを押しても
集中力が切れると番号が合わないことがある。
それで慎重になるから、遅くなりさらに記憶力がもたなくなる。

保持力の衰退は
記憶だけではない。
ものをつかんでいる手の握る力もとぎれる。
ぽろりとものを落とす。
なんとも情けない状況である。

それでも毎週毎週、よくやったものだ。

画像(160x70)・拡大画像(400x175)

数3数C


気力体力の限界を感じ・・・
とは貴乃花の横綱引退の挨拶であるが、
まあそんな感じだ。
定積分の計算が面倒になる。
どうすればいいかはわかる。
代入して分数計算を慎重にすればいいのだ。
わかっているが、手の動きがゆるい。
そのうち気がつくと寝ていたりする。
時間ばかりかかる。

そんなわけで、
この3月から東大コースをやるつもりだったが
Z会はやめてしまった。
一応3年間続けたから
現役合格はしているはずである。

そのかわり
3年ぶりに大学への数学の学力コンテストを始めた。
3年前は、
学力抜群の評価をいくども、もらっていたが
今のところ、学力十分どまりである。
これもミスが多いところからくる。
これも今年度で終わりとなるか?

仕事が楽になれば
改善されるのだろうか。
そこに一縷の望みを託している。

Posted at 00時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年12月31日(月)

大三十日(大晦日) [受験数学]

画像(160x128)・拡大画像(400x322)

血縁

今日の一句
大三十日相変わらずの姉の愚痴 浮浪雀

今年も恒例の姉の家に行く。
これが私の「帰省」なのだろう。
1年に1度しか顔を会わさないが
兄弟は皆元気だった。
昨年はいなかった新しい顔も見える。
兄の孫である。
おとなしい、いい子だった。
いろいろわけありの事態も生じていたが、
恙なくてなによりである。

画像(160x80)・拡大画像(400x202)

受験コース


私は57歳にして主旨替えをしたので、
その研修と思って、3年前から始めた高校コースが
いよいよ受験モードに突入した。
転記ミス計算ミスは相変わらずで
脳力は確実に落ちていることを確認した。
落ちている,というより別のものに変質している、
と言った方がいい。

それでも休日には修行のようにやってきた。
来年は浪人コース(というのはないが)をやって
それで4年間の研修は終わりとする予定。
私も定年の年になるが、
使ってくれるところある限り
仕事は続けるつもりである。

そういえば、ここ数年
毎年暮れのこの日は
メールマガジン「自伝シリーズ」の原稿書きの
日でもあった。
今年は6月に廃刊通知号を出して
つい昨日、magmagに廃刊届けをだした。

2000.8.26に0号
2000.9.4に1号を出して、
今年の2007.6.30の104号で廃刊となった。
ところがmagmagでは、
廃刊号も立派な配信とカウントしていたようで
12月も発行要請が来た。
それで今度こそ廃刊とした次第である。

メールマガジンも始めはインターネットの新アイテムとして
すばらしいもののように思えた。
今や、読みもしないでゴミ箱へ捨てるものとなってしまった。
メディアの変化は速い。

このサイトはその自伝シリーズのlogサイトとして出発した。
この整理は来年の課題となろう。

Posted at 00時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年12月23日(土)

風邪 [受験数学]

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

年末

今日の一句
風邪引いて終日空をながめたし  浮浪雀

この1年、週日は帰宅すると
倒れ込むように寝るばかりだから
日曜日に受験数学をやった。

以前は趣味だったが、
いまや仕事だから休日も仕事をしている、
ということではなくて
趣味を仕事にしている幸運者である、
と考えることにしている。

現実は些末な事実の集積だから
要はそのそのとらえ方である。

画像(160x128)・拡大画像(479x386)

