ぱーこシティ

2018年02月25日(日)

白梅 [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

川津桜

今日の一句
白梅がくもり空なるおぼろかな 浮浪雀

シナリオ、リバーズ・エッジを読む。
ここから映画を思い起こすのは難しい。
セリフは確かに記憶にあるが、ト書きから画面を思い起こすことができない。
シナリオにないセリフ演出もあった。
「生きていて良かったと思うことある?」
「・・・・・・」
は現場で思いついてやったのだろう。
量的にもシナリオは20分ほどで読み終わるが
映画は6倍くらいの時間がかかっている。

韓国ーフィンランドの試合

数学図形問題

昼寝少々

西荻方面13509歩

閉会式電飾過剰

Posted at 21時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月24日(土)

鳥雲に [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

講義ホール

今日の一句
鳥雲に澁谷の空は工事中 浮浪雀

新入生保護者会
恒例の仕事だが
これは多分今年で終わる。
引き継ぎの予定者に見てもらった。

テンション勝負せずに
淡々と進行しようと思ったが、
それで済むわけはない。
時間が余ると思ったら
怖い話を子どもたちは聞きたい。
男の子はUFOの話が好きだ。
さすがにロズウェル事件にまでは触れられなかった。

引き継ぎ予定の方は
「UFOのことしか覚えていない」
という感想だった。
それはやや問題ある感想だな。

回収した申し込み書を点検
2点ばかり確認することがある。
最後まで残って保護者の方を呼び出して確認。
とりあえず最小限の業務は終了した。

電車で明治神宮駅まで行く。
西武線から直通で行ける。
休日の春めいた陽気の原宿である。
人がどっと繰り出していた。

昼食は南青山の中華屋
孤独のグルメの井の頭になった心境で
おすすめのサービスランチ。
まずうまかった。
値段はこの量にしてはやや高い
青山値段だった。

通信教育のスクーリングと称して
通学部の授業を見学する。
会場に行ったら誰もいなかった。
早く来すぎたようだ。

会場は細長い教室で
受講生は50人ほどだった。
先生は40代?の女性で
ホワイトボードの字が書き慣れている字だった。
予備校講師の筆字体である。

通信教育の課題と同じ課題を毎週提出させ
その課題に関する講義をする、という形式だった。
だからテキストは通信の教材と同じである。
今回の課題は「迷っている人」
前回までは、講義が始まる前に回収して
終了時には返却していたらしい。
予備校でいえば毎週ある模擬試験で
採点した結果をすぐに返却する、ということと同じである。

テキストにある話を講師の先生から実感を持って聞く、
という内容なので、事柄としては目新しいことはなかった。
なので、特にノートも取らなかった。
感覚と感情は違う、とか
テーマとは単にジャンルだけでなくその価値判断を含む、とか
まあ至極妥当なことを話していたので、
天使がやってきた。悲しき天使は名曲
ラーラーラー ディイズマイフレンド
ラーラーラーラーララ

起きたたら一時間が過ぎて休憩となるところだった。
後半は、受講生の自己紹介をすることになった。
所属・名前・仕事・好きな映像作品を一つ
順番に話していく。
私はスクーリング見学の通信生なので話さなくていい、と言われた。
いちおう考えたのに。

高校生から退職社長まで、年齢層と多様な仕事を持つ受講生だと言うことがわかる。
構成作家の方もいたから、これは業界のプロである。
好きな映像作品では様々なものが上がった。
6割ぐらいは私の知っている物だったが、TVでやっているものやアニメはわからなかった。
退職して2ヶ月のおばさんが「ファーゴ」と言ったのには注目した。知的なおばさんだった。退職社長は遊んでます、といった後「マジンガーZ対暗黒代将軍」と言った。此の人が一番濃かった。大学生も何人かいた。多摩美の映像、なんてプロコースである。20代30代の女性が多いように思った。「ツインピークス」と言った人は一人もいなかった。

一回の事務室で関連書籍を売っていたので、「シナリオ作法入門」と「リバーズ・エッジ」が掲載されている「シナリオ3月号」を購入。ジェームス・三木の「片道の人生」は置いていなかったので、注文して置いた。

二時間の講義が終わって外へ出る。
相変わらずの春模様。
外のガラス窓一杯に、受講生の受賞歴や修了生が脚本を担当した映画のポスターが貼ってある。予備校の合格実績とおなじデザインである。

帰りは歩いて澁谷まで行く。
青山学院大学の前を通って坂道を下る。
この道は42年前に青学で会場だった東京都の教員採用試験が終わった後歩いた道だ。
道筋は変わらないが、あたりは殆ど変わってしまった。宮益坂の喫茶店TOPがあったあたりも工事中の壁がそそり立っていた。21世紀なんだ。もちろん昭和じゃない。平成の終わりなんだ。

道玄坂方面のTOPによって帰宅。

100歳をあと10日後に控えて、世界遺産から来た義母がかわいそうなことになっている。今日は一番かわいがっていた4男が見舞いに行った。帰りたいんだよ、と泣きながら訴えている。四男はそれでまいってしまって、部屋にいられなくなり、「ちょっと出てくるわ」と言って座を外したらしい。島にいられないからこちらに移送されてきたのだ。人生の3/4以上を島で過ごしてきた。自分で納得して施設に入所したのではないから、最後くらいそれまで過ごしたところで迎えたい。子どもとしても迎えさせてやりたい。それが無理なのだ。四男もすでに70を越している。見舞いに行っても無力感を思い知らされて帰ってくるだけなのだ。好きなみかんも食べられなくなって、、、と4男は言っていた。これが多分最後になる。というのもいったん島に帰ってしまったらすぐにはこちらに出てこれない。船便の都合もあるが、何しろ金もない。こちらで骨にして島に帰るしかない。それでもすり餌のような食事をすべて平らげ、大丈夫だよ、歩けるよ、と足を中空にさまよわせている、というからそれが救いか。
ところでの施設の隣の部屋にいる男の人が義母がいる部屋の外側にいてじっと中をうかがっている、というのだ。どうやら何か勘違いをしてるようだ。ケアする職員が「**さん、この部屋は違いますよ」とやさしく注意しているのだが聞いているだかきいていないのだがわからない。
なかなか大変な世界になっているのよ、と妻は言った。

