ぱーこシティ

2021年01月22日(金)

マフラー [日記]

画像(240x157)・拡大画像(640x420)

zoom会議

今日の一句
今年寒いのにマフラーしない 浮浪雀

4時に起きた。
この前録画したヒッチコックを見ようとして
パソコンを付けてfacebookを見たら
なんだか最近短時間の動画がアップされている。
外国版ドッキリカメラだんだけど、字で書いてある事柄をそのまま画で節目したような画面。いくらなんでもそれは無理だろ、だけどやりたいことはわかる。というギャグを見せてくれる。中国やアメリカも随分とシロート。そのうちアジア人の手品師がオカルト女みたいなのが出てきて、色々やった。志村けんの動画まで出てきた。
そんなのを見て2時間ぐらい経ってしまった。youtubeも時間潰れに最適。

KIDS業務
来年度配布物プリントアウト。
ゾンビ鬼
ゾンビ送り。

フロメシで今日はzoom会議
明日は早くに品川までゴミ捨てに行く。

Posted at 22時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年01月21日(木)

雪の門 [日記]

画像(197x240)・拡大画像(527x640)

からほり川

今日の一句
初恋や押せど開かぬ雪の門 浮浪雀

5自前起きた。
youtube を見る。
ゲーム実況中継しながら女子が話している。
番組制作はプロだな。
本人も芸能事務所にはいっている模様。

それからじゃるじゃる、ミチコチャンネル、
など見て小一時間過ぎた。

少しだら寝して、KIDS業務
書類書き。速さ問題
ゾンビ増え変わり鬼
ゾンビ送り
人食いアメーバー細胞と人間の細胞の混合

A氏より必要なものの注文

Posted at 20時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年01月20日(水)

旅はじめ [日記]

画像(240x135)・拡大画像(640x360)

迷宮馬込橋

今日の一句
旅はじめ大森日本赤十字 浮浪雀

8時出勤通勤1時間半
今日は3コマでも空き時間もお相手して
13時半ころ終わったので、A氏関連で
病院へ行く。

西葛西ー大手町ー東京ー大森ー大森赤十字病院
鍵をゲットして、大田文化の森ー馬込橋ー戸越
今日も台所・冷蔵庫関係のゴミ処理。
なんとかやっつけて、1800戸越ー馬込ー30分ほど迷ってー
馬込橋ー大森赤十字病院1918ー大田文化の森ー大森1930-
カレーライス日の屋ー東京ー三鷹ー自宅2130
これで土曜日の燃えるゴミの日に朝捨てればとりあえず任務終了となる。
A氏とは、LINEでなんとかメッセージのやり取りができるようになった。

品川清掃事務所でゴミの処理を聞く。
40L1袋400円ぐらいで引き取ってくれる。だたしこれは粗大ごみ同様事前の回収時間の予約が必要。めんどうなので、やめる。

Posted at 22時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年01月19日(火)

[日記]

画像(240x162)・拡大画像(640x434)

昨日

今日の一句
この暮れも捕らぬ狸の皮算用 浮浪雀

算数速さ問題をやるがすっきりとわかった、とまではいかない。
KIDS業務
諸連絡コロナ対応
追求鬼ごっこ
鬼がいろいろ条件を出して追いかける。
怖い話
マリーは宇宙人の人食いアメーバー細胞と人間の細胞のハイブリッドとなり
キメラ怪物となった。これで人類は救われるのか。

A氏の担当者から電話が来る。これでとりあえずその人に任せればいいので
一安心だ。結局私は自分が安心したいだけなのだ。ニューヨークにいるA氏の姉
からも返事。

フロメシ轟沈。

Posted at 21時29分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年01月18日(月)

湯婆(ゆたんぽ) [日記]

画像(176x240)・拡大画像(471x640)

中央線

今日の一句
温い人ブリキ湯婆今はなし 浮浪雀

6時前に起きる。
朝のTVは5チャンネル
林先生の言葉問題
天気の問題
社会問題
見ながらやるのに最適。

8時に出ると三鷹24分発の西船橋行きに乗れた。
西葛西業務
まとめの授業。復習問題をやったが、なかなか厳しいものがある人がいた。
午後1333A氏からLINE電話がある。
また病院がもとに戻った。ゴミがアパートの風呂場にあるので申し訳ないが処分してくれると助かります。
調子は悪いらしく、初めは声がよく聞き取れなかった。
手術はしたのか、なぜまた元の病院(大森日赤)に戻ったのか。
貧血の症状、といっていたが、病態については聞くことができなかった。
電話は切れた。
その後LINEでゴミ収集の日程が書いてあったが、それは中途で終わっている。
返事の書きこみをしてみたが、既読にはならなかった。

