ぱーこシティ

2019年03月06日(水)

朧月 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

やはりあった

今日の一句
朧月物干し向こうの昭和かな 浮浪雀 

四国八十八ヶ所感情巡礼
ピースボートの世界一周とか
晩年は嫁さんと旅行もしてある意味人並な暮らしができてよかった。

ネットでHTMIの映像と音響を分離できないかと探してみると
そういうコンバーターはピンからキリまでたくさんある。
安いのは千円台で高いのは一万円を超える。
外国性は粗悪品が多く、コメント欄でも使えなかったという例がある。
ネット購入は返品もろくにできないし、現物を見ないで買うので
外れだったら諦めるしかない、と覚悟して買うことになる。

今回は中国製。コメントが多く外れコメントないので購入。
送料入れて4000円程度の品物。

キッズ業務
今日は休んだ職員がいるので、その穴埋め対応。
ゾンビ増え鬼
ゾンビ氷鬼
ゾンビかくれんぼ

クレーム対応。
感情労働はつかれる。

ゾンビ送り

帰宅したら
HDMIコンバーター商品がきていた。

昨年4月に予定されていた広域通信制高校就職
1年間まったく連絡がなかったが、今日電話があった。
あした午後職場に行って話を聞いてくる。
決まるようだと、他の業務を削らなくてはならない。
人事というのはわからないものだ。

Posted at 21時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月05日(火)

影法師 [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

平成も終わる

今日の一句
古希すぎて未だ会えない影法師 不老雀

別邸リフォーム
予期していなかったことだが
雨戸を変えたので昼間から部屋が暗い
天井にセットしたプロジェクターをつけてみたら
これがとてもいい感じ。

このプロジェクターはそのままインターネットにつながっているので
youtube、netflixなど見放題。
ホームセンターで買った安物安楽椅子もあるので
自分だけの劇場気分。

改良点は音響効果
今はプロジェクターのシングルスピーカーだけを使っている。
これはやはり画面方向からのステレオにしたい。
HDMIの音響端子の出力が分離できれば可能だろう。
ちょっとやる気が出る。

リサイクルカレンダー配布。
市からのゴミ収集日のお知らせ。
いつもの市報と違って大型で重い。
新聞というより小冊子である。
普段の量の、体積・重量とも5倍はある。
冊子なので配布が楽。
ポストに入れるのでそのまま放り込めばいい。
市報のように形を整えてポストに入れなくていい。

図書館本館でかりた長吉本
四国八十八ヶ所感情巡礼
が残った。残りは返却する。

キッズ業務
入会処理。
ゾンビごっこ
ゾンビごっこというのはゾンビだけがずっと鬼になる鬼ごっこで
いわばゾンビいじめである。ゾンビ対人間の戦いはいつでもゾンビが圧倒的に不利。
ゾンビがいじめられても誰も文句を言わない。ゾンビは人間ではないので、
人間扱いされることはない。妖怪人間BEMは人間になりたいそうだが、ゾンビは元人間だったので、人間にはなれない。
ゾンビ送り

今日のCD
井伏鱒二
山椒魚(森繁久彌)
屋根の上のサワン(草野大悟)
鯉(草野大悟)
乗合自動車(草野大悟)
石地蔵・蛙(井伏鱒二)

艶笑落語ベスト
二階ぞめき(五代目 古今亭志ん生)
錦の袈裟(三代目 三遊亭金馬)
五人廻し(八代目 林家正蔵(彦六))
蛙茶番(六代目 三遊亭圓生)
短命(五代目 柳屋小さん)
艶笑小噺総まくり(三代目 三遊亭金馬)

替り目(五代目 古今亭志ん生)
船徳(八代目桂 桂 文楽)
盃の殿様(六代目 三遊亭圓生)
一眼国(八代目 林家正蔵(彦六))
狸賽(五代目 柳屋小さん)
野ざらし(三代目 春風亭柳好)

Posted at 01時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月04日(月)

すみれ [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

バルト9

今日の一句
年長のすみれ組から来たわらす 浮浪雀

長吉
人生の四苦八苦
繰り返しの講演
比較的軽めのエッセイ
作家的技量のある人だったから
私小説でなくても十分いけたと思うが。
ちゃんちゃらおかしくてやる気がしなかったんだろうな。

