ぱーこシティ

2019年01月12日(土)

[日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

初雪の日

今日の一句
モノクロの橇を走らす馬二頭 浮浪雀

夜中に斉木楠雄を見たせいで
遅く起きる。

シルバー業務でコミセン広報誌配布。
今回はリュックを前に担いで歩きで配布。
まあ順調に進む。

昨日失敗したスキャンUSB
今回は成功。
巡業公演まとめをしこしこやる。
することは分かっているので、
時間をかければいい。
スキャンした画像をwordに貼って
手書きで写したコメントを入力。
恒例の支持率表示の円グラフも楽勝。
最後の感想だけを残して完成。

時間ができたので、
斉木楠雄の最終回見て
こんまり。
こんまりの日本語バージョンは
英語の会話に翻訳をかぶせるインタビューでよく見かけるタイプ。
そこで英語版で字幕日本語にしてみた。
「ときめき」って日本語でやっていると思ったら
spark joy
なんだって。よろこびはじける、って「ときめき」と語感違うと思うけど。
翻訳の飯田まりえさんという人がついていっている。
近藤麻理恵さんは英会話完璧で翻訳必要ないと思われる。
きっと女ひとりで他人の家入っていくといいろいろこわいんじゃないか。
また。わざわざ翻訳を入れることによって
カリスマ感を演出できる。

第1シーズン最終回は女性同士のカップルで結婚式をしている。
獣医師とキャビンアテンダント。
部屋の問題はどこでも一緒。
厨房に女二人の問題がクリアーされるのだろうか。

uplink吉祥寺に
under the silver lake
を見に行く。
ゾンビタロットのTAZN師
ご推薦の映画である。
当日売で買えるだろうと
高をくくっていたら
売り切れだった。

なめてすまんかった。
歩いて帰る。

Posted at 18時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月11日(金)

鏡開き [日記]

画像(184x240)・拡大画像(493x640)

この前作ったばかりなのに

今日の一句
鏡開きの給食わかめごはん

昨日のまとめのため
コンビニで資料をスキャンでUSB
1枚10円かと思ったら30円になっていた。
それでお金が足りずにもう一度戻って出直した。
そしたら今度はUSBに入っていなかった。
自分が間違えたか、機械がおかしいのか。
自信を持って機械がおかしい!と言えないところが
やるせないところである。
また明日チャレンジだな。

明日配るコミセン広報誌を取りに行く。

相当寒い。
これで節分までの3週間ほどが1年で一番寒い。

来年度の案内文など作る。
寒いのでゾンビごっこはなし。

ゾンビ送り
話は
ゴジラ(1954)
ゴジラの逆襲
ラドン
地球防衛軍
モスラ
宇宙大戦争
など東宝の
特撮科学映画シリーズとなった。

Posted at 21時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月10日(木)

暖炉 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

この冬一番の寒さ

今日の一句
暖炉でくつろぐ江戸川乱歩 浮浪雀

斉木楠雄を夜中に見た

今日の公演のネタ準備
昼前に出て大戸屋
外国人が何人もいた

昨年の暮れに来た西八王子
今日はエンカウンター
3度めなので困難もなく終了
行き帰りとも寒い日だった。

帰宅後まとめを途中までやって轟沈

Posted at 00時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月09日(水)

風呂吹 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

兵隊さん

今日の一句
風呂吹をふーふー吹いてこのうまさ 浮浪雀

夜中に斉木楠雄
起きて喪黒福造

kids業務はやいつもの流れ
諸連絡
講座補助
保護者連絡
ゾンビ増え鬼
ゾンビ坊主めくり
ゾンビ送り

寒さ本格派

轟沈

Posted at 00時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月08日(火)

独楽

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

日没

今日の一句
独楽の楽しみくるくる回す 浮浪雀

テラスハウス
メジャー野球のマエケンが登場
netflixの全世界ランキングで6位なんだって
ほんとかよ、と思う。

はたらく細胞
特別編風邪の話
喪黒福造

kids業務本格始動
案件対応
コンピュータのフィルタリング問題
ゾンビ鬼
ゾンビ戦い
ゾンビ走り
ゾンビ送り

フロメシ轟沈

Posted at 19時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月07日(月)

