ぱーこシティ

2021年03月29日(月)

鳥の恋 [日記]

画像(169x240)・拡大画像(452x640)

満開

今日の一句
鳥の恋つがいとなりて朽ち果てぬ 浮浪雀

4時半ころ起きる。
私の頭の中の消しゴム
あれこのひとどこかで見たことあるぞ、と思ったら愛の不時着にでていたソン・イエジンだった。★3つ。役者は良かったが話があざとい。

お犬様しっこうんちごはん。
おひざ抱っこぺろぺろちゅっちゅ

メダカが一匹死んでいた。
それを予備水槽に移すと、スネイル貝がむらがった。こいつ肉食か。

お犬様お散歩。5月の陽気で暖かい。
その後、娘一家の引越し先へ進軍。
三鷹ー神田ー品川
じいさんのラーメン屋大元でラーメン餃子。底の見えるスープに感激。
バスで薬師丸ひろ子の出身校バス停。

新居の間取りは前の住まいとほぼ同じ。ただでかい。
姫の進学先の小学校を確認に行く。
旧東海道沿いの明治7年創立。周りはお寺でお墓も多い。
そのあたりをぐるりと散歩して、撤収。

青物横丁ー品川ー渋谷ー吉祥寺
と行きとコースを変えて帰宅。
疲れて早く寝る。

Posted at 22時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年03月28日(日)

春昼 [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

春爛漫

今日の一句
春昼の坂を下って逢瀬かな 浮浪雀

4時半ころ起きる。
タッチパネルができるwindowsパソコンを探していたら、lenovoから50%引きのメールが来た。それであれこれ調べた。パスワードを忘れているので、再設定。そんな事をしているうちに40分ほど立ってしまった。クリックする勢いがない。絶対必要ってわけじゃない。chorombookという選択肢もある。ここはしばらく様子見だな。

サルトル、最終回。アンガージュマン。大江健三郎が引用した、見る前に跳べ、とか思い出す。大江はほとんどサルトルだね。初期は。その後良寛さんになる。清貧。仏教だね。呪術廻戦が1シーズン最終回になった。

お犬様。うんちしっこごはん。お膝抱っこ。メダカの様子見。散歩は少し遅く行く。今日は天気が崩れて午後は風雨激しくなる、との予報だからだ。

25日に行った巡業公演のまとめ。感想コメントが35人分ある。こんなに多いのは久しぶり。、みなしっかり書いてある。それを打ち込む。なんとか終わった。それから
お犬様散歩。お膝抱っこしながら昭和の歌謡曲をyoutubeで聞く。音楽を聞く時間を持つなんてほんとに久しぶりだ。これはお犬様効果だね。

いきなりお犬様に噛まれた。予兆もなにもなかったので、謎だ。自分を守るために噛む、というのはわかるが、こちらが何もしないのに噛んできた。犬自身も驚いているみたいだった。

電話N122分。久しぶりだね。

Posted at 18時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年03月27日(土)

桜餅 [日記]

画像(162x240)・拡大画像(434x640)

出待ち

今日の一句
青木屋で今こそ食べる柏餅 浮浪雀

5時45分頃起きる。
さよなら私
の続きを見る。初めのほうが圧倒的に面白く、だんだん尻窄みに面白くなくなっていく。同じ回想シーンを何度も使うので、興ざめ。永坂博美と石田ゆり子の演技合戦は当然永坂博美に軍配があがる。しかしその母親がリリィではじめ誰だかわからない。よく見てもリリィの面影を見つけるのに苦労するが、言われればそうだという感じもする。演技がうまいとはいえないが存在感があるともいえない、がやはり独特の印象を残す。子役がまたうますぎる。うまいと言うより育ちの良さが全面に出てくる子役だ。妻と愛人が親友どうしという男の夢を臆面もなく描いて勝手なもんだ。韓流だとこういう竜頭蛇尾な進行はありえない。もうひと展開もふた展開も起きるし、伏線も用意周到に張ってある。その上で役者の演技が生きる。邦画のほうがずっと情緒連綿としていて淡白。

