ぱーこシティ

2021年03月27日(土)

桜餅 [日記]

画像(162x240)・拡大画像(434x640)

出待ち

今日の一句
青木屋で今こそ食べる柏餅 浮浪雀

5時45分頃起きる。
さよなら私
の続きを見る。初めのほうが圧倒的に面白く、だんだん尻窄みに面白くなくなっていく。同じ回想シーンを何度も使うので、興ざめ。永坂博美と石田ゆり子の演技合戦は当然永坂博美に軍配があがる。しかしその母親がリリィではじめ誰だかわからない。よく見てもリリィの面影を見つけるのに苦労するが、言われればそうだという感じもする。演技がうまいとはいえないが存在感があるともいえない、がやはり独特の印象を残す。子役がまたうますぎる。うまいと言うより育ちの良さが全面に出てくる子役だ。妻と愛人が親友どうしという男の夢を臆面もなく描いて勝手なもんだ。韓流だとこういう竜頭蛇尾な進行はありえない。もうひと展開もふた展開も起きるし、伏線も用意周到に張ってある。その上で役者の演技が生きる。邦画のほうがずっと情緒連綿としていて淡白。

サルトル、まなざしの戦い。見る見られるの関係。サルトルはエリート学校を主席で出るほど成績がよく、それ故サルトルの言説は社会の指導者層に通じる言葉であって、そのことの制度的な意味をサルトル自身知っていなかったわけはないと思われる。その自己規定がまなざしの存在論を書かせたのだろう。

朝食は食べずに、お犬様業務。しっこうんちごはん。ギル男は飛び上がって興奮していた。40分一回り。お膝抱っこぺろぺろちゅっちゅ。りり子はもうアラフォーのおばさんなので貫禄がついてきた。

犬ミルクがないので吉祥寺西友。その後でヨドバシカメラに行って、タッチパネルのwindowsパソコンを見る。マイクロソフトのsurfaceなど15万円ほどする。店員が来てあれこれ言うので、タッチパネルだけでタブレットにならないのはどれがいいか?と聞くとHPといって、商売にならないと思ったのか、去っていった。

帰宅後、朝食を12時過ぎに食べ、1時からプリンセスの卒園式なので、zoomを入れて待っていたら、2時からだった。カメラは4台用意して、そのうち一つはiPadの移動式で、控室の様子を写していた。式は35分、記念撮影などを入れて全部で1時間5分ほどだった。パソコンの画面をiphone動画で撮った。撮っているつもりがスイッチが押されていないところもあった。

それから、さよなら私、の最終回を見て夕方のお犬様散歩。
今日が満開。明日の雨で花は流れていくだろう。帰宅後お膝抱っこぺろぺろちゅっちゅ。TV流してみる。一旦母屋に戻ってフロメシ、お犬様のごはん。TVはたけしのその時カメラは回っていた?アメリカ映画の話だった。

TVではフィギュアスケートをやっている。ニュースはミャンマーのことが多かった。

Posted at 21時13分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=6379

ページのトップへ ページのトップへ

3

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.