ぱーこシティ

2019年01月19日(土)

白菜 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

14番目の月

今日の一句
白菜で巻いてお醤油白菜ごはん 浮浪雀

JOJO
ミスタやられたのか
best hit USA
カーペンターズ
LPがnonnoのレコード評で1位だった。
今野雄二とかそんな人が書いていたのではなかったか

そう思って今野雄二をぐぐってみたら
2010年に自殺していた。
そうか、今は21世紀なのね。

で、1970前後
私は寝たきりの母親の薬をもらいに月に一度ほど
滝野川の産婦人科真柴医院に通っていた。
帰りに喫茶店カトレアでコーヒーを飲んで
雑誌を見るのだった。
nonnnoはその喫茶店にあった。

レコードは秋葉原のイシマル電気で買った。レコードジャケットは
見開きLP3枚分に真っ赤の車な写真が載った派手なものである。
now and then というタイトルだった。

best hit USA
には兄のリチャード・カーペンターが出演していた。
1946年生まれだから、例のニヤニヤ笑いのK氏とか私の兄と同じ年齢である。
妹のカレン・アン・カーペンターは1950.3.2生まれ。摂食異常の33歳で亡くなっている。いかにも善良なアメリカの好青年の代表みたいな兄妹と思っていたが、この死因にはショックを受けた。

小林克也(77)はそのリチャードにインタビューをしていた。
最近の小林克也は感動的だ。自分の老齢を隠すことなく、
アメリカ英語で少々つまりながら番組を進行して行く。

カーペンターズの歌とは真逆の黒歴史な生活を送っていた私が
カーペンターズを聞いてこんな世界があるんだーと複雑な気持ちを抱いていた。
自分を絶対化してこの世界を全否定するのは年を取りすぎていた。
かといって世の中にはいいこともあるんだと思うには若すぎた。

You're too old to lose it, too young to choose it
And the clock waits so patiently on your song

boiweのrock'n'roll suisideの歌詞みたいだ。

といったことを思いながらbest hit USAを見た。

今日のサワコの朝はヤマザキマリ(マンガ家)で
めちゃくちゃ面白かった。

市報と教育委員会報を配布業務。
風もなく良い日和だった。

帰宅後昼寝。あるいて買い物に行った。
TVはずっとwowowでテニスの中継がついていた。


Posted at 00時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月18日(金)

海鼠 [日記]

画像(166x240)・拡大画像(445x640)

まだある

今日の一句
生きても死んでも海鼠は海鼠 浮浪雀

色づく世界の明日から
というアニメを見た。
美少女ファンタジー
誰が見ているんだろう
こういう世界を

ずっとほうってあったY校の巡業公演まとめを仕上げて手紙にした。

キッズ業務
キッズバトミントン
キッズ送り
諸連絡あれこれ
結局月曜日キッズ業務やることになる。

研究所会議
またたらふく食べてしまった。
やたら寒い

Posted at 22時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月17日(木)

雪の朝 [日記]

画像(240x236)・拡大画像(640x630)

2900円

今日の一句
雪の朝妙に明るい部屋の隅 浮浪雀

昨日は夜中にTVをつけたら
wowowのママだった。
X JAPANの映画をやっていた。
なかなかうまく撮れている映画だった。

その後でテラスハウス
喪黒福造を見て寝たので
起きたのが1時間遅れだった。

休みなので、やっておきたかったことを片付けた。
クラシックTVを契約したらタカラトミーのミニカーみたいなキャラクターセットがあたった。サンダーバードである。持っていてもしょうがないので売ることを考えた。
結構出回っているらしく、300円、700円といったところが相場らしい。ただネットで調べるとNO1〜NO7まで揃っているとセット価格で7000円位になるという記事を見つけた。

そこで中野のまんだらけに売りに行った。初めてこういうものを売るのである。買い取りレジは3階にあり、ジャンルごとに専門の店員がいるようだった。受付の女子店員は白人系の外国人で片言の日本語で接客してくれた。いろいろな、ものが持ち込まれていた。私も持っているAKIRAの大型本とかファミコンカセットとか。

担当の職員はバラ売りの値段を示して、これでいいですか、と聞いた。なんだかオタク度を確かめられているように感じた。あれこれいいつのるもの面倒なので、それでいいです、と言ってお金を受け取った。

ファミコンカセットの中にミロンの大冒険=迷宮組曲があった。お懐かしや。娘がこれにハマって延々とやりまくっているを後ろから延々と見ていて、疲れて一休みしたので画面を民放に変えるとアナウンサーが喪服を着ていた。どこへまわしても特別番組だった。昭和天皇が亡くなったのだった。つまりこのカセットは30年前のもの。

まんだらけ内部をあれこれ見て、高円寺まで歩いた。
三鷹でQB床屋に行った。それから吉祥寺に戻ってUPLINKでネットの設定とパスワードを直してもらった。ついでにこの前見損なったunder the silverlakeを1枚買った。

始まるまで時間があるので、ジュンク堂で第二種電気工事士標準問題解答集を購入。筆記試験は6月、実技は7月である。筆記はなんとかなると思うが実技が結構大変。制限時間内に手早く確実に処理できるどうかが問題。

アンダーザシルバーレーク
★3つ。ハリウッドがゼルダの伝説のマップだった、というのが受けた。

明日は案件処理があって気が重い。

Posted at 22時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月16日(水)