サルトル、まなざしの戦い。見る見られるの関係。サルトルはエリート学校を主席で出るほど成績がよく、それ故サルトルの言説は社会の指導者層に通じる言葉であって、そのことの制度的な意味をサルトル自身知っていなかったわけはないと思われる。その自己規定がまなざしの存在論を書かせたのだろう。

朝食は食べずに、お犬様業務。しっこうんちごはん。ギル男は飛び上がって興奮していた。40分一回り。お膝抱っこぺろぺろちゅっちゅ。りり子はもうアラフォーのおばさんなので貫禄がついてきた。

犬ミルクがないので吉祥寺西友。その後でヨドバシカメラに行って、タッチパネルのwindowsパソコンを見る。マイクロソフトのsurfaceなど15万円ほどする。店員が来てあれこれ言うので、タッチパネルだけでタブレットにならないのはどれがいいか?と聞くとHPといって、商売にならないと思ったのか、去っていった。

帰宅後、朝食を12時過ぎに食べ、1時からプリンセスの卒園式なので、zoomを入れて待っていたら、2時からだった。カメラは4台用意して、そのうち一つはiPadの移動式で、控室の様子を写していた。式は35分、記念撮影などを入れて全部で1時間5分ほどだった。パソコンの画面をiphone動画で撮った。撮っているつもりがスイッチが押されていないところもあった。

それから、さよなら私、の最終回を見て夕方のお犬様散歩。
今日が満開。明日の雨で花は流れていくだろう。帰宅後お膝抱っこぺろぺろちゅっちゅ。TV流してみる。一旦母屋に戻ってフロメシ、お犬様のごはん。TVはたけしのその時カメラは回っていた?アメリカ映画の話だった。

TVではフィギュアスケートをやっている。ニュースはミャンマーのことが多かった。

Posted at 21時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年03月26日(金)

水温む [日記]

画像(135x240)・拡大画像(360x640)

満開

今日の一句
水温むブラジルあたりの水スマシ 浮浪雀

7時半に起きる。
というのも3時40分ぐらいまで、さよなら私
を2つ見た。ヒロインが癌になり、その体が親友のものだというのだからややこしい。石田ゆり子の中に永坂博美が入っていて、逆も感じ。癌になるのは永坂博美の体で石田ゆり子の体に入っている永坂博美がそれを心配する。思考実験としては面白い。女子高生時代の二人も出てくるが、これが今風のJKである。5話まで見たので残り4話。

起きて、食事を9時半にして昼食はととらずに夕方まで過ごす、というのをやってみる。30分ほど早く歩いて吉祥寺まで行く。花は満開人出も満開であった。

キッズ業務書類関係。ゾンビ付添。ゾンビ送りの話は、黒神父VSエクソシスト白神父。ついに黒神父は破れて教会の裏庭の墓地に埋められる。デーモンは核がどこかで生き延びている。

今日はNPO例会だった。そしてギルリリ帝国が来るのだった。

Posted at 19時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年03月25日(木)

逃げ水 [日記]

画像(135x240)・拡大画像(360x640)

彼岸桜

今日の一句
逃げ水の武蔵野からは逃げられず 浮浪雀

4時過ぎ起きる。
さよなら私
の続きを見る。はじめの設定が面白かったが、2話3話と進むに従ってうますぎる構成に気持ちが引ける。じっとり両女優の演技合戦が見たいのだが、友情物語になだれ込みそうだし、夫が単なるコメディを成立させる道具のような扱いで視聴者の女性に忖度していると思ってしまう。全9話だから先を見ないとわからないと。でもこのうますぎる印象は「きよしこ」の重松清に抱いた印象と同じだ。