昨日に続いて電話f10分

カーリング最終戦

Posted at 20時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月23日(金)

菜の花 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

今日の明日

今日の一句
菜の花の葉のようなやつ歩いてる 浮浪雀

amazon prime で笑うせぃるすまんを見る。
シンプルでわかりやすい構成。
80,90年代のドラマが現在の作品の裏側に降り積もっている感じ。
昔を押さえると、今のドラマの大半は同じ感じに見える。

数学問題

KIDS業務
来年度の話合い
ゾンビ野球
ゾンビサッカー
久しぶりにゾンビ掃除
定時撤収

明日は新入生保護者会なので、早く寝る。

Posted at 22時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月22日(木)

うららか [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

wowow

今日の一句
うららかや伊豆七島は花祭り 浮浪雀

真冬のような日。
録画したバイプレーヤーズ2を見る。
大杉漣の突然死
芸能界に衝撃が走った、とのことだが
私の思うことは2つ。
私より年が下だよ、この人は。
いよいよ死神の奴が玄関あたりをうろついているな。
そして、ある意味究極のピンコロリなので
悪いことばかりじゃないな、と。
お別れを言う間もなかったのは再発防止要検討だが。

The greatst showman
★4.5
実在の人物のようだが、話★3 役者★5 見せ方★5 歌★5
感情のこもったセリフを言う箇所にくると
静かに歌い出しそのうちどんどん盛り上がって
場所は変わるわ時間は飛ぶわ踊りははいるわ象がパオーライオンがガオー
ミュージカルはアメリカの伝統芸でした。

轟沈

Posted at 20時22分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月21日(水)

木の芽 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

ジャポン

今日の一句
冬枯れの木の芽多すぎて夏憂う 浮浪雀

ポポテピピックなるアニメ見る。
MXテレビもやってくれます。
昨年のおそ松さんといい、これといい、
ついでにバイプレーヤーズ2といい。
虚実の薄皮を軽快に走ること結構です。
大杉漣合掌

ウゴウゴルーガとかポンキッキとか
そういうノリも思い出す。

KIDS業務
年度替わりの人事問題
なんとかしのぐしかあるまい。
自分がいろいろやらなくても、世界は回る。
というかむしろ世界は良く回るんじゃないか。

講師補助
メールあれこれ
印刷物配布
ゾンビ闘い剣作り
ゾンビ送りは
宇宙人に乗っ取られた父親とジョージの闘い

帰宅後
オリンピック

電話f15min

Posted at 22時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月20日(火)

初雲雀 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

駅前

今日の一句
初雲雀雲突き抜けてエマーソン 浮浪雀

4年前のぱーこシティを読み返す。
あの頃の方が記載が充実している。
四年前は65歳で一年契約の正社員雇用が終了して、
非常勤に移ったときである。

映画やドラマは一体何か。
現実生活(多くは被雇用者としての)の鬱憤を晴らすためのものではないか。
現在のように、非常勤ゾンビ勤務が大きなストレスにならないので、ドラマや映画も見る気がしない。
鬱憤晴らしでなければ、自己確認だと思うのだ。
いずれにせよ、自己充足している人には不必要なものと思われる。

ところでいろいろ仕事をしてきたが
結局の所、自己有能感と自己有益感を確認したいためのもので
それ以上のものではない、と思える。

KIDS業務
印刷物
諸連絡
ゾンビサッカー
ゾンビ送り

定時撤収

Posted at 21時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月19日(月)

水草生ふ [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

5分でおわた

今日の一句
窓際の水槽明るく水草生ふ 浮浪雀

今日の仕事は確定申告
e-Taxはあきらめて、申請書を印刷してもっていく。
8:30から受け付けている。

自転車で行く。
8時29分についた。
まだ開場していないので、入り口の前から列が出来ている。
税務署でパソコンを使って作成する列とすでに作成している申請書を出す列と2つある。
私はもちろん作成済みを提出する列である。20人ほどが並んでいる。私の様な中高年のおじさんが多い。出社前に寄ったという感じの人もいる。申し合わせたように申請書一式を入れたクリアファイルを取り出して手に持っている。私が列の一番最後につくと受付が始まり列が動き出した。
所内に入るとそこが仮設の受付になっていた。担当職員が5人ほど横に並んでいて、そこで一人一人から受け取っている。
私の順番はすぐに来た。係員は書類をぱらぱら見ると控えに受け取り印を押して、納付書はお持ちですか、と言う。私が納入額を記入した納付書を見せると、金額を確認して営業スマイルを見せた。現場の担当者はおおむね親切である。
所用5分で終わる。

帰りがけに郵便局によって学会の振込と追加納税(今年は5万円弱)を納入して今日の仕事は終わる。 

数学図形問題を2題ほど片付けて、目黒雅叙園に行く。
百段雛祭りという企画である。
雅叙園はあちこちぎんぎらですごかった。
一階のトイレなどすごすぎる。

目黒から歩いて広尾。18781歩

帰宅後カーリング女子を見た。

Posted at 10時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.