ぱーこシティ

2021年06月07日(月)

[日記]

画像(172x240)・拡大画像(459x640)

ワンタンメン屋

今日の一句
蛍もう半世紀ほど見ていない 浮浪雀

朝5時半に起きる。
ヴィンチェンツォ、中国語のようなイタリア語の名前。
うまく発音できない。しかもこのドラマ、見ながら寝てしまうので
話がよくわからない。主人公のイタリア名の韓国人もヒロインの女弁護士も
あまり気に入らない。ビルの住民にいろいろキャラターを揃えているが、まんがの登場人物としても今ひとつである。

ところが悪役がお決まりの財閥の正妻の長男と愛人の次男でこの次男が極悪非道な悪で長男を顎で使っている黒幕である。こいつのせいで俄然面白くなっている。

ガンジーが終わった後は宮沢賢治。
生きている時は出版した本は1冊だけで、その設けは5円、今の価値では4,500円.
賢治の感性は共感覚と捉えられている。
一つの感覚刺激から複数の感覚が生じる現象である。
音が見える。見たものの匂いがわかる。風や光はすでにこの世のものではない。
風が吹くと異世界への扉が開く。

今日はon line授業。
基本、on timeでやる。今日は手書きはやめてワープロソフトを立ち上げて、まとめを打ち込んだ。教科書や参考図録をうつしながら、その場の思いつきを喚いていく。相手とやり取りはしない。出席のときだけである。それで午前中3時間。

午後昼寝の後、宮沢賢治を見ながらエリプティカル運動。
映画に行こうと思ったが、机を片付けているうちに返事を書く必要のあるメールなどに対応しているうちに時間となった。

三鷹駅みどりの窓口でSUICA定期券再発行。簡単に終わる。
昨日、うまくいかなかったappleの買取サイトもすぐに繋がって、木曜日の午前中にきてもらうことにする。

Posted at 20時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月06日(日)

梅雨入り(ついり) [日記]

画像(240x148)・拡大画像(640x396)

世代交代

今日の一句
梅雨入りの空にiPad pro 浮浪雀

6時半に起きる。
昨日は夜中の3時半ころ寝たので
3時間寝たことになる。

今日は西葛西対面授業。
7時20分頃家を出る。
8時50分頃ついた。

4時間、対面で喚いて例によって丸亀の釜玉にカボチャ天ぷら500円
帰宅後iPad proがきてるので 早速充電。
今使っているiPadからデータを移行しようとしたら、
パソコンに繋がるコードがない。USBCとUSB4でパソコンはUSBAだから無理。
以前のipad air2は2014年の発売だから7年ぶりの更新。
iphoneは(+から12miniなので、2017から2021で4年ぶり。

最近はそばにiphoneやiPadを置いておくとbluetoothでつながるというからやってみたが、進まない。iCloudにあげておけばwifiから落とせるはずだからとやってみたがだめ。iCloudの容量が5Gしかない。パソコンにデータは入っているから、仕方ない。

JREカードのVIEW SUICAカードが見つからない。電話して停止処理と再発行処理を頼む。20分ほどやった。あしたみどりの窓口に行って、SUICAを発行してもらい、1週間から10日後に来るJREカードにデータを移行する処理をすれば終わる。

バスに乗って地元吉祥寺ヨドバシまで行く。
USB3.1ーUSBCの接続コードをかって、ついでにUSBC−3.5mmジャック受けの接続コードも購入。これはイアホンをつなぐ。無線のイアホンも考えたが、高いからやめる。

さっそくつないでごそごそやったらデータ移行完成。
次に今使っているのを下請けに出すべく、探すを外して工場出荷時に戻す。
業者が受け取りにくるというので、そこにアクセスするが不具合が起きました、というので書いてある電話番号に電話すると、自動応答がいろいろ応えた挙げ句に、専門の相談員を呼びますか?と聞くので呼ぶにする。これを3度ほどやってやっとつながったと思ったら、営業時間外です、だと。なら早く言えよ!

明日電話すればこの件は片付くな。

Posted at 21時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月05日(土)

溝浚う(どぶさらう) [日記]

画像(240x197)・拡大画像(640x526)

柿6年

今日の一句
溝浚うついでに餌のイトミミズ 浮浪雀

朝8時前に起きる。
昨日は休みの前日ということで油断して
ヴァレンチオを見ながらうたた寝をしていたら
4時半に鳴ったのでそこで布団に入って寝た。

話はわからないし睡眠不足でいいことはない。
ガンジーの無抵抗主義
いいように弾圧される体の痛みより
弾圧する者の心の痛みが大きくなった時
変化が起きる。

次々と投獄されるがやがて刑務所がいっぱいになり
為政者が困り果てて、人権を確保した。
インドでも無抵抗でデモを続ける人民に
イギリスはついに屈服して植民地解放となる。
インド独立に際して、イスラム教徒とヒンズー教徒が反目して
話がまとまらない。ガンジーはハンガーストライキに入り
日々やせ衰えていくガンジーを見てついに両派が折れた。

