ぱーこシティ

2019年03月11日(月)

雲雀 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

いちおう完成かな

今日の一句
雲雀天高く地には憂愁 浮浪雀

夜中に
ジョジョの映画見て朝4時に寝た。
昼夜逆転かよこのじじい。
★3つ。スタンド勝負は面白かったが
マンガを実写化するのは難しいな。

別邸視聴覚ルーム作業をやる。
音響で発見があった。
頭上にあるプロジェクターのスピーカー(モノラル)では
音がさびしいと思い、前方画面方向から優秀モニタースピーカで
音を出すように設定。ところが、
そうするととても音がやせてもっと寂しくなった。
あれこれいじってみると、頭上のスピーカーから音を出したほうが
画面から音が聞こえるのだ。

つまり室内全体を音で満たすようにすると
画面から音が聞こえるようになる。
これは視覚優位ということだ。
音はそこら中から来ている。
画面に見えているものから
音が出ているように頭で読み替えている、ということだろう。
これは発見だった。

だから前面のスピーカをわざと外方向に向きを変え
室内全体に音が広がるようにするとますます画面から音がするように聞こえる。
昔サラウンドスピーカーとか今は5.1チャンネルとかいうのはこういう仕組みだったのだ。

せっかくの別邸システムなので、自作真空管式アンプとレコードプレイヤー再生も可能にした。スピーカーはフォステクスのフルレンジ・螺旋バスレフの自作である。
コンピューターの出力はUSB直付けのキューブスピーカー、そしてモニター用のフルレンジで、映写用音源、CD、ラジオ、MD(!)、カセット(!)が再生出来るようになっている。貧乏人のオーディオだが、私の身分ではこれで満足せざるを得ない。

別邸リフォームの次の作戦は2階畳の和室の襖貼り。
その道具を買いにホームセンター。音響関係の最後の仕上げをして
恒例の誕生日例会に行く。

諸般の事情より、一人例会となったがこれはこれで楽しめた。
早めに撤収。車内で芸能学校からのメール。明日契約となる。
古希前後で次々と現実生活の変化が怒涛のように押し寄せてきた。
これもあげまん効果を言っておこう。なかなかすさまじいことである。

Posted at 20時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月10日(日)

沈丁花 [日記]

画像(240x166)・拡大画像(640x444)

コマンド?たたかう

今日の一句
沈丁花新宿御苑薄曇り 浮浪雀

別邸改造計画
視聴環境編はほぼ完成
考えていた通りのことができた。

体育館指導員業務
これもこの3月で終わる。
けっこう好きな仕事なんだけど。

別邸の仕上げにかかる。
轟沈

Posted at 00時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月09日(土)

土筆生ふ [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

最終講義

今日の一句
土筆生ふ精神分析漫談風 浮浪雀

キャッスルロック
JJエイブラムスとスティーヴンキング
父親殺しの黒人の弁護士
30年幽閉されていたサタンの青年
なんだか思わせぶりな登場人物が次々出てくる。
話がまったくわからない。
話がわからないのは、この物語を成立させている前提が多分
私の物語に対する前提と違うからだ。

ツイン・ピークスは面白かったので、私が全くの物語音痴ではなさそう。
シルバーレイクも楽しめなかったけど。

ポプテピピック
別邸のスクリーンで見たら良かった。
画面の大きさというのは確かに重要なファクターだ。

チラシ配り
1時間ほどで終わる。

上智大学に最終講義を聞きに行く。
私はこの人をまったくしらない。
東大医学部を出て土居健郎に教育分析を受けたと言うから
この業界の大物である。でも気がつくと私より4歳年下だった。
もう偉い人が皆、年下になっていくのには相変わらず騙された気持ちがする。

上智6号館の大講堂で700人は入るホール
それがほぼ満席だった。

私は関係者席のすぐ後ろの前方左側に陣取った。
こういう分野の人はすぐ近くでその人となりを堪能しなくていけない。
話の内容など二の次だ。

入り口で資料を渡される。
これまでの経歴と主要業績と今日の講演のレジュメ。

話は枕と称して、思い出話にしたくない、という。
この一言は聞き捨てならない。
私を拾ってくれたK先生の最終講義が「思い出」という題だったのである。
もう先生は自分の仕事を恥じておられるようなのだ。
臨床(心理)の仕事は避けがたくインチキくさいものだ。
そんな身過ぎ世過ぎをしてきて、最終講義が思い出である。
しかもその内容はある男の子の箱庭の事例だった。
ケースカンファの発表をやってしまうのだ。
先生は後進に立場を譲ると言って東大を退官すると
いっさい公的なところへは出てこなかった。
教員で先生の指導を受けた人たちが無理やり引っ張り出した研究会で
どうも自分の論文・記録をすべて捨ててしまったことがわかった。

