ぱーこシティ

2014年12月09日(火)

高校講座古典 [雑文]

漢詩に入る。李白、詩仙というから仙人だね。
書き下し文で引用する。
峨眉山月の歌
峨眉山月 半輪の秋(がびさんげつ はんりんのあき)
影は平羌江水に入りて流る(かげはへいきゃうかうすいにいりてながる)
夜 清渓を発して三峡に向かふ(よるせいけいをはっしてさんけいにむかう)
君を思へども見えず 渝州を下る(きみをおもへどもみえず ゆしうにくだる)
七言絶句の中でも名句。韻字は「秋(しう)」「流(りう)」「州(しう)」

まあ、中国の詩ってのは、見て形が整っていて、意味の上でも対句、相句があり、聞いても韻を踏んでいるというから完成形の極致だね。高校講座なので、中国語では読んでくれなかった。地名が5つも出てくるが、これが500kmほどに及んでいるというから広い。

峨眉山の山の端に弓月がかかっている秋だよ
月の光は平羌江の水面に映って流れていくね
そんな夜に清渓を出発して三峡に向かったんだ
月をみたいなと思ったが見えないまま渝州まで下ってきたよ

現代語訳というのがナンセンスで、せいぜい読み下し文でいい感じよ。

Posted at 18時54分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=4006

ページのトップへ ページのトップへ

12

2014


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.