実存主義とはなにか
人間は自由という刑に処せられている。
他人とは地獄なのだ。
サルトルのこの絶望はなんだろう。それだけ求める気持ちが強すぎた、ということなんだろう。自分の主義に準じた生活は潔かった。

今日は初めての現場なので、少し早く行く。
三鷹ー新宿ー赤羽
赤羽文化会館の地下で台湾焼きそば800円量がすごく多い、paypayで2割もポイントがついた。会場にはバスで行った。
大きな体育館で入学前の説明会がある。その後で広い新しい教室で1時間15分の予定で始めたが、5分は早く終わった。また体育館に案内される。K氏その自慢の低音で指示を流していた。それから校長室にもどって振り返り。

はじめに予定のyes-noクイズも飛ばして、いきなり横の人と机を向かい合わせにして課題を始めた。皆の様子を見ているとなんのウォーミングアップも必要ないと思われた。もちろんこのyes-noクイズを私が苦手なのも影響している。これは自己紹介の変形版で、私は**です。イエスかノーかと聴衆に聞いてから答えを言う、という形の自己紹介。
意外性のある問題を作るのが面倒だし、そもそもこの形式は自分のことを聴衆が関心を持っていることが大前提だと思うので、そこにおおきな疑問がある。教室の教壇からその前提で始めたくない、という気持ちもある。そうか、自分は聴衆に関心を持ってほしくないんだ。いや関心は持ってもらいたいんだが、そこには自分が望むような距離感で、という注文がつく。そしてそういう自分の注文の持ち方は正しいのかどうなのか。
まあ、いろいろごちゃごちゃ考えてのことだが、他の人はこの課題をあっさりやった後、みなさんもやる人がいますか?と尋ねたら2人も手が上がってやってもらった、とのことだった。とても自分にはそういうことはできない。
まあそれでも言われたことを集中して聞いてくれる新入生を前に教壇の上を歩き回って口からでまかせに話をしている自分はけっこういい感じなのだった。ああ自分は本来ここでこうしているのがいい感じなのだ、とか確認している。

帰りは本蓮沼ー巣鴨ー新宿ー三鷹で帰宅。K氏は本蓮沼ー神保町ー新宿ー荻窪で流石に先輩は都営地下鉄を乗り継いでシルバーパスを使って無料で新宿までいったのだった。

フロメシ轟沈

11時ころ起きてフィギュア・スケート。

Posted at 00時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年03月24日(水)

[日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

風の散歩道

今日の一句
春おぼろ東京感染なんのその 浮浪雀

3時半ころ起きる。
もうこの4年ばかり長く眠れない。
昨日は10時半ころ寝た。1時半ころ一度目が覚めた。
これはあまりに早すぎる。そう思って寝たのだが、次が3時半だった。
しばらくあがいていたが、眠れないので起きてTVを見た。

怪しい彼女(2016)
これは韓国の映画で、韓流ドラマお得意の母親の物語である。
青春写真館で若返ったはるもにが引き起こす人情コメディ。
ドラマ同様エピローグが丁寧だった。ヒロインが小林聡美に似ていると思った。
★3.5かな。

まだ時間があるので、NHKオンデマンドで
さよなら私(2014)
永作博美と石田ゆり子の演技合戦。
何の予備知識もなく見ていたら、これは転校生と同じ設定だった。
脚本が良くできていると思った。脚本家は名前から女性かと思ったら私より10歳わかいおじさんだった。朝ドラもやっているからこれは大物である。あれこれ調べた。
全9回のドラマで1回目だけ見た。
韓国より繊細さが一枚上である。韓流は感情の表出がわかりやすい。その分下世話になる。音消して顔をみている分には違いがよくわからない。

サルトル、実存主義とは何か。
嘔吐の紹介をしていたが、モノそのものの実存に触れたというのは離人症の感覚ではないのか。それが「嘔吐」になるところがよくわからない。むしろ恍惚とする状態もありだと思われる。私の場合がそうだ。