さて上智の大先生は臨床家らしくラフなスタイルで
漫談風に話し始めた。世阿弥を引き合いに出し、精神分析は
分析主体と分析家のあいだの「花」のためにあるという出だしである。

自分で自分の心はわからない、それが大前提。
それはあたりまえだろ!と私は内心突っ込んでいる。
気がつくと画面に字がいっぱい写っていって
それを先生が読み上げていた。

私は寝てしまったのだった。
もう最近は堪え性なくつまらないとすぐ寝る。
セッションと言っているからケース報告らしい。
分析主体は自分の夫に対する性愛上の不満を先生に訴えて夢の報告がある。
ユーミンが出てきて空を飛んでいるがそれがマドンナに変わってしまう。
そこで先生がそれはあなたが「窓の女(マドンナ)」だからです、と分析を入れる。
するとそれまで挑戦的な(だって高い金払って自分の夫の不満を訴えてるんだ)
彼女が不意に黙ると泣き出したというのである。
精神分析というのは無残なものだと思った。
夫との秘事を告白して泣かされた上に時間と金を絞り取られるのだ。
そうして患者は変わっていくのだが、それがどう変わっていくかはわからないのだ。
なんという文化であろう。

もちろん先生は承知の上で言っている。
患者から金をもらっているので、それ以上はほかのものはいただけません。
この話も受けるかなと思って持ってきました。
プライバシーとかあるので変えてありますが10年くらい前のものです。
これはまあ徒花ですね、といって自分いいことを言ったと受けていた。
こういう自己言及で笑いを取る当たりさすが落語を研究しているだけある。

結局教育分析で自分が受けた傷を巡る因果でこんどは患者にやるわけだ。
そうして分析家が変わったように患者も変わっていく。
でも普段はなるべく分析に持っていかないように面接をする
それがプロで、精神分析は眼鏡を使うように都合よく取り外しができない。
分析家がすることはすべて精神分析なのだ。

噺家がすることがすべて落語であるように。
寿司屋が握るものがすべて寿司であるように。
つまりは精神分析とは魂の徒弟制度によって支えられるある文化の伝承である。

はあ、そうですか。

質問の時間もなく予定通り終わった。

赤目四十八滝心中未遂
読了。
こちらのほうが断然おもしろかった。

地元駅まで返って自転車屋へ寄る。
明日までかかると言うので修理依頼はしない。
担当のにいちゃんは善人だけど使えない人だった。

電話で市報配達を3月いっぱいでやめると話す。
いいんですか、と電話の向こうで困惑していた。

次にコミセンの指導員業務も3月いっぱいでやめることを
世話役のおばさんに言いに行く。
こちらはシルバーの人に行ってください、4月の担当を探さないと、
としっかり現実的な対応で余分な詮索はなかった。
さばさばしたいいおばさんである。

帰宅後別邸整備。
CDがドッチャリ出てきたので、それを懐かしく聞いた。
ドラゴンクエスト(ファミコンバージョン)を
大画面でやった。


Posted at 19時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月08日(金)

春の風 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

季節

今日の一句
春風に遅れを取って膝笑う 浮浪雀

今日は起きないで、頑張って寝た。
それでも6時40分ころ起きる。

別邸整備
スピーカーをあれこれ繋いで確かめるのが楽しい。
リフォームついでにスクリーンの一を変えるとか
いろいろプランが出てくる。
しばらく図書館通いをしていたが、当面図書館には行かなくなりそう。

しばらくぶりに電気工事士
もう申込み期間になっていると思うが。

芸能学校
来週あたり契約する予定。
そうしたら、この1年やってきたシルバー人材センターと御茶ノ水の学校はやめる。
綾瀬に行くって言ってたし。

あれこれ事態が動いて還暦気分。

キッズ業務
入会処理。第一段階終わる。
次々と処理案件は襲ってくる。

ゾンビ送り

駐輪場の機械が故障して自転車が出せなかった。
明日配布するチラシ持ってきた。

Posted at 20時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月07日(木)

啓蟄 [日記]

画像(240x196)・拡大画像(640x524)

昭和

今日の一句
啓蟄の頃は好きですカニが嫌 浮浪雀

amazonで頼んだ長吉本が来た。
49円送料330円、
1年送料330円
古本屋で買ったほうが安いだろ。
図書館に見当たらなかったのでこういう事になった。
直木賞を取った以降のものが読みやすい。
吉本隆明の解説が力作。