3時まで補習をして、レポートの採点をして4時ころ撤収。
随分と気温が下がっている。

A氏の件については区の行政に頼むことにした。受付はメールなので、事情を記して依頼した。その旨A氏にもLINEしておいた。そして共通の知人・友人のAに電話した。私は自分から電話するのは何年ぶりか。24分も話してしまった。私にしては珍しいことだ。こういう機会をA氏の入院事案がくれたということだ。

Posted at 18時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年01月17日(日)

寒卵 [日記]

画像(234x240)・拡大画像(626x640)

蓬莱坂付近

今日の一句
寒卵かけて飲み込むコシヒカリ 浮浪雀

昨日は結局3時近くに寝たので起きたのが遅かった。

渡す私物の中に入れる手紙を書いて印刷。
妻が私も行く!近所の池上梅園に行こう、と観光気分である。
妻の育ったところが近所なので、土地勘はある。
吉祥寺ー渋谷ー五反田ー西馬込
歩いて日赤大森病院まで行く。
丘の稜線に道路があって両側がけっこうな坂道。

病院につくと、2時間ほど前に旗の台の昭和大学病院へ緊急転院した、という。
ここでは対応できない、とのことだった。救急受付で電話番号を教えてもらって確認「こちらは大森の日赤ですが、」と職員を装って話をするとすぐに事情がわかった。
そちらの病院の救急外来に来てくれとのこと。

バスで旗の台のそばまで行って、そこから歩く。病院の救急では家族でないと緊急病棟には入れない、とのことだったが大森日赤で言われてきたんだ、というと通してくれた。とりあえず彼の荷物は渡すことができた。緊急手術の内容は教えてくれなかった。本人はもう30年以上一人暮らしで私の知っている家族(姉)はニューヨークにいる。そこに連絡してよいかどうかもわからない。一般的に家族関係が円満なところだけではない。家族というだけで特別扱いするのはそろそろやめたらどうか。看護師さんも面会の決まりが書いてあるチラシを持ってきたが困っていた。

もちろんコロナ感染防止なのだが、この扱いも現状にあっていないところがある。今は面会は基本できない。「入退院時の付添」「手術前後の病状説明」「主治医が必要と判断した時」には家族1名だけが面会できる。スマホは禁止。手紙や葉書は渡してもらえない。なので、本人と連絡をつけることができない。

荷物を渡して病院の外でてしばらくすると職員が追いかけてきた。A氏が私宛に手紙を渡したいと言っている、というので戻る。

しばらく待たされて看護師が私あてのA氏のメモ書きを持ってきた。「退院したら今まで通り交友してほしい。(もしも万一の時)自分の骨は八王子の***霊園へ埋めてほしい。自分の私物は持って行ってよい。命はあきらめない。」とのことで、だいぶ覚悟しているようなのだ。ご要望はすべて承った!と答えたいのだが、伝えることができない。無事手術が住んで緊急病棟を出たら、スマホが使えるので、連絡があるだろう。

旗の台から五反田ー新宿。京王デパートで釜飯。三鷹のOKで買い物。けっこう疲れて帰る。ニューヨークのA氏の姉あてにfacebookからメッセージ。現地は夜中なので後で見るだろう。フロメシのあとipadで100分de名著をつけたら寝ていた。

起きて明日の西葛西の授業予告をネットに上げて、これを書いている。 

Posted at 21時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年01月16日(土)

スキー [日記]

画像(142x240)・拡大画像(381x640)

搬送付添

今日の一句
結局スキーは学校行事のみしか 浮浪雀

昨夜も夜中に
100de名著シリーズを見た。
途中寝たりした。

星の王子様が終わったと思ったら
般若心経
262文字で仏教の真髄が書いてある。
最後の方は無のオンパレード
枠を外せ、といっておいて
枠をはずさなくていけない、という枠を外せ
とこうくる。

そのあと漱石の心
Kは失恋と友の裏切りが原因で自決したのではない。
自分の枠が壊れたためである。といったような説明。
いや描写でしょ、結局は。黒い光が人生の先の方まで照らした、とか。

朝、50年前に付き合いたいと思いつめていた女の人が出てきて
部屋で咬合していると彼女の男たちがやってきた。彼女が呼んだのだ。
友人Aも来ていた。そしてなんだか男同士で曖昧な挨拶をして、、、
といった夢を見た。
その人のことを細かく思い出した。