高2ハイレベルコース


私が現役の浪人だったころは
こういう結果はすべて自分でグラフ用紙につくったものだった。
今や毎月送って来る。
なんだか自分でやる楽しみが少ない。

相変わらず、ケアレスミスの連発で
これはもはやミスとは呼べない。
この程度の力なので
けっして自分を過信してはいけない。
とそう思わされる。
ミスのないことが珍しいことなのだ、

だからそれを減らす工夫をしないといけない。
これは趣味だから実害はないが,
仕事でも同じである。
必ず間違える、
そう思って日常業務をするのは
けっこうなストレスである。

自分は必ず間違える、という自覚(自信?)を
業務上の居直りとしないためには
必ず見直し点検をしなければならない。
つまり時間がかかるということだ。

ところが業務は次々と襲ってくるので
満足な点検ができない。
これが2次ストレスとなって鬱積する。
たまに満点をとるとうれしいのは
この鬱積が雲散霧消するからである。
その時のために、ストレスは大切にためておかなければならない。

禁断の一服のために
禁煙するようなものである。

画像(160x135)・拡大画像(479x405)

高2アドバンスドコース


このアドバンスドコースというのは
中高一貫の進学校ためのコースで
ハイレベルコースより進度が速い。
高2の秋で数?の微分積分が終わるようになっている。
そういう学校が必履修科目をとっていなかったりするんだろう。

注目するのはその人数で、
11月の2回目は59人となっている。
(クリックすると大きくなります)
これは全国規模のコースだから
Z会は採算が取れるのだろうかと
余分な心配をしてしまう。

もっとも、答案提出者が少ないだけで
会費は先におさめることになっているから
その心配はいらないのかもしれない。

年度始めでも300-400人程度。
日に2本しか運行しないJRの赤字路線のような状況である。
なかなかの難問で作問にもけっこう手間ひまかけているはずだ。
40年近くZ会とつきあってきた身にとっては
出身校が廃校寸前と聞くような気がする。

私などは納めた会費がもったいなくて
必ず答案は提出(元は取らなければ)していたが
現在の会員は経済的に恵まれた方々であろうから
別な利用の仕方をしているかもしれない。
団塊世代の持たざる者には
持てる者のことはよくわからない。

画像(160x106)・拡大画像(480x320)

入段記念品


成績優秀者にはシャープペン、ボールペンの景品をくれる。
これを模試会場に持参して,
問題を解きながら手元でクルクル回している受験生がいるのだろう。
私もやってみたいが、
模試も受験せず、なによりクルクル回すのができない。
クルリと回すたびに問題が解けていくようで
うらやましい。

問題は月2回の配送で
1回に4題あるから
ひと月に16問ずつ解いてきたことになる。
4問やるのにほぼ半日かかる。

このコースが終わると
いよいよ受験科となる。
学校別文理別だから
お約束のように東大理科コースを選択する。

趣味は極めなければ、などとつぶやいてみるが
相変わらずのさびしい晩年には違いあるまい。

今日はZ会もやり年賀状も作り
恒例のへこみん氏との忘年会もやり
充実した休日であった。

Posted at 00時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年07月31日(月)

炎天 [受験数学]

画像(160x120)・拡大画像(480x360)

人間力だってさ

今日の一句
今日もがんばれ炎天の犬 浮浪雀

今日は数検の説明会。
客寄せに中教審の審議官である
偉い大学の先生のお話。
指導要領がまた変わる。
10年ごとに替えて
教科書参考書を新しくして
一儲けしようと企んでいる
出版社の方々のための制度である。

今度は「人間力」だってさ。
この前は「生きる力」だった。
こういう言葉が一番必要なのは
教員採用試験を受験する時だけである。
老人力がはやったので
なんでも力をつければいい、
その程度の発想だろう。
私はさっそく老人力を発揮して
最前列で睡眠学習に突入。