しかしヒンズー教徒の若き原理主義者にガンジーは射殺される。
イスラム教徒はパキスタンとして独立した。

中国の王朝物を見る。言葉がきつくてきれいな韓国語って感じ。
明欄なる美人の少女時代、彼女は側室の子供なので、正妻との間に確執がある。
美人聡明、それがいじめられる、という筋立てで私に受けるはずなんだが、
中国物は綺麗すぎてきつい感じがある。家柄と名誉を重んじる建前と肉親の情の葛藤が韓国モノほど迫ってこない。大陸はちょっと違うということか。

西葛西の採点業務が結構残っていた。ネットに上げるのが手間である。ペン入力のできるiPadがまだ来ない。先へ先へと業務を進めて行くと、あとから訂正が入る。それでやり直すとミスを生じてまことに不満足である。ほうっておいて、言われてからやればお穴じことを繰り返さなくてもいいし、間違いも少ないのにあれこれ頭をめぐらして結果は不十分で徒労の人生である。ずっとそんなんことをしてきたような気がする。

Posted at 20時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月04日(金)

麦畑 [日記]

画像(163x240)・拡大画像(437x640)

四字熟語

今日の一句
麦畑ドリフの歌には長さんね 浮浪雀

5時過ぎに起きる。
起きた感じから振り返ると昨日はやはりだるくて物事をやる気が起きなかった。
ワクチンの副反応だろう。

mine クレイジーX と韓流ドラマが放映まちになっているので、
ベスト10に入っているヴィンチェンツォというマフイアの弁護士をしている韓国人
が韓国に戻ってくるクライムコメディを見る。主人公が悪を懲らしめる悪玉遠いう設定でよくある話だが、随分と予算をかけているのだろう、画面が派手。

つでに花より男子を見る。ずいぶんすかすかのアニメで顔アップでつないでいく絵柄とか日本のアニメ。女子高生の主人公とイケメン男子とのあれこれ。韓流になれると日本人の女子は穏やかで優しい。飛びけりかましてもやはり迫力が違う。ヤー!とかわめいたりしないし。

キッズ業務。今日は児童自宅学習で中高は忠庵テストなので、講堂でボール鬼、ドッチボールのび〜るシリーズだった。後半は木製の電車ごっこ。対面ボールゲームが壊れているので治そうとしたが、中がどうつながっているのかわからない。バネが外れて入る場所がわからない。

ゾンビ送り
結局天井の上の生物はムカデスプレーをかけたらおとなしくなったので兄弟は寝ることになる。同じ夢に中に屋敷の裏手にある墓地の中でミイラが何かを訴えている。
翌朝起きると二人で裏手のお墓を掘り起こしミイラの遺体から金の鍵を発見する。この鍵は台所の地下にある部屋の扉の鍵だった。開けるとなかには金銀財宝がザックザク。しかしこれで住むほど話は甘くない。たいてい財宝を守るなにか(thing)がいるはずだ。

帰宅後ヴィンチェンツオの続きを見るが寝てしまった。iphoneのうらにシルバーパスを貼り付ける。

Posted at 00時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月03日(木)

色鯉 [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

今日まで

今日の一句
色鯉や飼いならすのはちと苦労 浮浪雀 

4時半ころ起きる。
mine
韓流財閥もの。財閥モノは頭領争いに後継者問題
財産相続に使用人との愛人問題。義理と人情が交錯する。
今回の話は、生みの親が家庭教師で育ての親の家に入る、というややこしい話。
人間関係も複雑でわかりにくいが、美人女優が怒鳴り散らしてやり合うのが迫力がある。うまい子役もちゃんと出てくるし。狂言回しにシスターが出てくる。なかなか良くできている。アカデミー賞を、もらったパラサイトと同じテーマである。

これとこの地域のクレイジーXというラブコメ。
こちらはもう少し気楽。

中原中也が終わって今度はガンディ。
ガンジーの無抵抗主義とか知らないんだが、伊集院と同じ知識だった。

植民地解放のアジテーター。宗教と政治の融合。
塩の道、という運動形態。デモ行進ですね。

若い時はロンドン留学。欲望に弱い男。
南アフリカの人種差別にあって覚醒
社会運動家となる。

刑務所から弟子に当てた書簡集からの引用となる。

モデルナの反応は接種した部位の筋肉痛。
だるさのしこりがうずくまっている印象。
気分は悪くないが、なんとなくやる気がしない。
外出しなかった。

科学と人間生活。シラバス作った。

NPOの決算公告をあげなくては行けない。
昨年確かやった気がするが忘れている。
サイトにアクセスしてログイン、ページの書換えまではできるが、
PDFファイルをアップロード、リンク先の指定ができない。
少しあがいたが諦めた。プロに依頼した。


Posted at 21時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月02日(水)