今年も年賀状をくれた。
私より一つ年上だった。

ドラクエが新しいイベントになった。
それを少しやって、別邸へ行って椅子の足ガードを付けた。

以前より約束していた筆者A氏文芸事務所映像試聴会に行く。
A氏地元の駅で降りて海鮮丼屋で人気一番の丼もの600円
それから事務所(と言っても木造アパート2階の6畳だが)へ行って
さっそくプログラムの開始となる。

昨年暮れの那須川天心の試合
青春高校3年C組「君は犯人じゃない」の第1回
波瑠と清原果耶の検死モノドラマ。
なかなか筋が良くできていた。
キムタクの教場を少し見て
時間がなくなりトリは
眠狂四郎円月殺法、という
すばらしいラインナップ。

味付き卵の付きだしと富良野ビール。
と満足して18時過ぎに事務所の外階段を降りて撤収。

急な鉄製の外階段を私が先に降り、後ろからA氏が降りてきた。
この階段は90度左に曲がって狭いアプローチを突き当り
今度は右にU字型に曲がって道路に出る。
道路はかなりの勾配の坂道である。

あーッツ、と声がしたので後ろを振り返ると、A氏が下から2段めの階段を踏み外し
突き当りの低い塀に足を取られて落ちた。地面は3mほど下である。そこをA氏の体が宙を舞い一回転半ひねりして仰向けに落ちた。それは映画のスロモーションのような動きだった。私はすぐに戻って下を見下ろすとA氏は電柱と壁の間に体を横たえて頭を坂道の勾配を下にして落ちたー、と言っていた。

すぐさま坂を駆け下りてA氏の傍に行っ見ると、痛くて体が動かせない。痛い痛い、と叫んでいた。頭の下に私のバックを枕にして、とんだ眼鏡とハンチングを探し、とりあえずA氏の手を握り、動かさないほうがいい、という。A氏は体を動かそうとするが仰向けに寝転がり足を折り曲げて痛みを訴えている。幸い頭から出欠はなく、意識はしっかりしているのは痛みを訴えていることからわかる。私のバックを枕にしてA氏の頭の下にはさんだ。

少し様子を見たが事態が改善される見込みがないので、救急車を呼ぶことにする。
1823現場の住所を告げて、救急車を待つ
1845頃救急車到着。救急救命士は男性3名
痛みを訴えるA氏をなだめながらストレッチャーにA氏を仰向けに固定して
1900現場を出発した。
電話で搬送先の病院を探している。整形外科が基本だが、頭を打っているし、その他の既往症も心配なので大きな大学病院を探している、といった。結局大森赤十字病院に搬送することになる。
1925ころ病院着。処置室に入る。付添の人はそとで待っているように言われる。
休日なので、入り口は救急しかない。
先に夫婦らしい中年の二人。車椅子の年配のご婦人に付きそのその娘さん(といってもおばさん)、その二人に付き添っている。若い男性と上司らしい年配の男性。どうもこの若い男性が運転した車に年配のご婦人が接触したようなのだ。そしてもう一組。A氏はその後になる。受付には救急のトリアージについての掲示がある。

結局2時間ほどなすすべもなく救急の入口付近のベンチで待っていた。

2130処置室でA氏と話。腰と右足の付け根の骨が折れているらしい。二ヶ月ほど入院が必要。もう文芸事務所にしばらく帰れない。駅まで見送りに出たままで、室内には暖房器具がつけっぱなし。携帯も持ってきていない。A氏は一人暮らしなので、まずは部屋を整理してこなければならない。

外は昼間とうって変わって冷たい風が吹きつのっていた。病院そばのバス停から
2147荏原町行きに乗る。バスの中で病院から連絡。お薬手帳を持ってきてほしい。
2214荏原町
2223中延
2230戸越のなか卯で親子丼take out490円

A氏文芸事務所で、温風ヒーター切断。電気コンセントに入っているコードをすべて引き抜く。お薬手帳が見当たらないので、そこいらに散乱している薬をすべてビニー袋に入れる。
携帯・タブレットを革のバッグに入れる。中に財布カードケース手帳など。台所の流しにあふれている汚れ物を洗う。冷蔵庫に至るコンセントだけ残してあとはすべてOFFにする。風呂場、流しのガス代と温水器、ガスの元栓と水道の栓を締める。電気を消すとぽつんと赤い光が点灯している。パソコンがバッテリーでついていた。マウスを探しシャットダウン。これで明かりがついているところはない。

台所の生ゴミをビニール袋にいれて撤収。
戸越から都営浅草線で五反田。
2337五反田
2358新宿
2414三鷹
タクシーで帰宅。

なかなか大変な一日だった。

Posted at 01時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

1

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.