ロシアン・ドール
繰り返しの中から人間模様が透けて見える。
ポプテピピック
3月24日で配信中止だと。
DVD買ってもいいくらい好き。amazonで中古探すか。

採点業務
正味3時間ほどで終わる。
次回が予定としては最後だが
御茶ノ水は引っ越して綾瀬になるのだそうだ。
それはつまらないな。
御茶ノ水だから良かったのに。

下町探索も悪くないが、何しろ遠い。

それでもガッツリ疲れて、帰ろうと思ったが
新宿で途中下車して、翔んで埼玉
魔夜峰央の原作は読んだ記憶がある。
妻が少女まんが家をやってた頃だ。

★3
お話というか設定が★4つ
役者★3
撮り方★3
そこそこ面白かったけど。

睡眠負債という言葉がある。
ずっとそんな感じ。
リアリティが無くなっているのも感じられない。

Posted at 19時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月03日(日)

佐保姫 [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

朧月夜で始まった

今日の一句
いでよ佐保姫余は待ちきれぬぞ 浮浪雀

長吉
人生の四苦八苦
これには講演が多い。
毎回同じことを言っているが、
それはそれでよい。
嘘がないからだ。
車谷長吉がマイブームというやつだね。

今日は体育館指導員業務の日。
いつもどおりいくと、イベントがあり
業務は1時間半遅れて11時からだと言われる。
連絡をくれてもいいのに、と思ったが空いた時間で図書館に行けるので
それでもいいと思った。

iphoneを調べると、業務変更のメールが3件も入っていた。
なんだ自分が見ていなかっただけじゃないか。
お詫びのメールを2件
相変わらず粗忽者で申し訳ない。
恥多き人生を送ってきました。
70歳古希の誕生日はそうして始まった。

facebookの誕生日依頼メールが大嫌い
だから自分でもfacebookでは誕生日おめでとうのメールをおくったことがない。
日頃付き合いがないのに誕生日だけおめでとうとはどういうことだ!
プンプン
でも自分が心許した人からはなにか言ってほしい。
そんな人はいるのか
それは相手に伝わっているのか
相手は私が儀礼的誕生日メールを喜ばないと知っていて送ってこないのだ。
そう思いたい。
でもそれを確かかどうか。
当然なんの関心もないから誕生日メールが来ないのだ。

ああ面倒くさい。
くれば文句を言う
来ないと寂しい
付き合いきれいない。
とうことを70年もやってきたから
そろそろおしまいにするのかと思った。
そうはいかない。
馬鹿は死んでも治らない。
このままいくしかない。

メールは3件来ました。
それぞれ返事を出しました。
年賀状同様、営業メールはもう少し来ました。
速攻削除でした。

体育館指導員業務はいつもどおり楽勝
長吉の文体でいろいろ考えた。
小説の肝は嘘を付くことである、と彼は言う。
芸というものは虚と実との被膜の間にあるものなり、と井原西鶴が言っている。
新人賞応募者1200人、どう仕様もないものが9割。
文章がなっていない、小説になっていない。それがDランク。

ではなぜその虚が必要なのか。
それは真実確認と願望充足のためである。
と思う。
つまり真実の発見とありうべき現実への夢である。

真善美、これ願望の要なり
偽悪醜、これ人間本態の確認なり。

そういうことなのか。
車谷長吉は39歳にしてそのことを悟ったが
私は70歳にしてそのことを学んだと言える。

長吉が引用した遠野物語と三島由紀夫の作法説作法は
ずっと昔読んでいたが、なんのことだかわからなかった。

BBC制作のQUEENの番組を見る。
フレディは真実カリスマだった。

借りたCD
桂文楽 寝床
林家正蔵 天災
文楽の貸出CDがほとんどない、というのはどういうわけだ。
談志がやたらと多い。


Posted at 19時14分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月02日(土)

春一番 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

たとえば、自由

今日の一句
春一番今年は吹かず鳴かずかな 浮浪雀

サワコの朝
戸田恵梨香
ふだんドラマを見ないので知らない女優さん。
ボイストレーナーから女優開眼の話が面白かった。

別邸作業
食器ボード作成
アコーディオンカーテン取り付け
結構手間だったがうまく行った。

それから市報配達。
どこかでシルバー人材センターの腕章落とす。
来た道を逆に歩いて探したが見つからない。
財布をなくすよりはいいか。

民芸で鯛茶漬け定食
今日は結婚40週年なので,
葡萄亭ですきやきとか言っていたが、
結局はうどんでおさまった。

ホームセンターで別邸関連のブツを見る。
帰宅後寝る間もなく歯医者。
図書館にCDを返そうと思ったが
時間が間に合わなかった。

図書館本館で、車谷長吉
人生の四苦八苦(講演集ですかね)
四国八十八ヶ所感情巡礼
物狂ほしけれ

17491歩

久しぶりに電話
n60min
例会の相談

Posted at 20時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月01日(金)