人日(じんじつ) [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

業務中

今日の一句
人日の業務はや店じまい 浮浪雀

斉木楠雄
セリフが早くて追いかけるのが大変
こんまり
ゲイカップリの家だった
片付けて親を呼んで見せたい。
自分は親の期待を裏切ってしまった。
自分のことを誇りに思ってもらいたい。

wowow
昨日の魔笛に続いてmozartのドン・ジョバンニ
これは喜劇なの。
女を口説いていてその親の騎士団長を殺してしまう。
村上春樹はここからとったのか。
今更ながら、、、

昨日に引き続き、体育館指導員業務
午後は中学生小学生が来ていたが
5時をすぎることには利用者はただ一人で
その人も6時すぎる頃には帰ってしまった。

家改修の話。
2月下旬の頃になる予定。

Posted at 19時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月06日(日)

羽子 [日記]

画像(174x240)・拡大画像(465x640)

お楽しみ

今日の一句
押入れのノートの箱から羽子二つ 浮浪雀

日曜の朝はNHK
この前の再放送
10年引きこもりをして22歳で大学に入り
天文学者になって天文台に努めている人の話。
望遠鏡は「なゆた」
なくなった同僚のお子さんとのエピソード
うつ病を脱した夫婦の話
アマチュアで天文をやっていくと決意する高専生
表面をさり気なくなぞっていく撮り方は悪くない。
大学名も出さないし。

ぼくらの時代
長嶋一茂 羽鳥慎一 高田純次
居直った一茂、相変わらずの高田純次、普通の羽鳥
ほどほど楽しめた。

今日は体育館指導員の仕事始め
といっても特別なことはなにもない。
お掃除のおばさんや図書館のおばさんと挨拶。
一応、今年もよろしくおねがいします、というところが新年っぽい。

仕事らしい仕事がない仕事
つまりはいるだけでいい、という理想的な業務であるが
やはり仕事なので、拘束感と義務感が生じる。
用がないからとスマホを見るわけには行かない。
何もしないで利用者の様子を見ていることが業務なので、
休み時間にはホッとする。

そもそも出かけるときには着るものを考えないといけない。
仕事の日は朝から仕事モードに入っている。
決まった時間に支度をして外へ出かけなくてはならない。
そういう構えに気持ちと体が自然となっている。
それだけでずいぶんと違う。

昨年は仕事中に、目で解く幾何シリーズを3冊やった。
大変面白かった。
暗算をするみたいに、幾何の問題を見て紙に書くことなく解く。
それを、見て解く、と表現している。
1年(4月からなので9ヶ月ほどだが)かけて3冊ほどなので、
ずいぶんとゆっくりだ。

問題を覚えてしまえば、あとは頭の中であれこれするだけなので、
業務に影響しない。

次は中学入試問題をやる。
10年ほど前は、定年を迎えたら東大の入試問題を全問解く、とか思っていたが
いざその年になってみると、定年は実態がなくなり生涯現役の仕事漬けで
とてもその気はなくなった。やり方は半分ほどわかるが抽象的な代数計算をごりごり押していく気がしない。

これは物事をやろうという前定が変わってきたので致し方ない。
具体的な数値(数字)をあれこれ書き記し、頭の中で暗算して答えを出す方が面白い。
それで中学入試と高校入試の整数問題、図形問題の本をamazonで購入。

中学入試と言っても馬鹿にはできない。
大学の入試問題として十分使える。
高校生で解けない人はいくらでもいる。
今の日本は小学校の段階でもう階級が違う差別構造ができている。
だからこのじいさんがやっても十分楽しめる。

今年は喪中に付き年賀状を出さなかった。
来た賀状は以下の通り

営業 7通
友人知人 3通
元生徒 5通

計 15通
営業抜いてこれぐらいだといい。

今年はネットや新聞で年賀状をやめるという話題が多い。
もう10年前から毎年そのことを考えていたが、
今年になってもうとことんやる、と決めた。
迷っていた方針が180度変わった。
それは多分親戚知人が亡くなったからだと思う。

Posted at 18時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.