ぱーこシティ

2019年07月05日(金)

花南瓜(はなかぼちゃ) [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

500円!

今日の一句
花南瓜みなみのくにのお姫様 浮浪雀

4時起きる。
昨日10時に寝たからだ。

ワンパンマン
少し話がまとまってきた。

ソファで2度寝。
こんどは寝すぎてまた遅刻になりそう。

西葛西
ざっくり片付けて
六本木。

毎回うまくいくか心配だが
今回も好調。
受ける受けないより
やることをたんたんとやって行くの心境。
いいね、枯れて候。

六本木の井の頭は飲み屋のランチメニュー
今回も地下鉄からでたらすぐにあった2階の店。
誰もいないと思ったら、中はリーマンでごった返していた。
これで500年は安い。A定食。おしんこが秀逸。
みそしる、ごはん、お代わり自由である。
もちろん夜の客を当て込んでの営業。
こういう営業ならばもっとやってくれ。

帰りは東中野で乗り換えついでに街場の中華屋。
定食は野菜炒め。この地元の庶民で満員だった。
綾瀬の安楽も街場の中華屋で野菜炒めがうまいが
ここも結構でありました。おばちゃんもよし。

疲れ果てて、巡業公演の振り返り打ち込みも半分やっただけで轟沈

Posted at 00時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月04日(木)

梅雨きのこ [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

綾瀬

今日の一句
さあ勝負雨後の筍梅雨きのこ 浮浪雀

7時20分ころ起きる。
これも遅刻に近い。
そのうえ総武線が遅れた。
三鷹ー中野に20以上かかった。
これはまずいと中野で降りて中央線で新宿
山手線に乗り換えると
山手線はすいていた。
西日暮里で乗り換えて綾瀬
十分間に合った。

綾瀬業務快調

終わって寄り道して帰宅に2時間
もう少し近いといいんだけど。
通勤30分程度のところがいいな。

電気工事士筆記試験合格通知が来た。
技能試験の会場は五反田TOC
相手にとって不足はない。
覚悟しておけ。

明日は西葛西と巡業公演
ダブルヘッダーだ。
今日は早く寝ないと。

Posted at 20時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月03日(水)

芹の花 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

退勤時

今日の一句
芹の花土手駆け下りる白い犬 浮浪雀

6時半に起きる。

この天候でだら寝
DVDをさらに6枚焼くことになった。

kids業務
夏休み職員配置
ここも人手不足で苦労する。
ゾンビ地獄ブランコ
ゾンビ増え鬼
ゾンビ送り
口裂け女は不登校の女の子だったという都市伝説

DVDは CAN DOで売っていた。

寝る前に
BLACK MILLER
子供の時見たミステリー・ゾーンみたく面白い。
シーズン5はちゃんとエンタメ作品になっている。
3つとも秀作だわ。

Posted at 20時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月02日(火)

緑陰 [日記]

画像(240x169)・拡大画像(640x452)

まず一勝

今日の一句
緑陰や北品川の交差点 浮浪雀

JOJO
スタンド戦いは面白いんだが、
葛藤の作り方がご都合主義でリアリティがない
というか必然性がないので、そういうことになっている、
と自分に言い聞かせてみないといけないので、やや残念。
キング・クリムゾンの造形などいいんだが。

やすらぎの刻〜道〜
やすらぎの郷バージョンになったと思ったら
大事件と行っている割には100円shopの万引きだし
せっかくでんでんを投入したんだから、もう少しなんとかならなかったのか。
そしてネタバレの地震警報で過去にもどるのか。

小笠原高校の開校十周年記念誌を読み返す
それより昨年のぱーこシティの方が面白いんだから
自伝シリーズはどうなるかね。
今日の0時更新で、いままでに書いてきたのはみなアップした。
このさき週一で書き下ろしをするつもりなんだが、
今ひとつ気分が乗りません。

キッズ業務
値上げ原案
規約更新

ゾンビ地獄ぶらんこ
ゾンビボール鬼
ゾンビ戦い
ゾンビ送り
逃げまくる夢の話

錦織はいけそう。

そうそう、昨日は仁義なき戦い(1973)を見たんだった。
圧倒的熱量の映画だった。文太も深作欣二も亡くなったのう。

昨年のぱーこシティを読み返す。
この日は元気だったのに、あと二ヶ月で死んでしまう、とわかって
記録を読むのは感慨深いものがある。
昨年は中学高校の同窓生が四人亡くなった。
それも会ってから半年以内に次々と。
どうもそのせいもあって
なんだか毎日にリアリティがない。
自分の幾分かは他人が担っているので
その他人が亡くなってしまうと、その分自分もいなくなるのだ。

人がなくなるとよく、空から見ているとか、心の中にすんでいるんだよ、とか
慰めの言葉があるが、実は相手がどこかにいるんじゃなくて、自分が確実に失われていく経験なんだ、きっと。それで今年はリアリティがないんだと思う。
長生きするとそういう事が増えるので、これを避けるためには新しく自分を知っている人を作って、そこに自分のいくらかを分けていくしかない。
なんてことを考えた。

別邸視聴ルームでBLACK MILLERを見る。
さすがイギリス。実証的で抜けがない。
近未来と言うか近現在と言うか
テクノロジーと人間の関係を描いているんだが、
これが手堅く面白い。
寝なくちゃと思いながらつい見てしまった。
★5もつくね。
設定といい人間ドラマといい結末の示し方といい、好みだね。

Posted at 20時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月01日(月)