どくだみ [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

皇居方面

今日の一句
をちこちにやたらと目立つどくだみの花 浮浪雀

6時に起きる。
今日も朝のニュース。
久しぶりに対面授業。

2時間分、喚き散らして出勤した時でないとできないことをやる。
13時半過ぎに終わって、丸亀で釜玉。例によって揚げ玉刻みネギ生姜ごまを思う存分山盛りかけて完食。

先生今日はワクチンですね。と念を押される。はいと答えると、「昨日打った人にあったら真っ青な顔をして苦しんでいた。打った次の日とその次2日は仕事にならないと覚悟しないといけないみたいです」と大変脅かすのである。

竹橋14時についた。予約は15時。どこかで待たされるのか、と思ったが集まったじじばばと同数ぐらいいる係員の指示に従うと、どんどんと中に入れられる。三鷹市から送られてきたクーポン券、身分証明、問診票の3点セットを握りしめ、まずは額の検温、手指アルコール消毒、書類の審査。ここで身分証明を出す。すると青いファイルに書類を入れられて、青い人はこちらと初めのプレハブから外へを出て

別棟のエレベーターに乗る。7階で降りると、まず医者の問診。それも番号の振ってある間仕切りで個室にしたところに女医さんがいた。型通りの質問の後、その部屋をでて、注射の部屋に入る。ここもコンパートメント方式。5人ずつ椅子に座って、空いたところに案内される。こんども女医さんだった。手だらりと下げて、と言われるままにしていると、チクッとさしてもう終わり。まったく痛みがない。この人がうまいのか、こういうものなのか。これで注射は終わり。

この部屋を出て、廊下に出ると、先にいたじじが係員に「いやあぐさっとやられて結構痛かった。油断してなめていた」と痛い割には上機嫌で愚痴を言っている。寂しい老人が大声で同意を求めている。はしたないやつだ。わたしも寂しい老人になって「全然痛くなかった。やった人がうまかったんだな」と大声でいうと、そのじじは振り返って嫌な顔をした。私が「人によって違うんでしょ」というとじじは次の部屋にそそくさと入っていった。

最終確認で持ってきた問診票とクーポン券は回収。これを忘れないで、と今度は透明なファイルに書類を入れて渡してくれた。次の部屋は1ヶ月後の予約の部屋。予約は7月2日の土曜日から9日の金曜日までの一週間で希望をいう。私は同じ曜日の同じ時間にする。仕事の後に来るつもり。これも難なく希望通り取れる。

次の部屋で注射してから15分待つ。注射した医師が書いてくれた時間が14:49。5分ほど待つと時間になったので、その紙を渡して廊下を歩くと、降りたエレベーターホールに出る。下から上がってきた人と入れ替わりに下りエレバーターに乗り込んで、1階へ。これから打つ人とすれ違いで外へ出る。

所要時間1時間弱。大変スムーズに進行した印象。係員がかっちりしていて、しかも丁寧な対応でいい印象をもった。自衛隊の中でも優秀な人を集めたんだろう。なかにはつけまつげばさばさのマスク美人もいたから、これはどこか役所の事務員だろう。15時に予約したのだが、実際は14時から16時の人、と大変アバウトな設定、動線も良く考えられていて、感心した。

来た道をもどって東西線で帰ってもいいのだが、東京駅まで戻るシャトルバスに乗る。鳩バスと宣伝していたが、普通の路線バスだった。おなじようにじじばばの夫婦が乗り込んできて、どこかでなにか食べよう、と観光気分。こちらも東京駅の八重洲口まで行って、まったく久しぶりにみはじのあんみつを食べた。

帰宅後韓流ドラマを2つ見た。痛みも特になく今のところは順調。

Posted at 20時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月01日(火)

浴衣 [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

梅雨入り前

今日の一句
浴衣着て花火見に行く別世界 浮浪雀

朝6時過ぎ起きる。
今日はニュースをダラ見。
半分寝ていた。

キッズ業務
変更の書類書いて、間違えにくい書式を観上げていたら
担当者が前の書式に慣れているので少しの工夫でよい、よのことだった。
直接担当する人がやりやすいほうが結局ものごとはうまく進む。

思い返してみると、こういうことばかりが多かった気がする。
中学生の時から*君は考えすぎている、と言われた。
誰も私が気に病んでいることなどどうでも良いことのようだった。
だから自分の困難を口にしても仕方ないので付き合ってきたが
そろそろかってにやらせてくれ。

今日は一緒に遊ぶというより、様子を見ていた。
それからゾンビ送り
兄弟と不気味な洋館
壁にびっしり1万匹の黄金虫は雷に打たれて全滅。
しかしまだ天井上にものを引きずる音がしている。

明日の問診票を書く。
かかりつけの医者が許可しましたか、という質問がある。
かかりつけの医者に聞いていないので、答えようがない。
この前インフルエンザの時、許可をもらっていないので、そう書いたら注射できない、と言われた。そこで仕方なく、許可をもらったに丸をつける。

適当に答えていいのなら何のためにやっているのかわからない。
私のように疑問を持つ人はいないのか。
相変わらずこの項目が残っている。



Posted at 23時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

6

2021


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.