数学の話ならもう少し定義してもらいたい。
人間力=性格×容姿×財産
その力は距離の2乗に反比例
引力と斥力がある。
なんだかブライダルサークルの
宣伝みたいだ。

実は同じ場所で日本数学教育学会が行われた。
時間をずらして数検の説明会を開催するあたり
なかなかの企画力である。
参加者は日本全国から集まった。
数検の問題や資料はたくさんいただいた。
ついでに伊藤園のお茶まで付いてきた。

偉い先生は次の会合があるので
退出された。
その後は数検の話になった。
間違えているのはどんなところか。
受検者の誤答の詳細な分析である。
これはなかなか面白かった。
誤答の責任はもちろん
教え方に問題があるといえる。
現場の教師相手の話題としては
まっとうな切り口である。
私はさっそく教師力を発揮して
こんどは寝なかった。

さて問題。数検2級の出題です。

次のように等間隔に並んだ25個の点から
4つ選んでできる正方形はいくつあるでしょう。

・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・

2級は高校2年程度です。
なかなかいい問題だと思います。


Posted at 05時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年07月30日(日)

月下美人 [受験数学]

画像(160x120)・拡大画像(480x360)

秋山仁先生

今日の一句
えらそうにサボテンじゃないか月下美人  浮浪雀

昨日今日と
日本数学教育学会の講習会に参加した。
東京学芸大学でやった。
大学の先生の話を聞いた。

このての学会では
参加者を募るために
有名人を講師に呼ぶ。
どこの業界でもそうだが
インチキ野郎はいるもんだ。

今回は2人有名人がいた。
一人はK塾のタレント講師
テレビにも良く出ているS先生である。
私はテレビはあまり見ないので
知らなかった。
でも新聞でうわさは見た事がある。

プレゼンがすごい。
自分で編集したMACから出力される映像は
ほとんど万博のパビリオンである。
音響もそれらしく完成度は高い。
すべてプログラムされていて
講演というよりは映像ショーである。
ただ肝心の数学的内容は
ほんのサワリだけで
表面をかすっただけの寂しいものだった。
私だけがそうおもっているのではない。
講演が終わってみな会場を出る。
聞くともなしに感想を話し合っている声が聞こえる。
「アンケートに、先生ご自分の見解はどこにあるんですか、
と書いちゃったよ」
「そうよね。音はすごかったけど」
みると30代の数学教師らしきお二人だった。
見る人は見ているのだ。

これまたTVで有名な秋山仁先生。
ヒゲとバンダナの数学者である。
これはホンモノだった。
主張は2つ。

数学が現代生活に役立っている事を
もっとPRしないといけない。
それが生徒のモチベーションを高める。
自作のポスターを10枚ほど展示して説明。
インターネット暗号理論は素数論から来る、とか
腎臓結石の治療には楕円体の曲面が使われている。
GPSは球面立体の理論の応用、
サッカーのコートがハニカム(六角形)になったのは
シュートの見せ場が長くなるからだ、などと
数学的裏付けのあるトリビアを披露してくれた。

もうひとつは、
正四面体の任意の展開図は
2次元しきつめ図形になる。
からはじまり、どのような立体の任意の展開図が
2次元充填図形になるかの証明。
その論文をアメリカの学会誌に投稿。
レフリーから高い評価を得た。
実際にその場で実演してくれた。
エッシャーはもちろんこの理論を
知らずに応用していたことになる。

この先にあるものは
四次元空間の立体の展開図(展開体)は
空間充填立体になるはず、という話。
任意の空間充填立体というのは難しい問題である。
ワクワクする。
そういう学問の最前線の話題を
生徒とともに挑戦するような授業が
できたらいい。

そんな主張だった。

早稲田大学の先生は
有名人ではないが、
電卓の√ だけを使って
log2、三角関数、3乗根、
次々に算出してみせた。
これもなかなか面白い講義だった。

収穫は上記2名で、
残りの2名は速攻で寝てしまった。
もうじじいだからこらえ性がなくなって
仕方がないのか、と思っていたが
つまらない話に体が正直に反応しているだけのことだった。

有意義な2日間だった。

Posted at 09時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.