今日は西葛西の来年度体制の会議。
新入生からchorme bookを導入して、micro softのtearmsでレポート管理をする。他にも色々使える、というが面倒が増えるだけだと思われる。そして学習の経験がツールに支配される。そうやって馴染んだ方法が変わっていき、気がつくと認知と行動様式がまったく変わってしまう。やっかいなことである。

新年度の生徒名簿が配布される。個別配慮事項が紹介される。私も以前は個人的な配慮に賛成の方だと思っていたが、最近は面倒くさいやつが増えてきた、と思うようになってしまった。基準が変わっていったのだ。そしてそれにあわせることができない。それぞれ診断名称がついているが、ようするに個別性が優先される、という思想である。名前のふりがなまで指定され、そのように発音しないと本人が不快になるというのである。それは一般的な発音ではない。私の不快感はどうしてくれるのだ。

パソコンの技術講習会を少しやり2時間ほどで撤収。帰りは花見しながら歩いて帰宅。前記の日程をカレンダーに記入しiphoneに入力した。

Posted at 18時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年03月23日(火)

[日記]

画像(240x131)・拡大画像(640x350)

2分咲き

今日の一句
花見する気分流れるこの事態 浮浪雀

5時頃起きる。
ダーウィン
種の起源より、その思想の影響を述べていく。
これだけの大物になると、その内容を細かく言うことはできない。
著者の紹介をするか、一般社会への影響を述べるか、そういう切り取り方をしないと番組にならない。

昨日はNHKスペシャルを見た。その感想をネットであれこれ見ていくのが面白い。NHKスペシャルの枠にはいりきらないだろうな、とは思う。カラー庵野側は NHKの威力を知っているから映画の宣伝になると思って話に乗ったんだろう。私もシン・エヴァはもう一度見ていいと思っている。

ダーウィンが終わって、実存主義とはなにかーサルトルに移る。
結婚作詞離婚作曲
相変わらず題名の意味がわからない。相変わらず4組の夫婦の浮気問題をだらだらやっていた。

エヴァンゲリオンTV版が1996年。その1年前がwindows95、地下鉄サリン事件、神戸大震災と立て続けに事件が起きた。これは向こうの世界の深いところで大きな地殻の変動ーシフトが起こり、それがこっちの世界に現出しているのだ。そのシフトの影響と余波はその後も続き今に至る。

それがここ数年、またシフトが発生しつつあるようなのだ。昨年からの世界的感染拡大、日本では皇族の結婚問題、破格のアメリカ大統領、などこちらの世界に向こうの世界から影響と見ておかしくない事態が現出している。私はこれらの世間一般で言われることはほとんど意に介していない。ただ一応いうことを気にしている人がいるので社交上のお付き合いで話を合わせているだけである。

しかし、最近のシフトの影響は私の個人的な範囲にもあきらかに現れてきた。あと2,3年でわたしの個人的な(精神)生活は大きな変動を迎え、その流れの先に死があるのだと思う。老骨に鞭打って慎重に事を運ばないといけない。

キッズ。年度末業務がたくさんあった。
HP更新依頼。PDF編集ソフトを持っていないので、注文を出すのに難儀する。
来年度アルバイト問題。メールを打ったり、LINEを流したりアレコレする。
来年度キッズ在籍報告書作って回覧する。
利用料明細書作成
職員勤務日調整。
事務所との連絡。3月会計処理問題。

その合間を縫ってゾンビ業務。
ゾンビ鬼、増え鬼、講堂で久々のゾンビぶん回し。
ゾンビ割り算。

ゾンビ送り
悪魔と契約する神父が開く黒ミサ。
死神カナブンは黒神父によって退治された。しかし黒神父は悪魔との契約によって新月の夜、12時から3時に黒ミサを開き生贄をささげなければならない。それが悪魔との契約だった。それを阻止しようとする白神父との間に激しい戦いが繰り広げられる。


Posted at 20時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

3

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.