[日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

雨降らず

今日の一句
この冬は雨雪降らず日が暮れる 浮浪雀

北風が冷たい。
自転車のサドルを少し下げる。
信号待ちのときに爪先立って不安定になる。
サドルを下げるとつま先は地面につくが、
漕ぐときに負荷がかかる。
筋肉は負荷をかけると成長する。
一挙両得ではないか。
駅の階段を一つ越しでかけ登れるように準備して置かなけれなならない。
今の所大丈夫だ。

ゾンビ業務
来年度の日程を作る作業に入る。
今年の4月から作っていく。
2月まで来るとうるう年になっている。
2020年ということだ。
ずいぶん先だと思っていたが、4月からの年度だと
もう2020年に突入するんだ。

ゾンビ増え鬼
ゾンビ泥警
ゾンビ怖い話
今日は鬼婆と鬼爺
鬼婆はマンションの空き室に住んでいる。
子供を誘って浴槽に沈めるのが仕事。
鬼爺は空き家に住んでいる。
子供を家に入れようとするが、
断られるとすごい勢いで追いかけてくる。

案件1件
ボスに相談して対応しないと。
もう1件ある。
これは話し合いだね。

Posted at 20時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月15日(火)

女正月 [日記]

画像(240x147)・拡大画像(640x393)

図形問題

今日の一句
毎日が女正月アマゾネス 浮浪雀

夜中にブラック・ミラーを見たら
昨年の今頃見たやつだった。
どこかで見たことがある、と思っていたが
結末は忘れていた。

facebookに載っていた図形問題を考えた。
投稿すると出題者が付き合ってくれた。

キッズ業務
ゾンビ増え鬼
ゾンビ泥警
ゾンビ送り

帰宅後図形問題やった。

Posted at 20時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月14日(月)

寒暮 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

日本橋

今日の一句
校庭に寒暮忍びしゾンビ鬼 浮浪雀

昨夜はnetflixでブラック・ミラー
のバンダスナッチを見た。
私に99%合うというお誘いである。

インタラクテイブムービーで、選択肢を選んで映画が進む。
その方式自体を映画のネタにしてある。
そのメタ視線は面白いが、そうだとわかるとそれ以上の驚きはない。
懐かしのセガサターンのゲーム”街”のほうがずっと面白かった。
それは選択肢の数が限られていて、バッドエンドばかりだから。
選択肢の選び方に倫理観(物事の良し悪し)をいれてあるかと思ったら
そうでもなかった。
話★3、役者★3、撮り方★4で総合評価★3かな。
上映時間が決まらないので、映画というよりゲームだろこれ。
そしてゲームとしてはそれほど面白くなかった。

そんなわけで少し起きるのが遅くなった。
数学図形問題をやって、神田から日本橋七福神めぐりをした。
すべて神社で日本で一番短時間で全てまわれる七福神、という触れ込み。

おみくじは5回やってみた。

大吉 伸
中吉 石山の石より白し秋の風 芭蕉
吉 眠られぬ幾夜続けど望月の光明るく照り始めにけり
半吉 花の盛りの美しさをあくことなくみとれて雨にあって困るように
吉 木綿掛けて祈るやしろの榊葉にうつくしよしと蝉も鳴くなり
末吉 もえ出づる若葉の色ぞ美しき花さき実のる末も見えつつ

まあ、昨年は大吉が出て1年経ってみれば、ずいぶんと知人が亡くなった。
これからはそういう話題が多くなるが、とりあえず自分は残っているので
良しとしよう。

Posted at 17時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年01月13日(日)

冬の星 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

退勤時

今日の一句
窓開けて冬の星見る受験生 浮浪雀

JOJO
greteful dead 登場

best hit USA
QUEEN特集

今日は体育館指導員業務
行くといつも受付の机を出すところが占領された。
書き初めの受付が出ていた。おばさんが3人、偉いおばさんが2人
そこに立ってあれこれやっている。
仕方がないので、少し離れたところに受付を作って業務に入る。

この仕事はなんの連絡もなくこういう事態になる。
いい加減にやっとけばいいのだ。
体育館も電気がついていない。
これもつけておく。
11時まで利用者が誰も来なかった。

午後は一気に25人も来て満員になった。
寒いときはよくわからない。
定時撤収。

教員生活の長かった私からすると
時間どおり終わる職場というものが信じられない。
終わる時間は自分で決めていた。
相手のいない場合、仕事はいつまでもあるから、
自分で区切りのいいところでやめる。

相手というのは生徒だったり同僚だったり
かかってくる電話だったり問い合わせなくてはいけない先方だったりする。
それがいなければ区切りのいいところまでやるのだ。

勤務時間はあって無きもののごとしだ。
これはブラックというのではなく、裁量労働というらしい。
退勤時間で終わる仕事は誰でも出来る仕事で
自分が関わる程度が少ない。よって仕事はやらなければいけない義務感を埋めるだけのものとなる。
自分がいなくなっても誰かがやる。自分はいなくてもいいのだ。
裁量労働はそうではない。
自分がやらなければ誰もやらない。
自分の代わりはすぐに誰かが取り変わる訳にはいかない。
それが裁量労働。
だからやりがいがある
(今、思い返してみると、やりがいがあると思っていただけかもしれない)
でもまあ。その当時は自分がやらなければと思っていた。

5時に終わって外へ出ると、心なしか明るい。
日没がどんどん伸びているのだ。
ビルの壁がほんのり光っている。
大気の冷たさとあたりの明るさの不整合が
早春の予告編みたいに感じられる。
そんな夕暮れを歩いて帰るのはなかなか得難い快楽である。
現役のときはこういう感じは持てなかった。

Posted at 18時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.