いずれの方も亡くなってしまいました。

別邸机作りと部屋整理
まだまだ使えるはもういらない。
を合言葉に迷うものをどんどん捨てる。
もったいないは断捨離の敵

片付け時間切れで芸能学校へ求職活動。
なんとかなりそうなので、明日今の職場長と確認して
連絡することになった。

そうなれば、今年度、御茶ノ水、恵比寿と通った学校とはおさらば、
結構気に入っていたシルバーコミセンもやめる。
キッズと芸能学校の2本立てで行き倒れまでがんばる。

車谷長吉の文壇暴露を読んでいたら
とても私の出る幕はない。
はてなブログ移行したことであるから
自伝シリーズのデジタル・リマスターの改訂版を作って
配信すればいいか、と思った。

扁頭痛がする
昨日の感情労働のせいだと思う。
なんどかこういう事があったので
間違いないと思う。
しばらく感情系なトラブルは避けることにする。
私がやってもおたがい良いことはない。
以前は「自分すごい」と思いたいので、
無駄な口出しをしてきたが、36計逃げるにしかず。
と思うことにする。



Posted at 21時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月06日(水)

朧月 [日記]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

やはりあった

今日の一句
朧月物干し向こうの昭和かな 浮浪雀 

四国八十八ヶ所感情巡礼
ピースボートの世界一周とか
晩年は嫁さんと旅行もしてある意味人並な暮らしができてよかった。

ネットでHTMIの映像と音響を分離できないかと探してみると
そういうコンバーターはピンからキリまでたくさんある。
安いのは千円台で高いのは一万円を超える。
外国性は粗悪品が多く、コメント欄でも使えなかったという例がある。
ネット購入は返品もろくにできないし、現物を見ないで買うので
外れだったら諦めるしかない、と覚悟して買うことになる。

今回は中国製。コメントが多く外れコメントないので購入。
送料入れて4000円程度の品物。

キッズ業務
今日は休んだ職員がいるので、その穴埋め対応。
ゾンビ増え鬼
ゾンビ氷鬼
ゾンビかくれんぼ

クレーム対応。
感情労働はつかれる。

ゾンビ送り

帰宅したら
HDMIコンバーター商品がきていた。

昨年4月に予定されていた広域通信制高校就職
1年間まったく連絡がなかったが、今日電話があった。
あした午後職場に行って話を聞いてくる。
決まるようだと、他の業務を削らなくてはならない。
人事というのはわからないものだ。

Posted at 21時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年03月05日(火)

影法師 [日記]

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

平成も終わる

今日の一句
古希すぎて未だ会えない影法師 不老雀

別邸リフォーム
予期していなかったことだが
雨戸を変えたので昼間から部屋が暗い
天井にセットしたプロジェクターをつけてみたら
これがとてもいい感じ。

このプロジェクターはそのままインターネットにつながっているので
youtube、netflixなど見放題。
ホームセンターで買った安物安楽椅子もあるので
自分だけの劇場気分。

改良点は音響効果
今はプロジェクターのシングルスピーカーだけを使っている。
これはやはり画面方向からのステレオにしたい。
HDMIの音響端子の出力が分離できれば可能だろう。
ちょっとやる気が出る。

リサイクルカレンダー配布。
市からのゴミ収集日のお知らせ。
いつもの市報と違って大型で重い。
新聞というより小冊子である。
普段の量の、体積・重量とも5倍はある。
冊子なので配布が楽。
ポストに入れるのでそのまま放り込めばいい。
市報のように形を整えてポストに入れなくていい。

図書館本館でかりた長吉本
四国八十八ヶ所感情巡礼
が残った。残りは返却する。

キッズ業務
入会処理。
ゾンビごっこ
ゾンビごっこというのはゾンビだけがずっと鬼になる鬼ごっこで
いわばゾンビいじめである。ゾンビ対人間の戦いはいつでもゾンビが圧倒的に不利。
ゾンビがいじめられても誰も文句を言わない。ゾンビは人間ではないので、
人間扱いされることはない。妖怪人間BEMは人間になりたいそうだが、ゾンビは元人間だったので、人間にはなれない。
ゾンビ送り

今日のCD
井伏鱒二
山椒魚(森繁久彌)
屋根の上のサワン(草野大悟)
鯉(草野大悟)
乗合自動車(草野大悟)
石地蔵・蛙(井伏鱒二)

艶笑落語ベスト
二階ぞめき(五代目 古今亭志ん生)
錦の袈裟(三代目 三遊亭金馬)
五人廻し(八代目 林家正蔵(彦六))
蛙茶番(六代目 三遊亭圓生)
短命(五代目 柳屋小さん)
艶笑小噺総まくり(三代目 三遊亭金馬)

替り目(五代目 古今亭志ん生)
船徳(八代目桂 桂 文楽)
盃の殿様(六代目 三遊亭圓生)
一眼国(八代目 林家正蔵(彦六))
狸賽(五代目 柳屋小さん)
野ざらし(三代目 春風亭柳好)

Posted at 01時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

管理人へメッセージ

国鉄標準型時計


早起き生活
Powered by 早起き生活

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2001ーぱーこシティ All rights reserved.