ぱーこシティ

2019年02月28日(木)

二月 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

6年ぶり

今日の一句
駆け足の二月晦日に雪のナシ 浮浪雀

best hit USA
小林克也は今年で78歳
大変頑張っている。
自分の中身は変わらないつもりだが
外から見れば小林克也なんだ、ということを
肝に銘じておこう。
そう思ってみる。

雨の中採点業務
予定より2時間早く終わったが、
最後の方は流石に疲れた。

それで大學眼鏡に行って
注文した眼鏡を受け取った。
中距離の見え方がちがう。
いままでの視界がブラウン管の画面だとすると
これは4K,8Kの感じがする。明るさもちがう。
せっかく老眼になってものがぼやけていたのに
これでもかとくっきりした輪郭を見せつけられる。


これは谷崎のマペットショーだ。
登場人物を谷崎が操っている。
そのはずだが、いつの間にか
人形が糸を離れてかってに踊っている。
だがその額には
まごうことなく谷崎印の刻印が。

扱っている題材は変態モノだが
その描写はまったくいやらしくなく劣情をもよおさない。
話がどんどん進む
最後のエピローグの技巧がすごい。
とうとうと流れる大河の如き圧倒的な筆力
大文豪と言われる所以である。

このカタカナ文はずっと昔読んでいるはずだが
その時は気づかなかった。
よく
若いときに読んだ名作を
年をとってから読むとまた違った味わいがある
などという。
内容に対する感想や若いときとは違った見方をしている、
という意味に使われるが、
文体に対してそう思うとは想定外だった。
いや、驚いた。

帰りに渋谷TOPに寄る。
渋谷の街はずいぶんと変わったが
相変わらずのところに行くとなんだか落ち着く。

もう二月が終わってしまう。

Posted at 23時37分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.pahko.jp/tb.php?ID=5614

ページのトップへ ページのトップへ

2

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.