薔薇 [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

カレーセット

今日の一句
薔薇も早朽ち果てたるの心持ち 浮浪雀

情熱大陸の上野千鶴子を見る。
ずいぶんと小柄な人だった。

best hit USA
サンタナがアフリカをテーマの新アルバムを出している。
リズムセクションから高音を踊り歩くサンタナサウンドは相変わらずだった。

地下鉄が大変寒い。
隣りに座った人は短パンに半袖で乳飲み子を抱えていた。
その幼児が途中から泣き始めた。
懸命にあやしていたが、寒かったのではないだろうか。
現場関係の仕事をしている人と見受けたが、
満員電車で幼児を抱いて通勤(?)するのは大変だろう。

西葛西業務は成立しなかったので教材研究に勤しんだ。
早く終わったので、門前仲町で乗り換えて新御徒町。
昭和の喫茶店があるというので井の頭をやってみた。
LPレコードで中島みゆきをかけていた。
店内昭和テイストでさらに中島みゆきの昭和の恨み節を聞くのは
なんともいえないいい気分である。この梅雨空だし。

早めに帰宅したので、電気工事士技能試験練習
26分←33分
制限時間40分のところを30分を切るまで行ったのは大進歩である。
あとは当時のコンデションとポカミスをしないかにかかっている。

Posted at 17時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月30日(日)

茄子汁 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

芸術劇場5階

今日の一句
古希すぎてますますさかんの茄子汁 浮浪雀

6時半に起きる。
あの人に会いたい
堺屋太一
団塊の世代の名付け人
あまり心惹かれない人だ。

オカルト公務員
安倍晴明が現代新宿区の公務員をしている、という設定
夏目友人帳から詩情をとるとこんな感じになるのか。
時間つぶしでした。

電気工事士技能試験問題練習
N011
金属管をジョイントボックスに取り付けるやつ
30分←41分
できたことがどんどんできなくなってくるこの頃だが
習熟すればまだまだやれると思わせてくれるこの作業は好きだ。

今日は心のアート展
池袋芸術劇場が会場。
毎年暮に八王子でやっている展示会の拡大バージョンである。
八王子で見た絵もいくつかかかっていた。
絵の前で作者がお話するというギャラリートークという企画を見る。
2時から始まって3時半ころまでやっていた。
最後に知人が紙芝居をするので、それを動画に収めてDVDに焼いて渡すことになっている。
なかなかおもしろかった。

池袋だと西口ゲートウェイパークの前にあるラーメン屋か
と思っていたらもうその店はなかった。
西口公園は工事中
もうどんどん変わっていくのでお呼びでない、こらまた失礼しました!
って感じである。

帰宅したら安物スマートウォッチが来ていた。
ちょっと近未来だね。

電気工事士技能試験練習
NO12
32分←51分
一番の大物を片付けた。
もう怖いものはない。

Posted at 20時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月29日(土)

沙羅 [日記]

画像(173x240)・拡大画像(463x640)

60周年

今日の一句
出席簿花の名にある沙羅二人 浮浪雀 

5時半に起きる。
ワンパンマン
話の運びが難しそう。

電気工事士技能試験練習
N06
30分は切っていると思う。
タイマーを押すの忘れた。

千葉大講義の原稿を少し書く
学生さんからの質問である。

今日は三郷市文化会館で
映画「夜明け前」の上映と
監督と友人の精神科医の講演がある。

武蔵野線で2時間ほどかかる。

映画はつまらなかった
何度か寝てしまう。
監督は真面目で誠実な人
ドキュメンタリーだが
精神科医療の現状を告発するプロパガンダ映画の性格もある。
呉秀三の名言
「我が国十何万の精神病者は実にこの病を受けたる不幸の外に
この国に生まれたるの不幸を重ぬるべしというべし」これが100年前
大正7年
これは昨年なくなったばあちゃんの生まれた年である。
河合隼雄の「精神病を患った人には病気の苦しみと人に理解されないという苦しみがある」
というのはこの本歌取りかもしれない。

その後で講演があって、これが大変面白く眠らなかった。
監督の妹さんがてんかん
奥さんは統合失調症で、それを知った上で結婚したが
自殺してしまった。
自分はそのことを心筋梗塞で亡くなった、などと言い繕っていたが
自分の中に差別があるのがわかった。
たんたんと言うこの告白がすごかった。

沖縄に自宅監置の家があると聞いて
ロケにいくのだが、沖縄の人の話を聞いて
ネタ探しに来た自分が恥ずかしくなり、
自分のような不順な動機ではとても撮影できない、と
そのまま帰ろうとした。
みるだけでも見ていきませんか、といわれて
その中に入ってみると
光射しこむ穴の先に、その人をそこに入れた母屋が見えた、
という話。

今は修験者の映画を撮りたいと取材している、
と語るこの監督が只者ではないと思った。

友人の精神科医の話はよくまとまっていて
わかりやすかった。
しかし、ある意味アウェーのこの場所でよく講演を引き受けたものだ。
実際、映画の後の講演会を引き受けた医師は唯一人、松沢病院の方だけだったという。


作業所を経営している地元の人が二人登壇したが
いずれも精神福祉のツワモノという印象だった。

3時には終わると思っていたら4時半ころまでやっていた。
帰宅6時半で大変疲れた。

電気工事士技能試験練習
NO7
35分
これは接続部分も多く難題のうちだが
なんとか制限時間内に終わらせることができた。

Posted at 20時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.