三月 [日記]

画像(240x185)・拡大画像(640x495)

別邸リフォーム

今日の一句
三月やシルバーパスは四月から 浮浪雀

長吉
飆風
妖談
読了
これで駅前コミセンにある車谷の本は皆読んだ。
飆風
長吉が結婚して芥川賞に落ちて直木賞を取るまでの
壮絶な闘病記。
俳人ともめて私小説をやめる、とウィキペデイアにあったが本当か。
妖談
それ以降の小品だが主語を三人称にしただけで中身は同じであった。
文芸雑誌に流した感じ。最後の「悪夢」のような方向もあったと思う。
結婚して積年の宿痾の果だった直木賞を取り嫁はんと話すことが生きがいと記する晩年に
世界旅行もして人生相談もしてお疲れ様でした、というところで
冷凍イカを解凍して喉につまらせて逝去。
ミス駒場であった妻の思い出話をよんでみたいものだ。
作家の妻が書いたものはたいてい面白い。
漱石の思い出、とかくらくら日記とか。
amazonで長吉の作品を探す。名作が1円。ポチっとやろうとして
やめた。命をかけた文学をポチッとやってはもうしわけない。
本館で探してみよう。

キッズ
今日は高校の卒業式だった。
5年前65歳のときに5年経ったらクラス会をやる、と宣言したが
なんだかその気があやふやになっている。5年前の予定では、私は
キッズ業務を離れている想定だった。しかしまだ依然として続くようなのだ。
日にちはバザーの日と決めてあった。フェイスブックで情報を流せば
必要な人には届くと思う。20代後半で子どもがいる人も何人かいる。
会場関係もいろいろ面倒だが、さてどうするか。

今日は来年度の入会申込書の締切日。
データまとめて事項用紙に記入して回覧で回す。
メール、電話で確認事項。

僕の手を強く捕まえろ
こうしてやるー
なんてことをするんだー
どうだーまいったかー

ゾンビ送り

図書館
群ようこ
ぬるい生活(大活字本シリーズ)

志ん生のシリーズものは
みな借りたものだった。

Posted at 00時23分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年02月28日(木)

二月 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

6年ぶり

今日の一句
駆け足の二月晦日に雪のナシ 浮浪雀

best hit USA
小林克也は今年で78歳
大変頑張っている。
自分の中身は変わらないつもりだが
外から見れば小林克也なんだ、ということを
肝に銘じておこう。
そう思ってみる。

雨の中採点業務
予定より2時間早く終わったが、
最後の方は流石に疲れた。

それで大學眼鏡に行って
注文した眼鏡を受け取った。
中距離の見え方がちがう。
いままでの視界がブラウン管の画面だとすると
これは4K,8Kの感じがする。明るさもちがう。
せっかく老眼になってものがぼやけていたのに
これでもかとくっきりした輪郭を見せつけられる。


これは谷崎のマペットショーだ。
登場人物を谷崎が操っている。
そのはずだが、いつの間にか
人形が糸を離れてかってに踊っている。
だがその額には
まごうことなく谷崎印の刻印が。

扱っている題材は変態モノだが
その描写はまったくいやらしくなく劣情をもよおさない。
話がどんどん進む
最後のエピローグの技巧がすごい。
とうとうと流れる大河の如き圧倒的な筆力
大文豪と言われる所以である。

このカタカナ文はずっと昔読んでいるはずだが
その時は気づかなかった。
よく
若いときに読んだ名作を
年をとってから読むとまた違った味わいがある
などという。
内容に対する感想や若いときとは違った見方をしている、
という意味に使われるが、
文体に対してそう思うとは想定外だった。
いや、驚いた。

帰りに渋谷TOPに寄る。
渋谷の街はずいぶんと変わったが
相変わらずのところに行くとなんだか落ち着く。

もう二月が終わってしまう。

Posted at 23時37分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.